映画あらすじ

映画【デッド・ドント・ダイ】あらすじキャスト見どころ!鬼才ジム・ジャームッシュが手掛けた独特のゾンビ映画

ビル・マーレイとアダム・ドライバーが主演を務めるゾンビコメディ映画「デッド・ドント・ダイ」が公開となります。

ジム・ジャームッシュがメガホンを取り、主演以外にもティルダ・スウィントンやクロエ・セビニー、スティーブ・ブシェーミなど豪華キャストが集結しました。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!

映画【デッド・ドント・ダイ】作品概要

(C)2019 Image Eleven Productions,Inc. All Rights Reserved. 

公開日(日本):未定

上映時間:104分

原題:The Dead Don’t Die

監督:ジム・ジャームッシュ

脚本:ジム・ジャームッシュ

制作:ジョシュア・アストラカン、カーター・ローガン

作品概要

鬼才と呼ばれる監督ジム・ジャームッシュが気心知れたスタッフと豪華キャストファミリーを集結して作成したゾンビ映画です。

とある田舎町でゾンビと闘うことになった警察官の姿を描きます。

これまでも数多く映画のテーマとなってきたゾンビ映画にジャームッシュならではのアレンジを加え唯一のゾンビ映画に仕上がっています。

予告動画

映画【デッド・ドント・ダイ】あらすじ(ネタバレなし)

(C)2019 Image Eleven Productions,Inc. All Rights Reserved. 

警察官がたった3人しか在籍していないアメリカの田舎地センターヴィル。

そんな田舎である日、女性2人の無残に内臓を食いちぎられた変死体が発見されるという前代未聞の怪事件が発生する。

驚愕の事件に困惑しながら出勤した警察署長のクリフと巡査のロニー。

2人はレイシストの農夫、森で野宿している世捨て人、雑貨店のホラーオタク成年、葬儀場のミステリアスな女主人などの奇妙な住民たちが暮らす街をパトロールし、墓地で何かが地中からはい出したような穴ぼこを発見する。

同時期、センターヴィルでは夜になっても太陽がなかなか沈まずにスマホや時計が壊れていき動物たちが失踪するという奇妙な現象が起きていた。

やがて、ロニーの不吉な予感が的中し、無数の死者たちが起き上がり地元民たちに噛みつきはじめる。

「頭を殴れ!」を合言葉に銃やナタを手にしたクリフとロニーはゾンビとの戦いに身を投じるが彼らの行く手には更に衝撃的な光景が待受けていた。

映画【デッド・ドント・ダイ】作品解説

(C)2019 Image Eleven Productions,Inc. All Rights Reserved. 

この作品は2019年にアメリカで公開されたゾンビをテーマにしたアクションコメディ作品です。

監督を務めるジム・ジャームッシュはアメリカ出身の映画監督であり、ニューヨーク大学の映画学科を卒業しています。

1980年に初監督作品である「パーマネント・バケーション」を発表し2作目の「ストレンジャー・ザン・パラダイス」でカンヌ国際映画祭のカメラドールを受賞し脚光を浴びました。

その後も1995年の「デッドマン」や2003年の、「コーヒー&シガレッツ」など監督独特のオフビートな作品を多く撮影しており、アメリカインディペンデント界を代表する映画監督とも言われています。

また、カンヌ映画祭の常連でもあり、2005年には「ブロークン・フラワーズ」でグランプリを受賞、本作品もコンペティション部門に出品されています。

今回そんな監督が挑戦したのがこれまで多くの映画で扱われてきた「ゾンビ」という題材でした。

監督曰く、スマホ画面に見入って歩く現代人が「まるでゾンビのようだ」と感じた事からこの映画のきっかけを見出したようで、ゾンビをプレデターのように異性から襲来したモンスターとはとらえていないようです。

彼はゾンビは崩壊しつつある社会秩序の内側からくるものであり、彼らは我々であると語っておりその様子を彼なりのユーモアで仕上げた作品となっています。

キャスト紹介

キャスト

ビル・マーレイ(クリフ・ロバートソン)

アダム・ドライバー(ロニー・ピーターソン)

ティルダ・スウィントン(ゼルダ・ウィンストン)

クロエ・セビニー(ミンディ・モリソン)

解説

主演を務めるのはビル・マーレイです。

高校時代から演劇を始めたようで、当初はシカゴの劇団「セカンド・シティ」に所属していました。

ラジオ番組「ナショナル・ランプーン・ラジオ・アワー」でダン・エイクロイドらと知り合ったことをきっかけに、コメディ番組「サタデーナイト・ライブ」にも出演、共演を果たします。

1979年に「ミートボール」にて本格的な映画デビューを果たし、1984年の「ゴーストバスターズ」シリーズでブレイクします。

その後も1993年「恋はデジャ・ブ」や2000年「チャーリーズ・エンジェル」、2003年の「ロスト・イン・トランスレーション」などの出演作があります。

ジム・ジャームッシュ監督の作品の常連でもあり、本作で4度目のタッグとなるようです。

ロニーを演じるのはアダム・ドライバーです。

高校時代に演劇を始めたようですが、9・11同時多発テロをきっかけに一時期は海軍に在籍した実績があるようです。

その後、ジュリアード音楽院を卒業、TVドラマや舞台で活躍します。

2011年の「J・エドガー」で長編映画デビューを果たし、2012年の人気TVドラマシリーズ「Girls ガールズ」でアメリカ国内の知名度を上げていきます。

その後有名監督の作品に複数出演、2014年に「ハングリー・ハーツ」で第71回ベネチア国際映画祭の最優秀男優賞を受賞、2015年からの「スター・ウォーズ」の3部作にてカイロ・レン役に抜てきされ世界的ブレイクを果たします。

近年では2018年の「ブラック・クランズマン」と2019年の「マリッジ・ストーリー」で2年連続のアカデミー賞ノミネートを果たしました。

見どころ紹介&こんな人におすすめ

(C)2019 Image Eleven Productions,Inc. All Rights Reserved. 

この映画の見どころはジム・ジャームッシュ監督が表現したかったゾンビ映画がどのように仕上がっているかたということです。

上述したように監督はゾンビ映画にメッセージ性を持ち、かつ他の作品のパロディを取り入れたりユーモア要素を存分に含めたりと正に唯一無二のゾンビ映画として仕上がっています。

また、ジム・ジャームッシュ監督のファミリーが集結しており、ティルダ・スウィントン、クロエ・セビニー、スティーブ・ブシェーミ、セレーナ・ゴメス、イギー・ポップなどの超豪華俳優が共演していることも話題となっています。

この映画はこれまで数多くのゾンビ映画を観てきた方はもちろん、ゆるいユーモアのゾンビ映画と仕上がっているので、どちらかというと苦手という方にも鑑賞していただきやすい作品になっていると思います。

まとめ

以上が「デッド・ドント・ダイ」のあらすじと見どころになります。

話題となっている「100日後に死ぬワニ」とコラボイラストもでているようで、日本のファンの間でも盛り上がっていることが予想されます。

公開日が来ることが待ち遠しい作品の1つとなりそうです。