映画あらすじ

映画【太陽は動かない】あらすじキャスト見どころ!限られた時間の中で繰り広げられるサスペンス映画

人気作家吉田修一のスパイアクション小説の映画化作品「太陽は動かない」が2020年5月15日に公開となります。

藤原竜也主演、竹内涼真が共演し羽住英一郎が監督を務めました。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!

映画【太陽は動かない】作品概要

(C)吉田修一/幻冬舎 (C)2020 映画「太陽は動かない」製作委員会

公開日(日本):2020年5月15日

原作:吉田修一

監督:羽住英一郎

脚本:林民夫

プロデュース:武田吉孝 大瀧亮

作品概要

「怒り」「悪人」などで知られている吉田修一原作の小説を元にした映画作品です。

心臓に爆弾が埋め込まれたエージェントの頭脳バトルを描きます。

「カイジ」などの藤原竜也を主演に、竹内涼真、ハン・ヒョジュ、佐藤浩市などの注目キャストが集まりました。

予告動画

映画【太陽は動かない】あらすじ(ネタバレなし)

(C)吉田修一/幻冬舎 (C)2020 映画「太陽は動かない」製作委員会

謎の秘密組織AN通信には24時間ごとに定期連絡しなければ爆死する、という心臓に爆弾を埋め込まれているエージェントが所属している。

精鋭エージェントである冷静沈着な鷹野とその相棒の田岡は過去最大にして最悪のミッションを課せられる。

そのミッションのキーワードは全人類の未来を決めると言われている次世代エネルギー。

その極秘情報を自国のものとするため世界各国のエージェントたちが争奪に動き出し、命懸けの頭脳戦が始まろうとしていた。

そんな中、2人の心臓の起爆装置がなんと発動してしまう。

残された時間はわずか、迫りくるカウントダウンのなか、数々の困難を乗り越えて彼らは明日の太陽を拝むことができるのだろうか。

映画【太陽は動かない】作品解説

(C)吉田修一/幻冬舎 (C)2020 映画「太陽は動かない」製作委員会

この映画は人気作家吉田修一による小説を原作としています。

彼の経歴としては、1997年に「最後の息子」で第84回文學界新人賞を受賞して小説家デビューを果たしたあと、同作で第117回芥川龍之介賞候補となり期待の新鋭作家として話題となります。

2002年に「パレード」にて第15回山本周五郎賞を受賞、同年「パーク・ライフ」で第127回芥川龍之介賞を受賞しています。

その後、2007年にそれまでの彼の作風とは異なる、殺人事件を題材とした長編作品「悪人」で第61回毎日出版文化賞と第34回大佛次郎賞を受賞、また同作は映画化と舞台化され大変話題となりました。

その後も2016年に映画化された小説「怒り」や2019年の映画「楽園」など小説のみならず人気の映像化作品を数多くもっています。

また、本作品は2020年5月24日からWOWOWの連続ドラマWにおいて「太陽は動かない -THE ECLIPSE-」が放映される予定となっており、映画を観た後も違う観点から楽しめる作品となっています。

本作の監督は羽住英一郎が務めます。

かつて大ヒット作「踊る大捜査線 THE MOVIE」で助監督を務めた経歴があり、劇場映画の監督デビュー「海猿」はその後TVドラマ化されたり、続編が3本作られるなど大人気シリーズとなりました。

その他の話題作に「映画 暗殺教室」や「劇場版MOZU」などがあり、ヒットメーカーが手掛ける本作には期待が高まっています。

キャスト紹介

キャスト

藤原竜也(鷹野一彦)

竹内涼真(田岡亮一)

ハン・ヒュジョ(AYAKO)

市原隼人(山下竜二)

佐藤浩市(風間武)

解説

この映画の主演を務めるのは藤原竜也です。

1997年に虻川幸雄演出の主役オーディションにてわずか15歳にしてグランプリを受賞したことがきっかけで芸能界入りします。

以降虻川幸雄作品や多くの舞台で座長を務め演技力を磨きます。

2000年に「仮面学園」に主演で映画デビューを果たし、同年の「バトル・ロワイアル」での演技が話題となり日本アカデミー賞主演男優賞と新人俳優賞をダブル受賞しました。

人気漫画の実写映画作品に登場することも多く、代表作に「デスノート」や「カイジ」シリーズ、「るろうに剣心」などの出演があります。

映画のみならずドラマにも多く出演しており、近年の出演作としては2014年の「ST 赤と白の捜査ファイル」や2016年の「そして、誰もいなくなった」などがあります。

藤原竜也の相方を務めるのは竹内涼真です。

2013年に女性ファッション誌「mina」の男性専属モデルオーディションでグランプリを受賞し、芸能界入りを果たします。

同年第43回東京モーターショーのサポーターファミリー「車家の人々」の次男役に選ばれ、翌年「仮面ライダードライブ」の主演に抜擢され知名度を上げます。

2015年に大ヒットしたドラマ「下町ロケット」にて後半メインキャストを務めたことから話題となり、2017年には、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」にて朝ドラに初出演しました。

2017年には日経トレンディが選ぶ「今年のヒット人」に選ばれ、ブレイク俳優ランキングでも1位を獲得しています。

見どころ紹介&こんな人におすすめ

(C)吉田修一/幻冬舎 (C)2020 映画「太陽は動かない」製作委員会

この映画の見どころは極限状態での限られた時間制限の頭脳バトルです。

心臓に爆弾が埋め込まれ時間が限られているという、手に汗握る状況は見ている観客側にも緊張感を与え、最後まで目が離せない展開が待受けていることでしょう。

また、本作のアクションシーンはハリウッドの大作映画でも数々の実績を誇るブルガリアの制作チームとともに行われたようで、ド迫力のアクションシーンも見どころポイントの1つです。

また、ハン・ヒョジュとピョン・ヨハンという韓国の人気俳優も起用しており、「パラサイト」で韓国映画が盛り上がるなか、韓国俳優の演技力を観ることができるのも見どころと言えそうです。

この作品は頭脳バトルでありながらアクションシーンもあり、更に演技力が高い俳優が集結したことで非常に見応えのある作品に仕上がっており、是非多くの映画ファンの方に観ていただきたい作品です。

まとめ

以上が「太陽は動かない」のあらすじと見どころです。

ノン・ストップバトルの緊張感をぜひ劇場に味わいに行ってみてください。

本作の秘蔵カット満載の主演の藤原竜也と竹内涼真の写真集が発売になるようなので2人のファンの方は要チェックです。