映画あらすじ

映画【罪の声】あらすじキャスト見どころ!昭和最大の未解決事件を題材としたリアリティの高いフィクション映画

塩田武士のベストセラー小説を実写映画化した「罪の声」が公開となります。

小栗旬と星野源が共演し、土井裕泰が監督を務めます。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!

映画【罪の声】作品概要

(C)2020「罪の声」製作委員会

公開日(日本):未定

原作:塩田武士

監督:土井裕泰

脚本:野木亜紀子

作品概要

「騙し絵の牙」などの映像化作品を持つ塩田武士のベストセラー小説を原作とした実写化映画です。

昭和最大の未解決事件とも言われている「グリコ・森永事件」をモデルしたフィクション作品です。

小栗旬と星野源が初共演を果たし、「いま、会いにゆきます」などの土井裕泰がメガホンを取りました。

映画【罪の声】あらすじ(ネタバレなし)

(C)2020「罪の声」製作委員会

平成も終わりを告げようとしている時代に、昭和の最大の未解決事件に奔走されている2人の男がいた。

新聞記者である阿久津英士は昭和最大の未解決事件を追う特別企画班に選ばれ、残された証拠を元に取材を行う毎日を繰り返していた。

そして30年以上も前の事件の真相を追い求める中でどうしても気になる点があることに気づく。

何故、犯人グループは脅迫テープに男児の声を吹き込んだのか。

一方京都でテーラーを営む曽根俊也は父の遺品の中にカセットテープがあるのを見つける。

何となく、そのテープが気になり再生すると聞こえてきたのは幼い頃の自分の声。

それは30年以上前に複数の企業を脅迫し日本中を震え上がらせた昭和最大の未解決事件で犯行グループが使用した脅迫テープと全く同じ声だったのだ。

そして運命に導かれるかのごとく2人は出会い、大きな決断をくだすこととなる。

映画【罪の声】作品解説

(C)2020「罪の声」製作委員会

この映画は塩田武士の小説「罪の声」を実写映画化した作品です。

原作となった小説「罪の声」は2016年に発表され、昭和最大の未解決事件グリコ・森永事件をモチーフとしています。

2016年度週刊文集ミステリーベスト10国内部門第1位にも選ばれ、また第7回山田風太郎賞も受賞しています。

題材となっている「グリコ・森永事件」とは知っている方も多いと思いますが、昭和59年3月に江崎グリコの社長が誘拐された事件を発端とする、一連の商品企業恐喝事件のことです。

「かい人21面相」を名乗る犯人グループが、青酸化合物を混入した製品を店頭にばらまくなどして企業を脅し、国民を震撼させました。

昭和60年8月に突如犯人グループにより終結宣言が出され、平成12年2月に時効が成立、警察庁指定事件で初めての未解決事件となっています。

作者である塩田は大学時代にこの事件の関連書籍を読み、脅迫電話に子どもの声が使われた事実を知り自らと同年代のその子どもの人生に関心を抱いたといいます。

その後2010年に小説家になった際にこの事件を題材に小説を書きたいと編集者に相談したところ、まだ実力が不足していると言われそこから5年待って本作の執筆を開始したそうです。

執筆に際し、1984年から1985年の新聞記事には全て目を通し、小説の中での日時、脅迫状、事件の報道などは極力史実通りに再現することに注力したといいます。

この綿密な取材と着想から、この原作はフィクションでありながらも「これが事件の真実なのではないか」という声が挙がるほどリアリティのあるものに仕上がっています。

キャスト紹介

キャスト

小栗旬(阿久津英士)

星野源(曽根俊也)

解説

新聞記者阿久津を演じるのは小栗旬です。

小学生の頃から児童劇団に所属して子役として活動を始め、1995年のNHK大河ドラマ「八代将軍 吉宗」でTVドラマに初出演します。

その後1999年の「しあわせ家族計画」で映画初出演、2002年に「羊のうた」で初主演を果たします。

2002年のTVドラマ「ごくせん」でも存在感のある演技で話題となり、2005年の「花より男子」に出演したことで人気が急上昇し、続編や映画版「花より男子ファイナル」にも出演します。

また、2010年には「シュアリー・サムデイ」で監督デビューを果たすなど、俳優以外の才能も持ち合わせています。

他主な出演作に2011年「岳 ガク」、2012年「宇宙兄弟」、2016年「信長協奏曲」などがあります。

曽我俊也役を演じるのは星野源です。

学生時代より音楽と演劇を始めたようで、2000年にインストゥルメンタルバンド「SAKEROCK」を結成します。

2003年舞台「ニンゲン御破産」に出演したことをきかっけに俳優としても活躍しはじめます。

2012年にくも膜下出血のために一時活動を休止していましたが復活し、2013年に「箱入り息子の恋」と「地獄でなぜ悪い」で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しています。

2016年の主演ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」が大ヒット、大きく知名度を上げるとともに、主題歌を担当していたことから歌手としての活動も大きく話題を呼びました。

俳優・歌手の他、ラジオパーソナリティや作家としても活躍するなどマルチな才能を持っています。

見どころ紹介&こんな人におすすめ


この映画の見どころは、昭和最大の未解決事件をフィクションでありながらもリアリティを忠実に再現した原作がどう映像化されているかというところです。

この作品の着想から完成まで15年という歳月を要した原作の恐ろしく作りこまれたストーリに絶賛の声も多い中、果たして映像化した時にどのような描かれ方をしているのでしょうか。

「いま、会いにゆきます」や「涙そうそう」の土井裕泰監督に、「逃げるは恥だが役に立つ」や「アンナチュラル」の野木亜紀子が脚本を務めるというだけあり、期待できる作品に仕上がっていることでしょう。

この映画は昭和の事件を題材としたフィクションではありますが、忘れてはいけない事件として令和の時代に生きる若い人にも是非観に行っていただきたい作品です。

まとめ

以上が「罪の声」のあらすじと見どころになります。

事件をリアルタイムで知っている人も、事件のあとに生まれた世代の方も引き込まれる内容になっていること間違いありません。

原作本も文庫化しているみたいなので、気になる方は公開前に是非手に取ってみてください。