映画あらすじ

映画【宇宙でいちばんあかるい屋根】あらすじキャスト見どころ!若手女優、清原果耶とベテラン桃井かおりが最強のタッグを組んだ映画

野中ともその同名小説を映画化した作品、「宇宙でいちばんあかるい屋根」が2020年9月4日に公開となります。

清原果耶が映画初主演を務め、藤井道人監督がメガホンを取りました。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!

映画【宇宙でいちばんあかるい屋根】作品概要

(C)2020「宇宙でいちばんあかるい屋根」製作委員会

公開日(日本):2020年9月4日

原作:野中ともそ

監督:藤井道人

脚本:藤井道人

主題歌提供:Cocco

作品概要

作家、野中ともその同名小説を映画化したファンタジードラマです。

14歳の主人公はある日ど派手な装いの老婆「星ばあ」に会い、彼女に徐々に心を開いていく様子を描きます。

「愛唄 約束のナクヒト」の清原果耶が映画初主演を果たし、星ばあは桃井かおりが演じました。

予告動画

映画【宇宙でいちばんあかるい屋根】あらすじ(ネタバレなし)

(C)2020「宇宙でいちばんあかるい屋根」製作委員会

14才の少女・つばめは隣の大学生、亨に恋をしている普通の少女。

つばめの家族には優しく支えてくれる父と、明るく包み込んでくれる育ての母がいる。

もうすぐ両親の間には赤ちゃんが生まれることになっており、幸せそうな両親の姿をみるつばめの心はどこかチクチク痛みがしていた。

その上、学校では元カレの笹川との悪い噂が持ち上がっており、なんだか居心地の悪さを感じていた。

そんな時つばめはお気に入りの書道教室の屋上でひとり時間を過ごしている。

ところがある日、唯一の憩いの場所で寝転んでいたつばめの目に星空を舞う、ど派手な老婆が飛び込んでくる。

老婆・星ばあはキックボードを乗り回しながら「年くったらなんだってできるようになるんだー」とはしゃいでいる。

自由気ままな星ばあが最初は苦手だったつばめだが、次第に心を開き恋や家族の悩みを相談するようになる。

映画【宇宙でいちばんあかるい屋根】作品解説

(C)2020「宇宙でいちばんあかるい屋根」製作委員会

この映画の原作は野中ともその長編ファンタジー小説であり、2003年にポプラ社から書き下ろしで刊行されています。

原作者の野中ともそは1998年、「パンの鳴る海、緋の舞う空」で小説すばる新人賞を受賞しデビューしており、それ以降も多くの読者を魅了する作品を書き続けてきました。

2003年に出版された本作は2006年に文庫化するなど人気を呼んでおり、本映画の制作にあわせて2020年4月に電子書籍化、また光文社文庫より再文庫化されています。

14才の主人公、大石つばめを演じる清原果耶は2021年春NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」にてヒロインに選ばれるなど今高い注目を集めている若手女優です。

本作ではシンガーソングライターのCoccoが作詞・作曲・プロデュースを務めた新曲「今とあの頃の僕ら」を主題歌として清原果耶が歌うことが決定しており、のびやかな彼女の歌も見どころの1つと言えるでしょう。

監督を務めた藤井道人は2019年の「新聞記者」で第43回日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞している実力派です。

これまでに伊坂幸太郎原作の「オー!ファーザー」や、清原果耶も出演した「デイアンドナイト」などを手掛けたり、映像集団「BABEL LABEL」を設立するなどの活躍をしています。

キャスト紹介

キャスト

清原果耶(大石つばめ)

桃井かおり(星ばあ)

伊藤健太郎(浅倉亨)

吉岡秀隆(大石敏雄)

坂井真紀(大石麻子)

解説

主役を務めるのは若手女優清原果耶です。

2014年、「アミューズオーディションフェス2014」で3万2214人の応募者の中でグランプリを受賞し芸能界入りを果たします。

翌年からティーン雑誌「nicola」の専属モデルとして活躍し、NHK連続テレビ小説「あさが来た」で女優デビューを果たします。

2016年、ドラマ「精霊の守り人」や「毒島ゆり子のせきらら日記」「死幣 DEATH CASH」などに立て続けに出演したことで話題を呼びます。

映画界では2016年のヒット映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の出演や、2017年の「3月のライオン」前・後編で主要キャラクターの1人を演じました。

2020年には本作を含む映画5作品の公開があり、また2021年のNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」でヒロインを務めることが決まっています。

星ばあは桃井かおりが演じます。

1971年「あらかじめ失われた恋人たちよ」で映画ビューを果たし、その後1977年「幸福の黄色いハンカチ」や1979年「もう頬づえはつかない」などで高い評価を受けます。

2005年にスティーブン・スピルバーグ製作の「SAYURI」でハリウッドデビューを果たし、以降アレクサンドル・ソクーロフ監督の「太陽」など海外作品でも活躍します。

また、2007年に自身の短編小説を映画化した「無花果の顔」で長編映画監督デビューするなど女優としてだけでなく歌手、プロデューサー、デザイナー、エッセイストなど幅広い活躍を見せています。

見どころ紹介&こんな人におすすめ

(C)2020「宇宙でいちばんあかるい屋根」製作委員会

この映画は清原果耶さん演じるつばめと桃井かおりさん演じる星ばあの掛け合いが見どころとなっています。

不思議な雰囲気をもつ星ばあの存在はつばめのみならずきっと多くの人を魅了することでしょう。

また、今最も注目されている若手女優清原果耶が主演、「新聞記者」で日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した藤井道人監督に大ベテランの桃井かおりという配役の組み合わせで素敵な映画に仕上がっていること間違いありません。

原作の雰囲気が好きな方、またちょっと不思議で温かい映画が好きな方にお勧めしたい1作です。

まとめ

以上が「宇宙でいちばんあかるい屋根」のあらすじと見どころになります。

きっとどこか懐かしく感じるこの映画、大切な人と是非観に行ってみてください。

Twitterでキャンペーンも行っているみたいなので、是非チェックすることをお勧めします。