映画あらすじ

映画【新解釈・三國志】あらすじキャスト見どころ!新たな観点で歴史的名作に挑んだ作品

「三國志」を新たな解釈にて実写映画化した「新解釈・三國志」が2020年12月11日に公開となります。

大泉洋が主演を務め、ムロツヨシや城田優、山田孝之など豪華キャストが集結しています。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!

映画【新解釈・三國志】作品概要

(C)2020「新解釈・三國志」製作委員会

公開日(日本):2020年12月11日

監督:福田雄一

脚本:福田雄一

プロデューサー:北島直明、松橋真三

作品概要

中国の歴史を舞台とした人気歴史書物「三国史」を新たな観点で描く実写映画です。

1800年ほど前の中国を舞台に劉備、曹操、孫権らのお馴染みのキャラクターを豪華キャストが演じています。

「勇者ヨシヒコ」シリーズなどを手掛けてきた福田雄一が脚本、監督を務めています。

予告動画

映画【新解釈・三國志】あらすじ(ネタバレなし)

(C)2020「新解釈・三國志」製作委員会

西暦200年代前後、中国は魏、呉、蜀の三国が覇権を争う戦国の世の中。

魏の曹操、呉の孫権、そして蜀の劉備の戦いは「三國志」として歴史的書物に名を残し、今現代も様々な伝説が語り継がれている。

その「三國志」を福田雄一が新たな見解と切り口から挑んだ大胆な作品。

映画【新解釈・三國志】作品解説

(C)2020「新解釈・三國志」製作委員会

この映画は中国の大人気歴史書物「三國志」を新たな観点で解釈し、実写化した作品です。

三国志といえば西暦200年前後、中国の後漢である三国自体に中国統一を目指して魏・呉・蜀という3つの国が争っていた時代をまとめた歴史の書物です。

蜀と魏、そして晋に仕えていた陳寿という官吏により簡潔にまとめられ事実を後世に残すために書された「三国志」、そして羅貫中という作家により描かれた「三国志演技」という神話・伝説・民話など盛り込んだ小説が有名です。

特に「三国志演技」は蜀の劉備そして諸葛亮がメインとなっており、その後の作品もその2人をメインとしたものが多くなっており、本作も大泉洋が演じる劉備が主人公です。

また、三国の登場人物以外にも董卓、呂布、貂蝉といった個性あふれるキャラクターも人気であり、本映画にも登場することが決まっています。

多くの個性あふれるキャラクターが登場することや、戦国の世の中を舞台にしていることから中国のみならず日本でも非常に人気が高く、小説だけにとどまらず漫画、映画、またゲームの世界でも描かれ愛されている物語です。

しかし、その時代があまりにも昔であることからどこまでが史実に基づいているのか、という判断が難しい作品でもあり、現実とかけ離れた逸話や解明されていない謎なども多く存在することも事実です。

そのため読み手によって様々な解釈がされてきたことも特徴であり、今回はコメディセンスに定評がある福田雄一がその独自の観点から読み解き脚本を描いた作品として注目されており、これまで誰も想像しなかった新たな解釈で描かれた作品となっています。

例えば劉備は大泉洋が演じることが決まっていますが、彼の代表作「水曜どうでしょう」で愚痴と文句ばかり言う大泉洋の姿がそのままキャラクターとして生きているようです。

その結果ボヤキ続ける劉備が誕生し、またムロツヨシ演じる諸葛亮はこれまでになく軽いタッチで描かれるということで、常識を捨て全く新しい物語として観るのも面白いかもしれません。

キャスト紹介

キャスト

大泉洋(劉備)

ムロツヨシ(諸葛亮)

橋本環奈(黄夫人)

岩田剛典(趙雲)

渡辺直美(貂蝉)

城田優(呂布)

賀来賢人(周瑜)

山本美月(小喬)

岡田健史(孫権)

解説

主演を務めるのは大泉洋です。

大学在学中より北海道のローカル番組「水曜どうでしょう」に出演、道内を超えて全国に人気が広がります。

また同時期に大学の演劇研究会のメンバーで結成した演劇ユニット「TEAM NACS」を結成します。

2005年にドラマ「救命病棟24時」で東京での俳優業をスタートさせ、2007年「ハケンの品格」や2010年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」など多くの作品出演します。

2008年の「アフタースクール」や2011年「探偵はBARにいる」、2018年「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」や今後公開予定の「騙し絵の牙」など多くの主演映画を持っています。

諸葛亮を演じるのはムロツヨシです。

1999年に1人舞台でデビューし、以降演劇を中心に活躍します。

その後2005年に映画「サマータイムマシン・ブルース」に出演したことがきっかけで映像作品の出演が増え、2006年の映画「UDON」や2011年、2012年のドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズなどに出演します。

本作の監督である福田監督の作品にはほぼ必ず顔を出す常連として知られており、本作でもメインキャラクターとして出演しています。

見どころ紹介&こんな人におすすめ

(C)2020「新解釈・三國志」製作委員会

この映画の見どころは、福田雄一独自の視点で解釈された三國志です。

コメディの奇才とも言われる福田雄一によりこれまでの「三國志」の観点を覆すような大胆な作品に仕上がっていることでしょう。

また、福田監督映画の特徴ともいえる個性的な俳優が多く集まっていることもこの映画の注目ポイントであり、彼らがどのように歴史上の人物を演じたのかという点も見どころと言えます。

元々の三國志ファンの方も新しい物語として、もしこれまで三國志作品に関わってこなかった方は是非そのきっかけとなる作品として観てほしい1作です。

まとめ

以上が「新解釈・三國志」のあらすじと見どころになります。

多くのキャスト陣が笑顔の絶えない現場であったと語っている通り、「三國志」という題材ではありますが笑顔になれ、ストレスの発散となるような作品であり是非多くの人に観に行っていただきたいです。

まだ全てのキャストが公開となっていないようなので、今後どのようなキャラクターを誰が演じるのか、公式HPや先日開設された公式インスタをチェックしながら待ちたいですね。