映画あらすじ

映画【さくら】あらすじキャスト見どころ!一度壊れかけてしまった家族の再生の物語

人気作家西加奈子のベストセラー小説の映画化作品「さくら」が2020年11月13日に公開となります。

北村匠海、小松菜奈、吉沢亮の3人メインキャラクターを務め、矢崎仁司がメガホンをとっています。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!

映画【さくら】作品概要

(C)西加奈子/小学館 (C)2020 「さくら」製作委員会

公開日(日本):2020年11月13日

上映時間:119分

原作:西加奈子

監督:矢崎仁司

脚本:朝西真砂

主題歌:東京事変

作品概要

直木賞作家でもある、絶対的人気の小説家西加奈子が家族をテーマに執筆した小説を映像化した作品です。

兄の死をきっかけにバラバラとなった家族の再生の物語を描きます。

旬の俳優である北村匠海、小松菜奈、吉沢亮が3兄妹を演じ、寺島しのぶや永瀬正敏が共演しています。

予告動画

映画【さくら】あらすじ(ネタバレなし)

(C)西加奈子/小学館 (C)2020 「さくら」製作委員会

長谷川家は5人家族、父と母と兄の一、次男薫、そして妹の美貴の3人の兄妹は仲良く暮らしていた。

しかしそんな幸せなある日、一が事故で他界してしまい、そのことをきっかけに家族はバラバラになってしまう。

それから2年、次男の薫は年末に実家へと向かう道の途中で幼い時の記録を思い起こしていた。

憧れの存在であった兄の一、妹美貴の誕生、愛犬であるサクラとの出逢い、引っ越しや初めての恋や失恋など。

長谷川家の5人とサクラが過ごした日々は誰にとってもかけがえのないものであった。

そして大晦日の日、壊れかけてしまった家族を繋ぐかのような奇跡のような出来事がおきる。

映画【さくら】作品解説

この映画は直木賞作家でもある西加奈子の小説が原作となっています。

2005年に単行本化、2007年に文庫化された本作は累計発行部数55万部を突破するベストセラー小説となっています。

西加奈子は2004年に小説家としてデビューしており、他の映像化作品として2012年に宮崎あおいと向井理主演で映画化された「きいろいゾウ」があります。

また2013年「ふくわらい」で第148回直木三十五賞候補、第10回本屋大賞5位、第1回河合隼雄物語賞受賞、2015年に「サラバ」で第152回直木三十五賞を受賞するなど高い実力で知られる作家です。

また、本作の監督は矢崎仁司が務めており、自分以外の誰にも映画化させたくなかったと語るほどの強い熱意をもって製作に挑んだそうです。

監督はこれまで「三月のライオン」や「花を摘む少女と虫を殺す少女」などの作品を手掛けたほか、2006年の「ストロベリーショートケイクス」以降は人気作家の小説の映画化を多く手掛けてきました。

2010年の江國香織原作の「スイートリトルライズ」、2011年新堂冬樹原作の「不倫純愛」、2015年の小池真理子原作の「無伴奏」などで知られています。

主題歌は東京事変が担当することが決定しており、この映画のために「青のID」を書き下ろしたそうです。

東京事変が彩る主題歌とあわせ、世界的に活躍するピアニストであるアダム・ジョージが劇中曲を手掛けることが決定しており、音楽面でも非常に期待が高く持てる1作に仕上がっています。

キャスト紹介

キャスト

北村匠海(長谷川薫)

小松菜奈(長谷川美貴)

吉沢亮(長谷川一)

寺島しのぶ(長谷川つぼみ)

永瀬正敏(長谷川昭夫)

解説

次男、薫は北村匠海が演じています。

2008年に青春スポーツ映画「ダイブ!!」で俳優としてデビューしており、以降俳優・モデルとして活躍します。

また2011年に結成したダンスロックバンド「DISH//」ではメインボーカル、ギターを務め2013年にメジャーデビューも果たしています。

2013年の映画「陽だまりの彼女」で主人公の中学時代を演じたことから注目され、2014年「信長協奏曲」や2016年のドラマ「ゆとりですがなにか」「仰げば尊し」などに出演します。

2017年映画初主演作「君の膵臓をたべたい」で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞、その後の出演作に2018年「春待つ僕ら」、2019年「影踏み」などがあります。

美貴を演じるのは小松菜奈です。

2008年にファッションモデルとしてキャリアをスタート、小学生向けファッション誌「ニコ☆プチ」やCMやPVに多数出演します。

2013年に短編映画「ただいま。」にて主演、翌年「渇き。」で主人公の娘役に抜擢され長編映画デビューし第38回日本アカデミー賞新人俳優賞などを受賞しました。

以降2014年「近キョリ恋愛」、2015年「バクマン。」や2016年のマーティン・スコセッシ監督「沈黙 サイレンス」への出演などで知名度をあげま。

2016年はヒット作「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」を含む5作品が公開されるなど活躍をみせ、その後も2017年「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」や2018年「坂道のアポロン」、2019年「さよならくちびる」など出演が相次いでいます。

兄の一は吉沢亮が演じています。

2009年にアミューズ全国オーディションでRight-on賞を受賞し、芸能界入りします。

2011年の「仮面ライダーフォーゼ」で注目を集め、2013年に人気漫画「ぶっせん」のドラマ版&舞台版で主演に抜てきされます。

以降2014年の映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」「アオハライド」への出演を経て2016年に「サマーソング」で映画初主演、翌年の人気漫画の実写化「銀魂」への出演で大きく注目されています。

その後2019年に「キングダム」にて第43回日本アカデミー賞で最優秀助演男優賞を受賞しており、2021年のNHK大河ドラマ「青天を衝け」で主演に抜擢されています。

見どころ紹介&こんな人におすすめ

この映画の見どころは、一度バラバラになってしまった家族が再生していく姿です。

「きれいごと」だけでは語れない姿や、家族であるからこそ再び絆を取り戻そうとする姿からきっと学ぶことが多くある作品でしょう。

家族とあまりうまくいっていない方や、大事な人との付き合い方がわからない方に是非観に行っていただきたい作品です。

まとめ

以上が「さくら」のあらすじと見どころになります。

是非、大切な人や家族とともに「長谷川家」の家族に会いに劇場に行ってみてください。

原作小説もとても素敵で完成度の高い物語となっていますので、是非公開前に一度手に取ってみてください。