映画あらすじ

映画【小説の神様 君としか描けない物語】あらすじキャスト見どころ!正反対の高校生小説家2人の青春ストーリー

相沢沙呼による小説を実写化した映画「小説の神様 君としか描けない物語」が2020年10月2日に公開となります。

佐藤大樹と橋本環奈のダブル主演が決定しており、久保茂昭が監督を務めました。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!

映画【小説の神様 君としか描けない物語】作品概要

(C)2020映画「小説の神様」製作委員会

公開日(日本):2020年10月2日

上映時間:106分

原作:相沢沙呼

監督:久保茂昭

脚本:鎌田哲生

主題歌:伶

作品概要

近年様々な賞を獲得していることで注目されている気鋭の作家、相沢沙呼の「小説の神様」が待望の実写映画化されます。

2人の高校生小説家が反発しあいながら1つの小説の共同執筆に挑みます。

佐藤大樹と橋本環奈がダブル主演、「HiGH&LOW」シリーズの久保茂昭が監督を務めています。

予告動画

映画【小説の神様 君としか描けない物語】あらすじ(ネタバレなし)

(C)2020映画「小説の神様」製作委員会

千谷一也は中学生にして作家デビューを果たした高校生小説家。

しかし作品はSNSで酷評され、いつしか自分を見失ってしまっていた。

一方、同じクラスの人気者である小余綾詩凪もまた高校生小説家であった。

彼女はドSな性格のうえ、次々とヒット作を生み出している。

まるで底辺作家と人気作家であり、さらに性格やクラスにおける立ち位置も全く逆の2人。

そんな2人に編集者から「2人で協力して大ベストセラーを生み出すように」とミッションが下される。

何をしてもダメと思い込んでいる男子とキラキラした女子、一見正反対な2人が最初は反発しながらも足りないものと補い合いながら物語を紡いでいく。

しかし、一也は詩凪が抱える誰にも言えない大きな秘密を知ってしまう。

友情を超えて近づいていく2人の距離であるが、果たしてどういった結末を迎えるのか。

映画【小説の神様 君としか描けない物語】作品解説

(C)2020映画「小説の神様」製作委員会

この映画は相沢沙呼が執筆した「小説の神様」が原作となっています。

2016年に講談社より書き下ろし小説として刊行され、その後シリーズ続刊「小説の神様 あなたを読む物語」が上下2分冊として発売されました。

また、その人気から2019年より少年マガジンRにてコミカライズ版が掲載されています。

作者である相沢沙呼は2009年に「午前零時のサンドリヨン」にて第19回鮎川哲也賞を受賞しデビューしており、ライトノベルの執筆や漫画原作家としても活躍しています。

2019年には「medium 霊媒探偵城塚翡翠」にて「このミステリーがすごい! 2020年版」の国内編1位、「2020本格ミステリ・ベスト10」の国内ランキング1位、Apple Books「2019年ベストブック」のベストミステリー、第20回本格ミステリ大賞小説部門という4冠を達成するなど非常に注目されている作家です。

また、そんな本作を監督したのは「HiGH&LOW」シリーズを手掛けたことでも有名な久保茂昭です。

1997年より映像制作会社クランプス入社し、その後2002年からフリーランスとして活躍、EXILEや安室奈美恵、DREAMS COME TUREに三代目J Soul Brothersなど有名アーティストの500作品以上のミュージック・ビデオを監督してきました。

また大人気シリーズの「HiGH&LOW」の映画を手がけてきており、邦画で他に見られない圧倒的なアクション映像で高く評価されています。

また、主題歌はE-girlsのソロプロジェクトである伶が歌う「Call Me Sick」です。

キャスト紹介

キャスト

佐藤大樹(千谷一也)

橋本環奈(小余綾詩凪)

佐藤流司(九ノ里正樹)

柴田杏花(成瀬綾乃)

解説

主演を務めるのは佐藤大樹です。

「EXILE」が開設したエンターテイナー育成スクール「EXILE PROFESSIONAL GYM」に通ったことをきっかけに「GENERATIONS」のメンバーの1人として活躍します。

2012年にTVドラマ「シュガーレス」で俳優デビュー、2013年のドラマ「仮面ティーチャー」、や2014年の映画「俺たちの明日」に出演します。

2014年にEXILE新パフォーマーに選ばれ、また2017年からは「FANTASTICS from EXILE TRIBE」のリーダーも務めています。

また、2016年~の「HiGH&LOW」シリーズや2018年の映画「ママレード・ボーイ」「センセイ君主」などにも出演しています。

もう1人の主役を務めるのは橋本環奈です。

福岡のアイドルグループ「Rev. from DVL」のメンバーとして活躍し、2011年に映画「奇跡」でスクリーンデビューを果たします。

その後2016年に「セーラー服と機関銃」で映画初主演、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しています。

2017年に「Rev. from DVL」から同グループ解散をもって卒業し、女優業に更に力を注いでいます。

その後の出演作に2017年の「銀魂」「斉木楠雄のΨ難」や2020年「今日から俺は!!劇場版」「弱虫ペダル」などがあります。

見どころ紹介&こんな人におすすめ

(C)2020映画「小説の神様」製作委員会

この映画の見どころは、一見正反対の2人が1つの小説を書き上げるという目標のもと共同作業を通じ距離が近づいていく過程です。

全く異なるタイプの2人の小説家はどのようにして物語を完成に近づけるのでしょうか。

また、小余綾詩凪が抱えている秘密がどういったものなのかも気になる点です。

この映画は青春映画が好きな方、また好きなものに向かって諦めないという姿勢に共感できる方にお勧めしたい1本です。

まとめ

以上が「小説の神様 君としか描けない物語」のあらすじと見どころになります。

果たして共同執筆の小説は無事に完成するのか、2人の関係はどうなるのか、是非劇場に確認しに行ってみてください。

原作の小説、また漫画も素敵な仕上がりとなっているので公開前に手に取ってみるのもオススメです。