映画あらすじ

映画【ストレイ・ドッグ】あらすじキャスト見どころ!女優としてのニコール・キッドマンの新たな魅力が詰まった1作

ニコール・キッドマンが刑事役を務めたサスペンス映画「ストレイ・ドッグ」が2020年10月23日に公開となります。

「ガール・ファイト」「ジェニファーズ・ボディ」のカリン・クサマが監督を務めています。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!

映画【ストレイ・ドッグ】作品概要

(C)2018 30WEST Destroyer, LLC.

公開日(日本):2020年10月23日

上映時間:121分

原題:Destroyer

監督:カリン・クサマ

脚本:フィル・ヘイ、マット・マンフレディ

制作:フレッド・バーガー、フィル・ヘイ、マット・マンフレディ

作品概要

ニコール・キッドマンが酒浸りの中年女性刑事役に体当たりで挑んだ映画です。

過去におかした過ちに対する罪悪感にさいなまれる女性刑事が自分の過去と対峙していく様子を描きます。

ニコール・キッドマンを主演とし、セバスチャン・スタンやトビー・ケベルらが共演しています。

予告動画

映画【ストレイ・ドッグ】あらすじ(ネタバレなし)

(C)2018 30WEST Destroyer, LLC.

ロサンゼルス市警の警察官のエリン・ベル。

若い時はその美貌が話題となった女性刑事であったが、その美しさはすでに遠い過去のものとなっていた。

今では酒におぼれる毎日であり、同僚や別れた夫、そして16歳の娘からも疎まれる孤独な人生を送っていた。

ある日、彼女のもとに差出人不明の封筒が届く。

遡ること17年前、エリンはFBIの捜査官であるクリスと共に、砂漠にいると言われている犯罪組織に対し潜入捜査を命じられていた。

しかしそこで彼女は取り返しのつかない過ちを犯し、捜査は失敗に終わってしまう。

そしてその罪悪感は今もまだ彼女を蝕み続けていた。

届いた封筒の中身は紫色に染まった1枚の1ドル札であり、それは行方不明となっていた事件の主犯からの挑戦状であった。

自分の過去と決着をつけるため、犯人を追う事を決意したエリンは灼熱の荒野へと車を走らせる。

映画【ストレイ・ドッグ】作品解説

(C)2018 30WEST Destroyer, LLC.

この映画は2018年に公開されたアメリカ合衆国のサスペンス・ドラマ映画です。

「ムーラン・ルージュ」「アクアマン」などで有名なオスカー女優のニコール・キッドマンが主演している映画です。

その美貌とこれまでの彼女の役からは想像もできない、酒浸りの中年刑事役を演じるということで非常に話題となった映画です。

これまでの彼女の「美人女優」というアイデンティティ・女優としてのキャリア自体を壊しかねない賭けの1作とも言われていました。

しかし、激しい暴力シーンや、銃撃戦にも臆することなく臨んだ彼女の演技は全米中から非常に高い評価を得ています。

映画批評集積サイトのRotten Tomatoesにおいても批評家支持率は73%という高い数値を記録しています。(2020年10月5日現在)

「ニコール・キッドマン史上最高」とも評された本作で彼女は第76回ゴールデングローブ賞の主演女優賞にノミネートされ、またオーストラリア映画協会賞やノワール映画祭など多くの映画祭で女優賞にノミネートされています。

監督を務めたのは日系女性監督のカリン・クサマです。

2000年に「ガールファイト」で監督デビューを果たし、サンダンス映画祭で監督賞と審査対象を受賞、カンヌ映画祭ではユース賞(海外作品)を受賞するなど注目を集めます。

その後2005年の「イーオン・フラックス」、2009年の「ジェニファーズ・ボディ」などに続き監督した2015年の「インビテーション」が絶賛、スペイン・シッチェス映画祭で最優秀作品賞など国際的に評価されています。

キャスト紹介

キャスト

ニコール・キッドマン(エリン・ベル)

トビー・ケベル(サイラス)

タチアナ・マズラニー(ペトラ)

セバスチャン・スタン(クリス)

解説

主演を務めたのはオスカー女優、ニコール・キッドマンです。

14歳の時にオーストラリア映画でデビューし、1989年の「デッド・カーム/戦慄の航海」で注目を集めます。

1990年、トム・クルーズに抜擢された「デイズ・オブ・サンダー」に出演、1995年に「誘う女」でゴールデングローブ賞主演女優賞を受賞します。

2001年に「ムーラン・ルージュでアカデミー主演女優賞に初ノミネート、2002年に「めぐりあう時間たち」で同賞を受賞しました。

他の出演作に2003年「コールド マウンテン」や2010年「ラビット・ホール」、2016年「LION ライオン 25年目のただいま」などがあります。

サイラスはトビー・ケベルが演じています。

2004年に「Dead Man’s Shoes」で映画デビューを果たし、2004年「アレキサンダー」、2005年「マッチポイント」に出演します。

2007年に「コントロール」で英インディペンデント・フィルム・アワードの助演賞を受賞したことで注目を集め、以降2008年「ロックンローラー」、2012年「火の馬」などの話題作に出演しました。

近年の出演作に2014年「猿の惑星:新世紀(ライジング」や2016年「怪物はささやく」などがあります。

見どころ紹介&こんな人におすすめ

(C)2018 30WEST Destroyer, LLC.

この映画の見どころは、なんといってもニコール・キッドマンの気力溢れる演技です。

これまでの彼女のイメージを覆すような役どころ、特殊メイクで顔かたちを変えて激しい暴力シーンにも取り組んだと言うところから、あなたの知らないニコール・キッドマンに出会える映画です。

またエリンは自分が過ちを犯した過去を無事克服することはできるのでしょうか。

この映画は、ニコール・キッドマンのファンの方には必見の1作といえます。

まとめ

以上が「ストレイ・ドッグ」のあらすじと見どころになります。

アメリカで公開されてから時が経っているため日本での公開を待ち望んでいた方も多い本作、待望の公開日が待ちきれませんね。

ムビチケも好評発売中のようなので、観に行く方は事前にゲットしてください。

参照:ムビチケ