映画あらすじ

映画【みをつくし料理帖】あらすじキャスト見どころ!角川春樹監督作品、大人気時代劇小説初の映画化

角川春樹監督が長編映画8作目として手掛けた作品「みをつくし料理帖」が2020年10月16日日に公開となります。

同名ベストセラー小説の実写化作品であり、松本穂香が主演を務めています。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!

映画【みをつくし料理帖】作品概要

(C)2020 映画「みをつくし料理帖」製作委員会

公開日(日本):2020年10月16日

上映時間:131分

原作:高田郁

監督:角川春樹

脚本:江良至、松井香奈、角川春樹

制作:角川春樹

作品概要

高田郁による同名人気小説を実写映画化した時代劇映画です。

江戸で大阪出身の女料理人として活躍する女性を松本穂香が演じ、彼女の料理に対する情熱と友情を描いています。

映画プロデューサーとしても活躍した角川春樹が手掛けた作品としても話題となっており、奈緒や中村獅童が共演しています。

予告動画

映画【みをつくし料理帖】あらすじ(ネタバレなし)

(C)2020 映画「みをつくし料理帖」製作委員会

享和2年の大阪で8歳の澪と野江は姉妹のように仲の良い幼馴染として育つ。

しかし大阪の町を襲った大洪水にて2人の仲は引き裂かれてしまい、澪は両親を失ってしまう。

偶然通りかかった天満一兆庵の女将である芳に澪は拾われるが、野江の消息はつかめぬままだった。

それから10年、江戸にある蕎麦屋「つる家」で澪は働いていた。

大阪出身であったため江戸の人の舌にあわせた料理を作ることに苦労もした澪であったが、「食は人の天なり」という言葉を知り江戸の味に合わせた料理が作れるようになる。

常連客から太鼓判も押されるがどこか自信の持てない澪は吉原で行われる祭りに繰り出し、吉原が作り上げた幻の花魁とも呼ばれるあさひ太夫の存在を知る。

また、吉原で食べた酢醤油の心太からヒントを得、「つる家」で新たな心太を作り店を繁盛させることに成功させた澪は店の主である種市から店を継いでほしいと頼まれるまでになる。

そんな澪の評判を聞きつけて、ある日怪しげな影をまとった男が訪ねてくる。

彼は「ある方の故郷をしのぶよすがに」と茶碗蒸しを求めてくるが、そのある方とは、幻の花魁のあさひ太夫であった。

映画【みをつくし料理帖】作品解説

(C)2020 映画「みをつくし料理帖」製作委員会

この映画は髙田郁による人気の日本の時代小説シリーズが原作となっています。

全10巻が刊行されており、2009年5月の第1作に始まり、2014年の8月の第10作目となる「天の梯 みをつくし料理帖」で完結されています。

江戸を舞台に大阪出身の料理人の澪が、東西の味の好みに苦しみながらも成功の道を見つけ、料理人として人々を幸せにする様子が描かれています。

また、江戸の食事情についても盛り込まれており、作中の料理を著者が再現したレシピも盛り込まれており、第1作の刊行当初より書店員から多くの支持を受けた小説です。

2009年の「歴史・時代小説ベスト10」や「最高に面白い本大賞! 文庫・時代部門」、「第2回R-40本屋さん大賞 文庫部門」で第1位を獲得、その後シリーズ累計発行部数400万部を超える大ヒットシリーズとなりました。

2012年および2014年にテレビ朝日にて北川景子主演でスペシャルドラマ化され、2019年にて黒木華主演で連続ドラマと過去に何度か映像化されており、この10月ついに松本穂香主演で映画化されることとなりました。

本映画では第3巻までのストーリーがメインに取り扱われているということです。

監督を務めるのは、これまで映画「犬神家の一族」や「セーラー服と機関銃」など1970年代から1980年にかけて娯楽映画の在り方を映画プロデューサーとして革命的に変えてきた角川春樹です。

監督作品としては前作から実に10年ぶり8作品目であり、生涯最後と言われている本作をその確かな情熱をもって完成させました。

キャスト紹介

キャスト

松本穂香(澪)

奈緒(野江)

若村麻由美(芳)

浅野温子(おりょう)

窪塚洋介(小松原)

小関裕太(永田源斉)

解説

主演は松本穂香が演じています。

2015年にロッテの「LOTTE SWEET FILMS」の1編として制作された短編映画「MY NAME」で女優デビューを果たします。

同年、「風に立つライオン」で長編映画に初出演翌年に初舞台「ヨミガエラセ屋」で主演を務めます。

映画「青空エール」や、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」などに出演したことで注目を浴び、2018年には「恋は雨上がりのように」など映画4作品に出演するなど活躍しています。

奈緒は野江を演じています。

元々は地元福岡のローカル情報番組などで活躍し、2016年に「雨女」で映画デビューを果たします。

2018年にNHK連続テレビ小説「半分、青い。」に出演したことで注目を浴び、翌年「のの湯」ではドラマ初主演を務めました。

また、同年の人気ドラマ「あなたの番です」の出演や映画初主演作「ハルカの陶」、2020年「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」などに出演しています。

見どころ紹介&こんな人におすすめ

(C)2020 映画「みをつくし料理帖」製作委員会

この映画の見どころは、若手女優松本穂香と奈緒が演じる演じる澪と野江が紡ぐ友情です。

離れ離れになってしまい全く別の人生を歩んできたがお互いに支えあっている強い友情を熱演しています。

また、角川春樹最後の監督作品ということで、かつての角川映画に出演した豪華メンバーが集結しているのも見どころの1つと言えそうです。

この映画は時代劇が好きな方のみならず、女性同士の友情がメインでありかつ料理という観点から江戸の町を知ることができるため時代劇に少し抵抗があるという方にもとても見やすい作品となっています。

まとめ

以上が「みをつくし料理帖」のあらすじと見どころになります。

江戸時代の食文化について触れることができ、さらに女性の強い友情の絆を描いた本作は角川春樹監督の最後の映画監督作品でもあります。

是非見逃さないように、公開されたら劇場に足を運んでみてください。

Twitterで素敵な商品が当たる料理のシェアキャンペーンをやっているみたいなので、気になる方はこちらもチェックしてみてください。