映画あらすじ

映画【空に住む】あらすじキャスト見どころ!作詞家の小竹正人の世界を映像化した人間ドラマ映画

作詞家の小竹正人の同名小説と「三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE」の楽曲を元に製作した映画「空に住む」が2020年10月23日に公開となります。

多部未華子が主演を務め、「EUREKA ユリイカ」の青山真治監督がメガホンを取りました。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!

映画【空に住む】作品概要

(C)2020 HIGH BROW CINEMA

公開日(日本):2020年10月23日

上映時間:118分

原作:小竹正人

監督:青山真治

脚本:青山真治、池田千尋

主題歌:三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE

作品概要

作詞家である小山正人の小説と共に誕生した「三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE」の楽曲「空に住む Living in your sky」の世界観を映画化した人間ドラマ作品です。

現実と夢の間で葛藤しながらも新たな自分の人生を見出していく女性たちの姿を描きました。

多部未華子が主演、岸井ゆきのや美村里江、岩田剛典が共演しています。

予告動画

映画【空に住む】あらすじ(ネタバレなし)

(C)2020 HIGH BROW CINEMA

郊外の小さな出版社に勤めるOLの直実。

彼女は両親の急死を受け止めることができずにいたが、叔父夫婦の計らいで大都会を見下ろすタワーマンションの高層階に住むこととなった。

彼女の長年の相棒である黒猫のハルとの暮らしや、訳ありの妊婦である後輩など気心のしれた仲間に囲まれている職場にいながらも喪失感の消えない直実。

浮遊するように生きる直実の前に現れたのは、同じマンションに住んでいる人気俳優の時戸森則であった。

突如訪れた彼との夢よのうな逢瀬に溺れながらもどこかで先が見えないことはわかっており、そんな日常にやがて変化が訪れる。

直実が選ぶ、自分の人生とは。

映画【空に住む】作品解説

(C)2020 HIGH BROW CINEMA

この映画はJ-POP界を牽引する作詞家である小竹正人が手掛けた小説の「空に住む」、そしてその原作と共に誕生した国民的人気アーティスト・三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEが歌う楽曲「空に住む~Living in your sky~」の世界観が元となっています。

小竹正人といえばEXILE・三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE・GENERATIONS from EXILE TRIBE他、E-girls、小泉今日子、久保田利伸、藤井フミヤなどの多数のアーティストに楽曲を手掛けてきたことで有名な作詞家です。

また、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEに提供した作詞曲「花火」がレコチョク「2012年最も泣けた曲ランキング」で1位を獲得、同グループの「Unfair World」が第57回日本レコード大賞を受賞するなど評価されています。

本作の監督を務めるのは2000年に「EUREKA ユリイカ」でカンヌ国際映画祭批評家連盟賞受賞ほか国際的に高い評価を得ている青山真治です。

これまでも1996年「チンピラ」や1997年「冷たい血」、1999年「EM/エンバーミング」などの映画作品を手掛ける一方、ドキュメンタリー作品「路地へ 中上健次の残したフィルム」や自作のノベライズ小説で「EUREKA」で14回三島由紀夫賞を受賞するなど小説家としても活躍しています。

本作は長編映画としては実に7年ぶりの新作となっており、多くのファンからも期待されている1作です。

また、主題歌は映画の原作となっている三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの歌う「空に住む~Living in your sky~」が起用されています。

キャスト紹介

キャスト

多部未華子(小早川直実)

岸井ゆきの(木下愛子)

三村里江(小早川明日子)

岩田剛典(時戸森則)

解説

この映画の主演を務めているのは多部未華子です。

2002年にスカウトされ、ヒラタオフィスに所属、同年「HAPPY! HAPPY!スペシャル」でテレビドラマ初出演を果たします。

2004年「理由」で映画初出演を果たし、2005年「青空のゆくえ」でブルーリボン賞の新人賞を受賞しました。

2007年に「山田太郎ものがたり」で連続ドラマに初出演、2009年にNHK連続テレビ小説「つばさ」でヒロイン役を演じたことから広い層に知名度をひろげました。

他の映画出演作に2006年「夜のピクニック」、2010年「君に届け」、2019年「アイネクライネナハトムジーク」などがあります。

木下愛子は岸井ゆきのが演じています。

2009年にドラマ「小公女セイラ」で女優デビュー、2014年には「銀の匙 Silver Spoon」などに出演し、2015年に舞台「気づかいルーシー」で主演を務めます。

2016年、ドラマ「99.9 刑事専門弁護士」で注目を集め、2016年に時代劇初出演となる「真田丸」への出演や、2017年の「おじいちゃん、死んじゃったって。」で映画初主演を務めました。

他の映画出演作に2018年「ここは退屈迎えに来て」や2019年「愛がなんだ」などがあります。

見どころ紹介&こんな人におすすめ

(C)2020 HIGH BROW CINEMA

この映画の見どころは、現代の女性の生き方に焦点をあて、それぞれが抱える問題とそれでも前を向いていく姿です。

主人公以外にも悩みを抱える女性が物語には描かれ、どのような悩みなのか、そしてどういった結末に辿り着くのかに着目して観ていただきたいです。

映画の原作とともに作られた主題歌も聞き逃せないポイントです。

この映画は特に現代社会を生きている女性の方におすすめしたい1作です。

それぞれ思いを抱えながらも前向きに生きていこうとする彼女たちの姿勢に共感できたり、学ぶことができたりする映画だと思います。

まとめ

以上が「空に住む」のあらすじと見どころになります。

現代社会の女性の生き方を丁寧に描き第25回釜山国際映画祭の「ウィンド・オン・アジアン・シネマ」部門にも選出が決定し注目されている本作、是非劇場に足を運んでみてください。

原作本も手び取りやすい単行本で販売されたみたいなので、是非書店にいってチェックしてみてください。