映画あらすじ

映画【人数の町】あらすじキャスト見どころ!離れることのできない町で繰り広げられるミステリーとは

衣食住が保証されている謎の町を舞台にしたディストピアミステリー映画「人数の町」が2020年9月4日に公開となります。

中村倫理が主演を務め、荒木伸二監督の長編映画デビュー作でもあります。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!

映画【人数の町】作品概要

(C)2020「人数の町」製作委員会

公開日(日本):2020年9月4日

上映時間:111分

監督:荒木伸二

脚本:荒木伸二

製作総指揮:木下直哉

作品概要

松本人志出演の「タウンワーク」のCMなどを手掛けたことで知られる荒木伸二の長編映画初監督作品です。

衣・食・住が保証された謎の町に誘われた男が体験する不思議な出来事を描きました。

人気俳優中村倫理が主演を務め、石橋静河や立花恵理らが共演しています。

予告動画

映画【人数の町】あらすじ(ネタバレなし)

(C)2020「人数の町」製作委員会

借金で首が回らなくなり、借金取りに追われて暴行を受けていた蒼山は、黄色いツナギを着た謎のヒゲ面の男に助けられる。

その男は蒼山のことを「デュード」と呼び「居場所」を用意してやると言いだす。

彼の言葉を信じてたどり着いた先は奇妙な「町」であった。

その「町」ではパーカーを着させられ、また暮らしていくために必要なバイブルを読むように指示される。

また住民たちはツナギを着た「チューター」と呼ばれる者に管理され、衣食住を保証される代わりに簡単な労働が課せられる。

また、「町」の社交場であるプールで繋がった者と快楽を貪ることすらできるのだ。

与えられる労働はネットへの書き込み、別人を装って選挙投票するなどの作業であるが、果たして何のためにさせられているのか。

住民たちは何も知らされず、また深く考えることもなくただ労働を受け入れ、奇妙な「町」での時間は過ぎていく。

そんなある日、蒼山は新しく住民になったという紅子と出会う。

彼女は行方不明になった妹をこの「町」に探しに来たのだという。

他の住民たちとは異なる彼女の想い詰めた様子が気になる蒼山だが・・・。

映画【人数の町】作品解説

(C)2020「人数の町」製作委員会

この映画は、映画配給会社であるキノフィルムズを擁する木下グループが、映画業界の新たな才能発掘を目的として2017年に開催した第1回木下グループ新人監督賞にて準グランプリ受賞作品を映画化したものです。

主人公は衣食住と快楽を与えられる不思議な「町」へと連れていかれ、その「町」で起こる出来事が映画のメインとして描かれています。

そこは出るのも入るのも自由であるが、逃げることはできないと「町」と言われており多くの不思議な習慣や独特なルールが主人公を待ち受けています。

そんな本作の監督・脚本を務めるのはCMプランナーとして知られている荒木伸二です。

これまではクリエイティブディレクターとして数々のCMやMVを手掛けてきており、ダウンタウンの松本人志が出演したタウンワークのCMなどが代表作です。

その活躍の傍らシナリオを学び、テレビ朝日21世紀シナリオ大賞優秀賞、シナリオS1グランプリ奨励賞、伊参映画祭シナリオ大賞スタッフ賞、MBSラジオドラマ大賞優秀賞などの受賞歴があります。

上述した第1回木下グループ新人監督賞において、応募総数241作品の中から準グランプリに選ばれた本作にて初の長編映画の演出に挑んでいます。

キャスト紹介

キャスト

中村倫理(蒼山哲也)

石橋静河(木村紅子)

立花恵理(末永緑)

山中総(ポール)

解説

主演を務めるのは中村倫理です。

2005年に映画「七人の弔」で俳優としてデビューしており、翌年に「黄昏」で初舞台を踏んでいます。

2009年のNHK大河ドラマ「天地人」や2011年に「勇者ヨシヒコと魔王の城」、翌年「高校入試」などに出演しました。

映画では2007年「俺は、君のためにこそ死ににいく」や2009年「沈まぬ太陽」を経て2011年に「SPINNING KITE」で初主演を果たしています。

2018年に連続テレビ小説「半分、青い。」に出演したことで知名度をあげ、2020年の「美食探偵 明智五郎」でゴールデン・プライム帯連続ドラマで初主演し話題を呼びました。

近年出演の映画に2018年「孤狼の血」、2019年「屍人荘の殺人」、2020年「水曜日が消えた」などがあります。

木村紅子を演じるのは石橋静河です。

2009年からアメリカとカナダにバレエ留学し、その後コンテンポラリーダンサーとして活動を始めます。

2015年から役者として舞台や映画へ活動の幅を広げ、2016年に舞台「逆鱗」に出演しました。

2017年は映画「PARKS パークス」、「うつくしいひと サバ?」などの出演や映画初主演作となる「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」でブルーリボン賞の新人賞などを獲得しています。

見どころ紹介&こんな人におすすめ

(C)2020「人数の町」製作委員会

この映画の見どころは、奇妙な「町」のがなんのために存在しているのかという謎に迫っていく点です。

おかしなルールや「離れられない町」と言われている理由など気になる点が多くありますが、果たして主人公はその謎を解き明かすことはできるのでしょうか。

241本という応募作の中から選ばれた準グランプリ作ということで期待が持てる1作と言えそうです。

ディストピアの趣向の映画、不思議な雰囲気の映画が好きな方に是非お勧めしたい1本です。

まとめ

以上が「人数の町」のあらすじと見どころになります。

今公開されている予告だけでは映画のストーリーが全く予想できない本作、是非劇場にその謎を確認しに行ってみてください。

ムビチケも好評発売中のようなので観に行く方は事前に購入がお勧めです。