映画あらすじ

映画【サイレント・トーキョー】あらすじキャスト見どころ!日本を揺らがす連続爆破テロ事件を扱うミステリー映画

秦建日子の長編小説を実写映画化した「サイレント・トーキョー」が2020年12月4日に公開となります。

波多野貴文監督がメガホンを取り、佐藤浩市が主演を務めました。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!

映画【サイレント・トーキョー】作品概要

©2020 Silent Tokyo Film Partners

公開日(日本):2020年12月4日

原作:秦建日子

監督:波多野貴文

脚本:山浦雅大

制作:蓮見宗一郎

作品概要

人気ドラマ「アンフェア」の原作小説「推理小説」を手掛けた作家秦建日子の「And so this is Xmas」が実写映画化されました。

クリスマス前に東京で起きた、連続爆破テロ事件を描いています。

佐藤浩市が主演を務め、石田ゆり子や西島秀俊が共演しています。

予告動画

映画【サイレント・トーキョー And so this is Xmas】あらすじ(ネタバレなし)

©2020 Silent Tokyo Film Partners

12月、もうすぐ聖夜を迎える東京。

クリスマスの音色とともに、人々が色めき立つ季節。

しかし、すぐそこまで迫りくる爆破テロの魔の手には誰1人気づいていなかった。

突如発生した未曾有の規模の連続爆破テロ事件により東京は静まり返り、人々の幸せは一瞬にして崩れ落ちた。

人は叫び、逃げまどい、そして待受けていたものとは?

容疑者・被害者・刑事・・・それぞれの思考が交錯するなか、聖夜に起きたテロ事件の犯人の目的とは一体?

映画【サイレント・トーキョー And so this is Xmas】作品解説


この映画は、秦建日子により2016年に刊行された長編小説、「And so this is Xmas」が原作となっています。

東京を舞台とした連続爆破テロ事件を題材としており、刊行とあわせて秦建日子の脚本・演出で舞台化され、劇団「秦組」で同年の9月から10月に上演されています。

秦建日子といえば小説家以外に劇作家、演出家、脚本家などで多方面で活躍しています。

小説家としては2004年にミステリー「推理小説」でデビューしており、同作は2006年に「アンフェア」のタイトルでテレビドラマ化し大ヒットを記録しています。

また、「天体観測」「ドラゴン桜」などの人気ドラマの脚本家としても活躍しており、本作に対してはすでにファンの方からの熱い期待が集まっています。

執筆するうえでインスパイアされたと語っているのは、ジョン・レノンの名曲「Happy Xmas(War Is Over)」ということです。

本作のエンディングソングも、今年7月にメジャーデビューしたばかりの新世代の女性ヒップホップアーティスト・Awichがカバーする「Happy X-mas(War Is Over)」になることが決定しています。

本作の監督を務めるのは波多野貴文です。

人気ドラマ「SP 警視庁警備部警護課第四係」の演出を手掛け、その劇場版作品「SP THE MOTION PICTURE「野望篇」「革命篇」」を手掛けたことでも有名であり、本作でもリアリティのあるテロ事件を映像にうまく落としこみました。

キャスト紹介

キャスト

佐藤浩市(朝比奈仁)

石田ゆり子(山口アイ子)

西島秀俊(世田志乃夫)

中村倫也(須永基樹)

広瀬アリス(高梨真奈美)

解説

主演を務めるのは名俳優佐藤浩市です。

1980年、NHKドラマ「続・続事件 月の景色」で俳優デビューをはたし、翌年映画「青春の門」でブルーリボン賞新人賞を受賞、その続編で映画初主演を果たします。

以降数多くの映画やドラマに出演し、1994年「忠臣蔵外伝 四谷怪談」と2016年「64 ロクヨン 前編」で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞しました。

近年の出演作に「Fukushima 50」「楽園」「騙し絵の牙」などがあります。

山口アイ子を演じるのは石田ゆり子です。

1988年、TVドラマ「海の群星」で女優デビュー、1991年の人気ドラマ「101回目のプロポーズ」などにも出演します。

映画デビューは女優デビューと同年の1988年であり「悲しい色やねん」が初出演作、2004年に「北の零年」でで日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞しました。

女優のみならず声優としても活躍しており、「平成狸合戦ぽんぽこ」、「もののけ姫」、「コクリコ坂から」などのジブリ映画に多く出演しています。

他の映画出演作に「記憶にございません!」「マチネの終わりに」「望み」などがあります。

世田志乃夫は西島秀俊が演じています。

1992年にドラマ「はぐれ刑事純情派5」で本格デビューを果たし、1993年の大ヒットドラマ「あすなろ白書」で一躍注目をあびます。

1999年の「ニンゲン合格」で映画初主演を果たし、2002年の北野武監督「Dolls(ドールズ)」でも主演を務めました。

その後もNHK連続テレビ小説「純情きらり」や「チーム・バチスタ」シリーズ、TBS×WOWOW共同制作の「ダブルフェイス」など話題作に多く出演しています。

近年の映画出演作に「クリーピー 偽りの隣人」「ラストレシピ 麒麟の舌の記憶」「人魚の眠る家」などがあります。

見どころ紹介&こんな人におすすめ

©2020 Silent Tokyo Film Partners

この映画の見どころは、東京を舞台として起こる大規模な爆破事件というどこかリアリティも感じるテロ事件を扱っているところです。

またその映像にも注目ポイントがあり、予告映像で渋谷スクランブル交差点が爆破される映像が流れますが、これは渋谷スクランブル交差点を忠実に再現したセットで行われたそうです。

ド迫力の映像と、そして私達が暮らす街で起こる事件という手に汗握る展開、そして謎に包まれた犯人の目的など最後まで目の離せない展開となりそうです。

「アンフェア」などの推理ミステリーストーリーが好きな方には見逃せない作品となっていることでしょう。

まとめ

以上が「サイレント・トーキョー」のあらすじと見どころになります。

ちょうど12月に公開される本作、映画がクリスマスが舞台になっていることもありクリスマス前に観るのにぴったりの作品に仕上がっています。

公開がまだ先のため、今後もあがってくるであろう最新情報を見逃さないようにチェックしたいですね。