映画あらすじ

映画【水曜日が消えた】あらすじキャスト見どころ!中村倫也が7人の人格を演じ分ける話題作

中村倫也主演の多重人格者をテーマにした映画「水曜日が消えた」が2020年5月15日に公開となります。

吉野耕平監督が自身初となる長編映画に挑みます。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!

映画【水曜日が消えた】作品概要

(C)2020「水曜日が消えた」製作委員会

公開日(日本):2020年5月15日

上映時間:104分

監督:吉野耕平

脚本:吉野耕平

制作:沢桂一、新井重人

主題歌:須田景凪

作品概要

監督である吉野耕平のオリジナル作品であり、人気俳優中村倫也が主演を務めるミステリードラマ映画です。

曜日ごとに人格が変わる男を主人公に、いきなり「水曜日」の人格が消えてしまった謎を追います。

キャストに石橋菜津美や元乃木坂46の深川麻衣、きたろうなどの個性派俳優が集まりました。

予告動画

映画【水曜日が消えた】あらすじ(ネタバレなし)

(C)2020「水曜日が消えた」製作委員会

幼い頃の交通事故をが原因で、ひとつの身体に曜日ごとに異なる7つの人格を持つ僕。

性格も個性も全く異なる7人は不便ではあるが生活を工夫し平穏に暮らしていた。

お互いを各曜日の名前で呼び合う彼らの中で、「火曜日」は一番地味で退屈な役回りをしていた。

家の掃除や荷物の受け取りや通院など、他の曜日に雑用と言われるような仕事を押し付けられる、損な存在として「火曜日」は存在していた。

ある日、いつも通り単調な一日を終えた「火曜日」はまた一週間後に備えてベッドに入るが、次に目を覚ました時にとある変化に気づく。

見慣れないTV番組に初めて聞く緑道の音楽・・・彼は水曜日に目覚めており、それはつまり「水曜日」が消えたことを意味していた。

はじめは水曜日を謳歌する「火曜日」であったが、その日常は徐々に驚きと恐怖に変化していく。

「火曜日」に待ち受ける運命とは?

映画【水曜日が消えた】作品解説

(C)2020「水曜日が消えた」製作委員会

この映画の監督を務める吉野耕平は本作が映画長編初監督作となっています。

もともとはCMプランナー、コピーライターとして活動しており、2011年にディレクターとして独立、2018年に映像制作チームSUSPENDERSを設立します。

そこでCMやNV、VRなどの作品を手掛け、人間ドラマからアニメーションまで幅広く制作の実績を残しました。

彼が携わった有名な作品として2016年の「君の名は。」にCGアーティストとして参加した実績があります。

2012年と2019年に「日本の映像作家100人」に選ばれるなど大きな注目を集めてきた彼の長編デビュー作ということで大きな期待が集まっている作品です。

そんな本作の主題歌は須田景凪が歌う「Alba」です。

2013年、ニコニコ動画にて「バルーン」名義でボカロPとして活動を始めたそうです。

彼の代表曲「シャルル」はセルフカバーバージョンと合わせるとYouTube での再生数7,500万回を記録しており、JOYSOUNDの2017年発売曲年間カラオケ総合ランキングで1位を記録しています。

特に若い世代に人気が高く、2017〜2019年の年代別カラオケランキング・10代部門では3年連続1位を獲得したほどです。

2017年より須田景凪名義で活躍しており、楽曲の作詞、作曲、編曲全てを自身で手掛けているそうです。

キャスト紹介

キャスト

中村倫也(僕/火曜日)…少年時代の事故の後遺症で人格が7つに分かれている

石橋菜津美(一ノ瀬)…7人の僕を全員知る元同級生

深川麻衣(瑞野)…図書館司書

中島歩(新木)…7人の僕を見守る新任医師

解説

本作の主演を務めるのは人気沸騰中の俳優中村倫也です。

芸能界入りしたのは高校1年生の時にスカウトされたことがきっかけのようで、2005年に映画「七人の弔」で俳優デビューを飾ります。

2006年に「黄昏」にて舞台初出演をはたし、以降舞台作品に出演する傍ら2009年のNHK大河ドラマ「天地人」や2011年のドラマ「勇者ヨシヒコと魔王の城」、2012年の「高校入試」などに出演します。

映画の方も2007年の「俺は、君のためにこそ死ににいく」への出演や2011年の「SPINNING KITE」で初出演を務めるなど活躍の場を増やしていきます。

2014年、芸能活動10年目に「ヒストリーボーイズ」にて舞台初出演をはたし、同作で第22回読売演劇大賞優秀男優賞を受賞します。

2018年のNHK連続テレビ小説「半分、青い。」への出演で知名度があがり、同年のYahoo!検索大賞俳優部門を受賞するほどの人気俳優となりました。

昨年、実写版アラジンで主人公アラジンの声の吹き替えを担当するともに、主題歌「ホール・ニュー・ワールド」で綺麗な歌声を披露していたことは記憶に新しいと思います。

一ノ瀬を演じるのは新人女優石橋菜津美です。

小学5年生の頃から、女優や歌手に憧れてオーディションの応募を始め、2008年のテレビ東京のオーディション番組「イツザイ」の「auケータイドラマ 歌えて演技もできる女の子オーディション」に181名の応募の中から選出されます。

同年9月より配信の映画「天国はまだ遠く」のスピンオフドラマ「わたしが死んでも世界は動く」に主演、配信が20万ダウンロードを記録し話題となります。

2009年に「メイちゃんの執事」で地上波ドラマ初出演、同年CMにも初出演を果たし、2010年には「パリジャン!」で舞台の初主演など活躍の幅を広げます。

2018年の資生堂エリクシールのCMの出演や、去年「ゾンビが来たから人生見つめ直した件」の出演などで今注目度の高い女優の1人となっています。

見どころ紹介&こんな人におすすめ

(C)2020「水曜日が消えた」製作委員会

この映画の見どころは、中村倫也が7人という人格をどう演技で表現するのかという点です

また、人格が異なるため冷蔵庫の中身やお茶の種類、部屋などを主人公の人ごとにあわせて7つ用意しているようです。

そのような細かいこだわりポイントを探しながら映画を観てみると楽しいかもしれません。

結果の想像できないこの映画をオススメしたいのはミステリー映画好きな方、また中村倫也のファンの方は様々な彼の演技が見れる本作は必見と言えるでしょう。

まとめ

以上が「水曜日が消えた」のあらすじと見どころになります。

出演者の方々もかなり面白いと絶賛しているようで、是非気になる結末を確認しに行ってみてください。

また、7つの顔を使い分けつ中村倫也の演技の新しい側面にも気づくことができる作品となっていることでしょう。

特典つきムビチケも発売中なので是非チェックしてみてください。