映画あらすじ

映画【ワイルド・スピード ジェットブレイク】あらすじキャスト見どころ!ど派手カーアクション大作、待望の最新作!

人気アクション映画シリーズの9作目「ワイルド・スピード ジェットブレイク」が公開となります。

ヴィン・ディーゼルが引き続き主演を務め、ジャスティン・リンが監督に復帰することが決定しています。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!

映画【ワイルド・スピード ジェットブレイク】作品概要

2020 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

公開日(日本):未定(2021年)

原題:Fast & Furious 9

監督:ジャスティン・リン

脚本:ダニエル・ケイシー

制作:ヴィン・ディーゼル、クリス・モーガン

作品概要

カーアクション映画の代表作ともいえる、「ワールド・スピード」シリーズ待望の9作品目となります。

前回作のアイスブレイクから5年後の世界を描きます。

主人時ドミニクをお馴染みのヴィン・ディーゼルが演じ、ミシェル・ロドリゲスやタイリース・ギブソンなどが共演します。

予告動画

映画【ワイルド・スピード ジェットブレイク】あらすじ(ネタバレなし)

2020 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

ドミニクは、エレナとの間にできた子供である息子ブライアンを育てていた。

よき父親になるためレティと共に日々家事に勤しんでいたが、ある日何者かによってブライアンが誘拐されてしまう。

誘拐犯を追った先にで見つけたのはなんと、ドミニクの実の弟であるジェイコブであった。

更に彼を驚かせたのは、ジェイコブはなんと過去の敵であったサイファーの部下になっていたのだ。

ジェイコブは実の兄であるドミニクを超えるべく、ドミニクと仲間に攻撃をしかけてくる。

自分の家族との思いがけない再会に動揺を隠せないドミニク。

しかし、これまで大事にしてきたファミリーが危機にさらされるわけにはいかないと、実弟との戦闘に踏み切る決意をする。

映画【ワイルド・スピード ジェットブレイク】作品解説

2020 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

大人気カーアクション映画でありシリーズ累計の世界興行収入が5,000億円を超える「ワイルド・スピード」の最新作です。

第1作の公開は2001年、それから19年もの間多くのファンから親しまれてきた作品です。

この作品は高級車や名車が次々と登場し、興奮のカーレースを繰り広げるありえない迫力のカーアクションが強い人気を誇っている一方、、登場人物たちの友情や家族愛などにも重点を置いています。

前作の「ワイルドスピード・ICEBREAK」は世界63か国で530億円という興行収入を記録するなど、いつまでも人気作品であり続けことが可能な本シリーズですが、残念ながら次回作の10作目で完結する可能性が浮上しています。

主演かつ製作も携わっているヴィン・ディーゼルが、本作を「最後の3部作の2作目」であることを認めているからです。

そのため本作はファンにとっても待望でありかつ見逃せない作品として非常に注目度の高いものとなっています。

そんな本作の監督をつとめるのは、シリーズ3作目から6作目を担当したジャスティン・リンです。

彼はワイルド・スピードを人気作品とした実力者の内の1人でもあり、3作目「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」以降本数を重ねるごとに興行成績を伸ばしてシリーズの人気を不動のものとしました。

また、本作の予告編では「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」で命を落としたはずの人気キャラクター、ハンが登場したことも大きく話題となっています。

キャスト紹介

キャスト

ヴィン・ディーゼル(ドミニク・トレット)

ミシェル・ロドリゲス(レティ・オルティス)

ジョーダナ・ブリュースター(ミア・トレット)

タイリース・ギブソン(ローマン・ピアース)

解説

主人公を演じるのはお馴染みヴィン・ディーゼルです。

小学校の頃から地元の劇団に所属していたようで、大学を退学後短編映画「Multi-Facial」にて主演兼監督を務めます。

その作品がカンヌ国際映画祭に上映されたことで話題となり、あのスティーブン・スピルバーグの目に留まったことがきっかけで1998年の「プライベート・ライアン」に出演しました。

彼がブレイクしたきっかけはなんといっても本作の「ワイルド・スピード」シリーズに出演したことであり、他にも2002年の「トリプルX」や2004年「リディック」などでアクション俳優としての地位を確立します。

「ワイルド・スピード」では製作にも関わっており、名実ともに彼を代表する作品となっています。

レティを演じるのはミシェル・ロドリゲスです。

幼い頃からスターになることに憧れがあったようで、1999年からエキストラとして活躍を開始します。

2000年、「ガールファイト」のオーディションにて主演の座を射止め、主演に抜擢されスクリーンデビューを果たします。

以降本作の「ワイルド・スピード」や2001年「バイオハザード」、2009年「アバター」などの人気映画に出演するアクション女優として活躍しています。

見どころ紹介&こんな人におすすめ

2020 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

本作の見どころは、シリーズのでお馴染みでもあるど派手なカーアクションです。

また、車ファンの方にとっては本作ではどの車種が登場し、どのような走りを見せてくれるのかというところも注目ポイントとなるでしょう。

また、人気キャラクターであるハンの再登場に対して死んだはずの彼が何故生きているのかという点も議論されており、彼が何故生きているのか、どう物語に関わっていくのかも見逃せません。

また本作では本当の家族が敵として描かれており、ドミニクと「ファミリー」の絆が試される作品となっているのではないでしょうか。

上述した通り、10作目で完結のうわさがある本作品、9作目えあるこの映画は重要なターニングポイントともいえるものでファンにとっては見逃せない1本となっています。

まとめ

以上が「ワイルド・スピード ジェットブレイク」のあらすじと見どころとなります。

公開は残念ながら当初予定より延期してしまいましが、来年の楽しみとして今から公開日決定が待ち遠しいですね。

その間にシリーズを見返すのもお勧めですが、もしシリーズ初見の方は時系列が『1』→『2』→『4(MAX)』→『5(MEGA MAX)』→『6(EURO MISSION)』→『3(TOKYO DRIFT)』→『7(SKY MISSION)』→『8(ICE BREAK)』となっていますので、時系列通りに観るのがお勧めです。