映画あらすじ

映画【ソニア ナチスの女スパイ】あらすじキャスト見どころ!激動の時代をスパイとして生きた実在女優の物語

実在した女優ソニア・ビーゲットの歴史的真実を描いた映画「ソニア ナチスの女スパイ」が2020年9月11日に公開となります。

イングリッド・ボルゾ・ベルダルが主人公を熱演し、イェンス・ヨンソンが監督を務めています。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!

映画【ソニア ナチスの女スパイ】作品概要

(C)2019, The Spy AS BR・F, Film i Vast, Scope Pictures, Nordisk Film Danmark -All rights reserved

公開日(日本):2020年9月11日

上映時間:110分

原題:Spionen

監督:イェンス・ヨンソン

脚本:ハーラル・ローセンローブ=エーグ、ヤン・トリグベ・レイネランド

音楽:ラフ・コイネン

作品概要

スパイとしてナチスに潜入した女優ソニア・ビーゲットを描いた歴史ドラマ映画です。

第2次世界大戦中、人気女優として活躍しながらスパイとしてナチスに潜入したという激動の人生を送った女優ソニア・ビーゲットの真実の物語を描きました。

「ヘラクレス」のイングリッド・ボルゾ・ベルダルが主人公を演じ、「ヒトラーに屈しなかった国王」のハーラル・ローセンローブ=エーグとヤン・トリグベ・レイネランドが脚本を手掛けました。

予告動画

映画【ソニア ナチスの女スパイ】あらすじ(ネタバレなし)

(C)2019, The Spy AS BR・F, Film i Vast, Scope Pictures, Nordisk Film Danmark -All rights reserved

時代は第2次世界大戦の真っ只中。

ナチス占領下にあるノルウェーにおいて、ソニア・ヴィーゲットは人気女優として活躍していた。

しかしその人気は目を付けられ、ナチスの国家弁務官であるヨーゼフ・テアボーフェンは彼女をプロバガンダに利用しようとする。

しかしその一方でソニアはノルウェーの隣国であるスウェーデンの諜報部から、スパイとしてナチスに潜入することを要請されていた。

スウェーデンは戦線を拡大させながら諸国に侵攻していくナチス・ドイツを警戒しており、その情報を収集することに躍起になっていたのだ。

ソニアは一度はその要請を拒否するものの、父親が逮捕されてしまったため彼を開放するためにテアボーフェンに近づき彼の邸宅に潜入することに成功する。

彼女は次第にテアボーフェンの寵愛を受け、また信頼も獲得していきある日彼からあることを依頼される。

その依頼とはナチスのスパイとして北欧諸国の情報を収集してほしいというものであった。

映画【ソニア ナチスの女スパイ】作品解説

(C)2019, The Spy AS BR・F, Film i Vast, Scope Pictures, Nordisk Film Danmark -All rights reserved

この映画は、実在した女優ソニア・ビーゲットが第2次世界大戦中にスウェーデンのスパイとしてナチスに潜入した時の実話、そして彼女の生き様を描いています。

本作で描かれたソニア・ヴィーゲットは1913年にノルウェーのノトデンに生まれ、1934年に女優デビューしました。

1939年にスウェーデンの作家であるトルステン・ビルガー・アレクシスフォルデンと結婚したことがきっかけでスウェーデンでも活躍をしていたそうです。

第2次世界大中にスウェーデンの諜報部に協力しスパイ活動に従事、その後戦後も女優として活躍を続け、ノルウェー、スウェーデン、デンマークなどで多数の演劇や映画に出演しました。

晩年はスペインで過ごし、1980年にその生涯を終えています。

そして彼女の死後から20年以上の月日がたった2005年に関連文章が公開され、戦時中のスパイ活動が公表されました。

しかしまだ多くの情報が語られていない彼女ですがが歴史上でどのような運命をたどったのか、この映画にて歴史の裏側が明かされます。

また、「The King of Ping Pong」でサンダンス映画祭グランプリ、最優秀撮影賞の2部門受賞したイェンス・ヨンソンが監督を務め、脚本もノルウェー・アカデミー賞脚本賞受賞作であり「ヒトラーに屈しなかった国王」を担当したハーラル・ローセンローブ=エーグとヤン・トリグベ・レイネランドが手掛けるなど期待のかかる製作陣が集結した映画でもあります。

キャスト紹介

キャスト

イングリッド・ボルゾ・ベルダル(ソニア・ヴィーゲット)

ロルフ・ラスゴード(トルステン・アクレル)

アレクサンダー・シェアー(ヨーゼフ・テアボーフェン)

ダミアン・シャペル(アンドル・ゲラート)

解説

主演を務めたのはイングリッド・ボルゾ・ベルダルです。

1980年にノルウェーで生まれ、2006年に「コールドプレイ」で映画デビューを果たします。

2013年の「ヘンゼル&グレーテル」や、2014年の「ヘラクレス」などのハリウッド映画やHBOが手掛ける海外ドラマ「ウエストワールド」への出演など国際的に活躍している女優です。

トルステンを演じたのはロルフ・ラスゴードです。

スウェーデン生まれの俳優であり1992年の「Night of the Orangutan」で映画デビュー、スウェーデン版アカデミー賞のゴールデン・ビートル賞で主演男優賞を受賞しています。

アカデミー賞の外国語映画賞にノミネートされた1998年の「太陽の誘い」や、2006年の「アフター・ウェディング」に出演、また2015年には「幸せなひとりぼっち」にてゴールデン・ビートル賞主演男優賞を再受賞しています。

見どころ紹介&こんな人におすすめ

(C)2019, The Spy AS BR・F, Film i Vast, Scope Pictures, Nordisk Film Danmark -All rights reserved

この映画の見どころは、実際にスパイ活動に従事した女性を扱っているとことであり、歴史の隠された裏側が明らかにされる点です。

第2次世界大戦終結から75年という月日がたっていますが、いまだ解明されていない多くの謎が残っています。

こうした映画を観ることで歴史の真実に気付くことができ、また戦争を忘れないものとするきっかけにもつながる1作ではないでしょうか。

この映画をオススメしたいのは史実に基づいた話が好きな方、実在したスパイがどのような世界を生きたのか知りたい方にお勧めの1作です。

まとめ

以上が「ソニア ナチスの女スパイ」のあらすじと見どころになります。

歴史として習う上ではあまり語られることの無い歴史の裏側の真実の物語知るためにも、是非劇場に足を運んでみてください。

イングリッド・ボルゾ・ベルダルのインタビュー映像も到着しているみたいなので、チェックしてみてください。