映画あらすじ

映画【ペイン・アンド・グローリー】あらすじキャスト見どころ!痛みを抱える全ての人に贈る映画

スペインの巨匠ペドロ・アルモドバルが手掛けた人間ドラマ映画ペイン・アンド・グローリーが2020年6月19日に公開となります。

彼の自伝的要素が含まれており、彼と長年タッグを組んできたアントニオ・バンデラスが主演を務めました。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!

映画【ペイン・アンド・グローリー】作品概要

(C)El Deseo.

公開日(日本):2020年6月19日

上映時間:113分

原題:Dolor y gloria

監督:ペドロ・アルモドバル

脚本:ペドロ・アルモドバル

制作:アグスティン・アルモドバル

作品概要

第92回アカデミー賞にもノミネートされた、スペインが誇る映画監督ペドロ・アルモドバルの最新作です。

監督の自伝的要素が絡んだ作品でもあり、とある映画監督の人生を描きます。

アントニオ・バンデラスが主演を務め、ペネロペ・クルスらが共演しています。

予告動画

映画【ペイン・アンド・グローリー】あらすじ(ネタバレなし)

(C)El Deseo.

世界的な映画監督であるサルバドールは脊椎の痛みから生きがいを見出せなくなっていた。

彼は身も心も疲れ果て、引退同様の生活を送り、昔の自分をよく回想するようになる。

子供時代、母親のこと、当時移り住んでいたバレンシアの村で起こった出来事、マドリッドで破局に終わった恋の事。

特にその痛みはまだ心に残っていた。

そんなある日、彼の元に32年前に撮影したとある作品の上演依頼が届く。

そこでの思いもよらない再会が、心を閉ざしてしまっていた過去へと彼を誘う。

記憶がたどり着いた先に彼が見つけたものとは。

映画【ペイン・アンド・グローリー】作品解説

(C)El Deseo.

この作品は2019年にスペインで製作された映画です。

スペインが誇る巨匠の1人であるペドロ・アルモドバルが手掛けた作品であり、作品上で彼と長年タッグを組んでいるアントニオ・バンデラスが主演を務めました。

ペドロ・アルモドバルと言えば、1980年に「ペピ、ルシ、ボンとその他大勢の娘たち」で長編映画デビューを果たし1986年に映画製作会社を立ち上げます。

その後生み出した1988年の「神経衰弱ぎりぎりの女たち」でベネチア国際映画祭で脚本賞を受賞、世界的に注目を集める監督となります。

その後も1998年に「オール・アバウト・マイ・マザー」でアカデミー賞の外国語映画賞、2002年の「トーク・トゥ・ハー」でアカデミー賞の脚本賞を受賞という快挙を成し遂げました。

スペインのみならず世界的に有名であり、2001年にアメリカ芸術科学アカデミーの外国名誉会員に選出された他2009年には映画芸術への貢献に対してハーバード大学から名誉博士号を授与されたり、第70回カンヌ国際映画祭の審査委員長を務めたりしています。

本作はそんな監督自身の姿を投影された映画であり、第92回アカデミー賞でも主演男優賞、国際長編映画賞にノミネートされ、また第72回カンヌ国際映画祭で主演男優賞を受賞するなど大きく評価されている作品です。

本作ではペドロ・アルモドバルが実生活で使用している家具、絵画を使用、服も主演するバンデラスに着用させ、彼自身を投影させる要素が色濃く出ています。

しかしながら、実際はアルモドバルとバンデラスを併せたキャラクターであるともされており、長年タッグを組んできた監督と俳優だからこそ成せる作品に仕上がっています。

キャスト紹介

キャスト

アントニオ・バンデラス(サルバドール・マロ)

ペネロペ・クルス(ジャシンタ・マロ)

アシエル・エチェアンディア(アルベルト)

レオナルド・スバラグリア(フェデリコ)

解説

主役を務めるのはアントニオ・バンデラスです。

スペイン出身の俳優であり、13歳からマラガの演劇学校で演劇とダンスを学び、その後マドリードに移り舞台に立っていたそうです。

1982年、本作の監督でもあるペドロ・アルモドバルの「セクシリア」で映画デビュー、以降同監督の常連俳優となります。

1992年、「マンボ・キングス/わが心のマリア」でハリウッドデビューし、「デスペラード」で主演を務めたことから一躍スターとなります。

2003年、ブロードウェイのミュージカル「Nine The Musical」にてトニー賞にノミネート、本作で初のアカデミー主演男優賞ノミネートを果たしました。

サルバドールの母親役を演じるのはペネロペ・クルスです。

幼い頃からクラシックバレエやジャズダンスに親しみ、15歳の時からTVやミュージックビデオに出演します。

1992年に「ハモン・ハモン」でスクリーンデビューを果たし、同年出演した「ベルエポック」がアカデミー外国語映画賞を受賞したことから有名となります。

本作の監督でもあるペドロ・アルモドバルの1999年の「オール・アバウト・マイ・マザー」にも出演しており、国外で高く評価されました。

2009年には「それでも恋するバルセロナ」でアカデミー助演女優賞を受賞しています。

見どころ紹介&こんな人におすすめ

(C)El Deseo.

本作の見どころは、スランプに陥り立ち止まってしまった男性が再び歩き出すまでの過程です。

誰しも、人生で立ち止まることはあり、しかしそこで諦めずに過去と対峙し乗り越えることで必ず再び歩き出すことがこの作品で語られています。

人生のスランプに陥ってしまっている方や、立ち止まってしまっている方は是非劇場に足を運んでみてください。

まとめ

以上が「ペイン・アンド・グローリー」のあらすじと見どころになります。

人生における普遍的なテーマを捉え、監督自身が自らを投影させ答えを導き出した名作です。

ムビチケのプレゼントキャンペーンもやっているみたいなので、是非チェックしてみてください。