映画あらすじ

映画【オフィシャル・シークレット】あらすじキャスト見どころ!戦争を止めるため国家に立ち向かったある女性の話

イラク戦争の開戦前夜の告発事件を扱ったサスペンス映画「オフィシャル・シークレット」が2020年8月23日に公開となります。

ギャビン・フッド監督がメガホンを取り、キーラ・ナイトレイが主演を務めています。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!

映画【オフィシャル・シークレット】作品概要

(C)2018 OFFICIAL SECRETS HOLDINGS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

公開日(日本):2020年8月28日

上映時間:112分

原題:Official Secrets

監督:ギャビン・フッド

脚本:サラ・バーンスタイン、グレゴリー・バーンスタイン、ギャビン・フッド
制作:ジェド・ドハーティ、エリザベス・フォウラー

作品概要

英米政府を揺るがした重大告発事件をテーマとしたポリティカルサスペンス映画です。

とあるリーク情報を基にイラク戦争を止めようとしたある女性の実話を描きます。

キーラ・ナイトレイが主演を務め、レイフ・ファインズやマット・スミスらの名優が共演しています。

予告動画

映画【オフィシャル・シークレット】あらすじ(ネタバレなし)

(C)2018 OFFICIAL SECRETS HOLDINGS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

時は2003年の1月。

イギリスの諜報機関であるGCHQ、政府通信本部で働くキャサリン・ガン。

ある日、アメリカの諜報機関であるNSA、国家安全保障局から驚愕のメールが送られてくる。

それはイギリスとアメリカがイラクへの進行を強行するため、閣下安全保障理事会のメンバーに対するスパイ活動を支持するという内容であった。

そのメールに憤りを感じたキャサリンは、元同僚の友人にこの件をマスコミにリークしたいと持ち掛ける。

それから2週間、メールの内容がイギリス「オブザーバー」の紙面を飾り、それはマーティン・ブライド記者の勇気ある告発の記事であった。

GCHQ内ではリークした犯人捜索が始まり、職員1人1人へ執拗な取り調べが行われる。

キャサリンは自分の仕事仲間に尋問が及ぶことに耐えられず、自ら「リークしたのは自分だ」と名乗りをあげる。

しかしキャサリンの告発もむなしく、イラクへの進行は開始されてしまう。

そしてキャサリンは起訴されることとなり、キャサリンを救うため人権派弁護士のベン・エマーソンが立ち上がる。

彼は政府内の取材を行いキャサリンの無罪を確信していくが、戦う相手が政府であるため、簡単に勝つこととはできない。

2004年2月25日、裁判が始まった。

キャサリンは無事無罪となるのか、それとも有罪か、そこには驚きの結末が待受けていた。

映画【オフィシャル・シークレット】作品解説

(C)2018 OFFICIAL SECRETS HOLDINGS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

この映画は2019年に公開されたアメリカとイギリスの合作映画です。

マルシア・ミッチェルとトーマス・ミッチェルが2008年に発表したノンフィクション「The Spy Who Tried to Stop a War」が原作となっています。

実際に起こった、イラク戦争前夜のリーク事件が取り扱われており、イラク戦争の不当性を訴えている映画です。

イギリスの諜報機関で働く女性が、イラク戦争に関する政府の陰謀を察知するところからこの映画は始まります。

彼女は諜報機関員としての仕事か、それとも人としての在り方かどちらを取るか悩みますが、戦争を起こさないために自分が起訴されるリスクを冒してまで事実をリークしました。

リークされたのは国家機密でありそのことは重罪に当たりますが、イギリス国民のみならずイラクの人々を守るため法律に背く道を選びます。

彼女はかつて広島で英語を指導していた経験もあり、その時に原爆の恐ろしさを知り、その経験からも戦争をどうにか止めようとしたのもしれません。

公開後の批評家からも好意的に評価されており、映画批評集積サイトのRotten Tomatoesにおいても批評家支持率は83%を記録しています。(2020年7月10日現在)

キャスト紹介

キャスト

キーラ・ナイトレイ(キャサリン・ガン)

マット・スミス(マーティン・ブライト)

マシュー・グード(マシュー・グード)

レイフ・ファインズ(ベン・エマーソン)

解説

主演を務めるのはキーラ・ナイトレイです。

幼少から演技に興味を持ち、7歳でテレビに初主演、9歳の時に映画デビューします。

1999年、「スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス」でパドメ・アミダラの影武者として脚光を浴び、その後「パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち」のヒロインに抜擢されます。

2005年、「プライドと偏見」でアカデミー主演女優賞とゴールデングローブ賞の最優秀主演女優賞にノミネートされ。2014年には「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」でアカデミー助演女優賞にノミネートされました。

その他の出演作に2002年「ベッカムに恋して」、2003年「ラブ・アクチュアリー」、2011年「危険なメソッド」などがあります。

マーティン・ブライトはマット・スミスが演じます。

イギリスのイーストアングリア大学で演劇を学び、ナショナル・ユース・シアターやロイヤル・コート、ナショナル・シアターといった舞台に立ちます。

2006年に「The Ruby in the Smoke」にてTVドラマ初出演、2010年BBCの長寿ドラマ「ドクター・フー」の11代目ドクター・フーに史上最年少の26歳で大抜てきされ、ブレイクしました。

2010年に「愛を複製する女」で本格的な映画デビューを果たし、その後2014年「ロスト・リバー」や2015年「ターミネーター:新起動 ジェニシス」などに出演しています。

見どころ紹介&こんな人におすすめ

(C)2018 OFFICIAL SECRETS HOLDINGS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

この映画の見どころは、実際の事件が描かれている点です。

実在する事件だからこそ感じられる緊張感、そして戦争を防ぐため自分の正義を貫くキャサリン・ガンの姿に教わることのたくさんある映画です。

この映画は、ノンフィクションの映画が好きな方、また今までイラク戦争などりあまり関わってこなかった若い世代の方にお勧めしたい映画です。

まとめ

以上が「オフィシャル・シークレット」のあらすじと見どころになります。

勇敢な女性の決断と、それにより影響を受けたイギリス、そして彼女が裁判でどうなってしまうのか確認するために是非映画館に足を運んでみてください。

ムビチケも発売中のようなので、気になる方は事前に購入するのがお勧めです。