映画あらすじ

映画【望み】あらすじキャスト見どころ!子供を信じる父と母の葛藤を描くサスペンス映画

雫井脩介の同名小説を映画化したサスペンスドラマ作品、「望み」が2020年10月に公開となります。

堤真一と石田ゆり子が夫婦役を演じ、堤幸彦が監督を務めています。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!

映画【望み】作品概要

(C)2020「望み」製作委員会

公開日(日本):2020年10月

原作:雫井脩介

監督:堤幸彦

脚本:奥寺佐渡子

主題歌:森山直太朗

作品概要

「検察側の罪人」などで知られる雫井脩介のベストセラー小説を映画化した作品です。

堤幸彦監督と堤真一が初のタッグを組み、「八日目の蝉」の奥寺佐渡子が脚本を手掛けました。

幸せな家族の息子がある日事件に巻き込まれ行方知れずとなり、息子に帰ってきてほしい母と息子の無実を信じる父親の葛藤が描かれます。

予告動画

映画【望み】あらすじ(ネタバレなし)

(C)2020「望み」製作委員会

一級建築士である石川一登と、校正者である妻の貴代美、そして高校生の息子の規士と中学生の娘の雅。

幸せそのものともいえる家族4人はスタイリッシュな高級邸宅で平和に暮らしていた。

しかし息子の規士は怪我でサッカー部を辞めてしまって以来、遊び仲間が増えて無断外泊をすることが多くなっていった。

そしてある日、規士は家を出たきり帰ってこなくなり連絡も通じなくなり、さらに規士の同級生が殺害されたニュースが流れてくる。

警察から規士が事件に関わっている可能性が高いとされ動揺する一登と貴代美。

行方不明となっているのは3人で、その内犯人と疑われている逃走中の少年は2人と言われている。

規士は犯人なのか、それとも被害者なのか。

犯人であっても息子に生きていてほしいと願う貴代美と、被害者であっても彼の無実を信じたい一登であったが・・・。

映画【望み】作品解説

(C)2020「望み」製作委員会

この映画は人気作家である雫井脩介の小説が原作となっています。

雫井脩介は2000年に「栄光一途」でデビューし、その後2004年の「犯人に告ぐ」で2004年版「週刊文春ミステリーベスト10」で第1位、2005年「このミステリーがすごい!」で第8位に選ばれて一躍有名となります。

これまでも映像化作品を多く手掛けており、2016年の連続ドラマ「火の粉」や2019年「仮面同窓会」、また2007年の映画「クローズド・ノート」や2018年の「検察側の罪人」などが有名です。

本作は執筆する際に最も悩み苦しみ抜いたという渾身の作品であり、読者満足度は驚異の100%を記録、累計発行部数は15万部超えるベストセラーとなっています。

そんな本作を手掛けたのはこれまで多くのヒット日本映画を手掛けてきた堤幸彦です。

「20世紀少年」や「BECK」、また「トリックシリーズ」や「SPECシリーズ」などのヒット作を持っている堤幸彦監督はプロデューサーからこの企画を持ち掛けられ、原作を読み惚れ込み映画化を熱望したといいます。

脚本を手掛けた、「八日目の蝉」や「おおかみこどもの雨と雪」などで知られる奥寺佐渡子は脚本作りに4年という歳月をかけたといいます。

主題歌はシンガーソングライターの森山直太朗が担当することが決定しており、この映画のために新曲「落日」を書き下ろしたそうです。

キャスト紹介

キャスト

堤真一(石川一登)

石田ゆり子(石川貴代美)

岡田健史(石川規士)

清原果耶(石川雅)

解説

主演を務めるのは堤真一です。

1987年にドラマ「橋の上においでよ」でデビューを果たし、1989年に「バカヤロー!2」で映画に初出演します。

2000年のドラマ「やまとなでしこ」の大ヒットにより知名度を上昇させ、2005年「ALWAYS 三丁目の夕日」で日本アカデミー賞の最優秀助演男優賞を受賞しています。

その後同シリーズの続編への出演や、2008年「クライマーズ・ハイ」、2015年「神様はバリにいる」、2019年「決算!忠臣蔵」など多くの映画で主演を演じています。

妻貴代美を演じるのは石田ゆり子です。

1988年にドラマ「海の群星」でデビューし、人気ドラマ「101回目のプロポーズ」などにも出演します。

映画デビューも1988年の「悲しい色やねん」であり、2004年に「北の零年」で日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞しています。

他出演作に2010年「サヨナライツカ」、2019年「記憶にございません!」「マチネの終わりに」などがあります。

息子の規士は岡田健史が演じています。

2018年のドラマ「中学聖日記」で主人公の相手役に抜擢され俳優デビュー、「週刊ザテレビジョン」主催の第99回ドラマアカデミー賞助演男優賞を受賞します。

2019年にスペシャルドラマ「博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?」でドラマ初主演、2020年にはスクリーンデビュー作「弥生、三月-君を愛した30年-」を含む5つの映画作品が公開されています。

娘の純を演じるのは清原果耶です。

2014年に「アミューズオーディションフェス2014」でグランプリを受賞し芸能界入りし、2015年にNHK連続テレビ小説「あさが来た」で女優デビューします。

2019年には2度目となるNHK連続テレビ小説「なつぞら」への出演、また「螢草 菜々の剣」で時代劇初出演しています。

今年は映画5作品の公開を抱えており、また来年のNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」でヒロインを務めることが決定しています。

見どころ紹介&こんな人におすすめ

この映画の見どころは、事件に巻き込まれてしまった息子に対する夫婦の想いの違いです。

息子が殺人事件の被害者か・それとも加害者かという疑問が持ち上がったときに被害者である可能性がある、と息子の無実を信じる父親と加害者でもいいから生きていてほしいという母親の想いが衝突します。

どちらが正しいというわけでもないですが、究極の2択を突きつけられた家族の葛藤と、そしてどちらの結末を迎えるのでしょうか。

雫井脩介作品のファンの方、サスペンスストーリが好きな方にお勧めしたい1作です。

まとめ

以上が「望み」のあらすじと見どころになります。

究極の選択肢について考えさせられる本作、自分であればどちらの選択肢を選ぶのかということを考えながらみるのもお勧めです。

原作小説も絶賛発売中なので、映画を観る前に読んでみるのもお勧めです。