映画あらすじ

映画【燃えよ剣】あらすじキャスト見どころ!司馬遼太郎の名作小説、54年ぶりの映画化

司馬遼太郎の名作歴史小説の映画化作品「燃えよ剣」が2020年5月22日にスクリーンで公開となります。

主人公土方歳三を岡田准一が演じ、原田眞人が監督を務めました。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!

映画【燃えよ剣】作品概要

(C)2020「燃えよ剣」製作委員会

公開日(日本):2020年5月22日

上映時間:148分

原作:司馬遼太郎

監督:原田眞人

脚本:原田眞人

制作:市川南、佐野真之

作品概要

日本が誇る小説家、司馬遼太郎の傑作と言われている「燃えよ剣」が新たに映画化されることとなりました。

怒涛の幕末時代を生きた土方歳三と新選組隊士の姿を描きます。

岡田准一が主役を務めた他、鈴木亮平、山田涼介、伊藤英明などの有名俳優達がキャストに集いました。

映画【燃えよ剣】あらすじ(ネタバレなし)

時代は江戸時代の末期。

突然現れた黒船の来航により200年以上続いた江戸幕府は窮地を迎えていた。

外国から日本を守るため、幕府の権力を回復させようとする佐幕派と、天皇を中心に置き新政権を目指す討幕派の対立は日々深まりつつあった。

武州多摩の農家に生まれた土方歳三は「武士になりたい」という思いを持ち、その思いを叶えるため同じ道場の同志、近藤勇・沖田総司らとともに京都へと向かう。

彼らは京都にて徳川幕府の後ろ盾で「新選組」を結成し、芹沢鴨を局長にたて、土方自身は「鬼の副長」と隊士に恐れられながら討幕派の制圧のため京都の町で活躍する。

しかし時代は時々刻々と変わっていき、彼らを取り巻く環境も日々変化を見せはじめる。

映画【燃えよ剣】作品解説


この映画のテーマである「新選組」はおそらく日本の歴史上最も有名な組織の1つです。

幕末の江戸時代に江戸幕府を補佐するために結成された組織であり、当時の反幕府が思想として掲げていた「尊王攘夷」を支持する志士たちの取締を行っていました。

彼らは京都市中を警護するために志願者によって作成された組織であり、「池田屋事件」などの活躍でその名は広く知られていました。

その活動期間は約6年とあまりにも短い期間ながらも彼らの活躍や、彼らが持っていた強い意志は後世の人々に語り継がれ、今でも非常に高い人気を誇っています。

そんな新選組を題材にした作品は数多くありますが、その中でも司馬遼太郎の「燃えよ剣」は最も有名な作品であろうと言われています。

「燃えよ剣」の発行以前は新選組は逆賊と捉えられており、人気もあまりありませんでした。

しかし彼の小説により新選組の世間のイメージはかわり、現在まで続く新選組の人気を確立しており、また現在様々な作品で登場する新選組隊士達のキャラクターや性格もこの作品により基礎が作り上げられたとまで言われています。

キャスト紹介

キャスト

岡田准一(土方歳三)…冷酷かつ冷静な新選組の副長、通称「鬼の副長」。

鈴木亮平(近藤勇)…新選組の局長として多くの隊員から慕われている。

山田涼介(沖田総司)…新選組の一番対隊長。天才剣士。

柴咲コウ(お雪)…土方と恋に落ちる女性。

解説

映画の主役を務めるのは岡田准一です。

ジャニーズ事務所のグループV6のメンバーの1人であり、デビューは1995年、デビュー以来音楽活動のほかバラエティ番組などで活躍します。

俳優業を始めたのは1997年のTVドラマ「D×D」であり、その後「木更津キャッツアイ」のドラマと映画、映画「COSMIC RESCUE」や「タイガー&ドラゴン」、「SP 警視庁警備部警護課第四係」などの人気作で活躍します。

2013年に主演した「永遠の0」では日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞するなど、その演技力は高く評価されています。

身体能力がかなり高く、「SP」シリーズや「図書館戦争」シリーズで本格的なアクションを披露しており、今回の作品でも彼が演じてくれる殺陣はかなり期待の高い見どころポイントの一つと言えそうです。

局長の近藤勇は鈴木亮平が演じました。

芸能界デビューは2006年の日本の水着業界初のキャンペーンボーイに選ばれたことであり、その後TVドラマ「レガッタ」で演技デビューします。

2007年に「椿三十郎」で映画に初出演し、それ以降ドラマや映画に出演し、2013年に「HK 変態仮面」でタイトルロールを務めたことで話題となります。

2014年にはNHK連続テレビ小説「花子とアン」に出演したことで知名度と人気が急上昇し、2015年には6作品もの映画作品に出演しています。

今回の役のオファーを受けた際に、以前NHK大河ドラマ「西郷どん」で西郷隆盛を演じたことから、当時敵対関係にあった新選組の局長を演じることに抵抗もあったと語っています。

沖田総司を演じるのは山田涼介です。

ジャニーズ事務所の「Hey! Say! JUMP」のメンバーであり、グループとしてデビュー前のジャニーズJr.時代の2006年にTVドラマ「探偵学園Q」に出演しています。

多くのTVドラマに主演として出演しており、2009年の「左目探偵EYE」や2012年の「金田一少年の事件簿」、2018年の「もみ消して冬 わが家の問題なかったことに」などがあります。

スクリーンデビューは2015年の「映画 暗殺教室」であり、同映画で第39回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しています。

2020年には本作の他、「記憶屋 あなたを忘れない」で主演を務めました。

見どころ紹介&こんな人におすすめ


この映画の見どころは怒涛の幕末時代を生きた新選組隊士達の想いと、また「鬼の局長」と呼ばれた恐れられた男土方歳三の生き様です。

前回の映画化から実に54年という月日が経っていますが、今でも高い人気を誇る新選組のどこが人々を惹きつけるか、この映画を観ることでその秘密を知ることができると思います。

新選組ファンの方には絶対見逃せない作品になっていることは間違いありませんが、もし新選組に触れた事があまりない人やこれまで人気なことに疑問を持つ方がいたら是非観に行ってみてください。

現代では難しくなってしまった、人生をかけて一つの事を貫き通すという美学がこの映画にはあります。

まとめ

以上が「燃えよ剣」のあらすじと見どころになります。

かつて日本に存在していた武士道、彼らの生きざま、抱えていた想い、そして迎える結末を見逃さないようにしてください。

原作の「燃えよ剣」も新装版が発売されているみたいなので、是非書店で探してみてください。

小説を読んでからこの作品を見ると、より奥深い設定やストーリを知ることができ、映画の内容をより深く理解できること間違いありません。

この記事のURLをコピーする