映画あらすじ

映画【ミッドナイトスワン】あらすじキャスト見どころ!トランスジェンダーの主人公と疑似娘との愛の物語

草なぎ剛が主人公を演じる映画「ミッドナイトスワン」が2020年9月25日に公開となります。

内田英治監督のオリジナル脚本作品であり、新人の服部樹咲や水川あさみらが共演しています。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!

映画【ミッドナイトスワン】作品概要

(C)2020「MIDNIGHT SWAN」FILM PARTNERS

公開日(日本):2020年9月25日

監督:内田英治

脚本:内田英治

音楽:渋谷慶一郎

作品概要

草なぎ剛がトランスジェンダーの役を演じたという、役者としての新たな挑戦作でもある映画です。

「全裸監督」の内田英治監督によるオリジナル脚本ということでも注目されています。

トランスジェンダーの主人公と、親の愛を知らない少女の疑似親子的愛を描きました。

予告動画

映画【ミッドナイトスワン】あらすじ(ネタバレなし)

(C)2020「MIDNIGHT SWAN」FILM PARTNERS

新宿にあるニューハーフショークラブ、「スイートピー」で働く凪沙。

トランスジェンダーである凪沙はメイクし、ステージ衣装に身を包み今日もホールに立つ。

洋子ママが白鳥に扮した凪沙、瑞貴、キャンディ、アキナをステージに呼びこむなど、ホールはいつも煌びやかな雰囲気に満ちていた。

広島のアパートでは、泥酔した母親である早織が住人に因縁をつけていた。

母をなだめようとする一果に対し、「生意気言うとるんなあ!あんたのために働いとるんで!」と激しく殴りつける早織。

心身の葛藤を抱えながら生きている凪沙の元にある日、故郷の広島から親戚の娘である一果が預けられる。

叔父だと思い訪れてきた一果は凪沙の姿を見て戸惑い、凪沙は「好きであんたを預かるんじゃない」と言い捨てる。

こうして2人の奇妙な同居生活が始まる。

一果は学校で凪沙の事を男子から中傷され、椅子を投げつけたため凪沙は学校から呼び出しを受ける。

「私に迷惑をかけないでください。」と凪沙はまたも冷たく言い放つ。

そんなある日、一果はバレエ教室の前を通りかかり、バレエの先生・実花に呼び止められ、バレエレッスンに参加することとなる。

しかしバレエの月謝が払えない一果は友人の薦めで違法なバイトを行い、警察に保護されることになる。

家庭環境を中傷され、傷つく一果を凪沙は優しく慰める。

やがてバレリーナとして一果に才能があることを知らされた凪沙は彼女のために生きようとする。

いつの間にか、凪沙には「母になりたい」という思いが芽生えていた。

映画【ミッドナイトスワン】作品解説

(C)2020「MIDNIGHT SWAN」FILM PARTNERS

これまでも様々な作品で活躍してきた草なぎ剛が、新たに「トランスジェンダー」という難しい役どころに挑戦したことで話題となっているヒューマンドラマ映画です。

新宿に生きるトランスジェンダ-の主人公と、育児放棄にあってしまった少女がともに暮らし、家族という愛が芽生えていくストーリです。

監督である内田英治も主人公に草なぎ剛が選ばれたことについて、本当にうれしいと語っており、草なぎ剛の役者人生において大きなチャレンジ作品に仕上がっています。

監督である内田英治はTVのアシスタント・ディレクターを務めたあと、1999年にドラマ「教習所物語」で脚本家デビュー、2004年に「ガチャポン!」で映画監督デビューを果たしています。

2014年の「グレイトフルデッド」で海外映画祭に初出品をし、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2013やレインダンス映画祭、ブリュッセル・ファンタスティック国際映画祭などの多くの国際映画祭で上映され話題となりました。

続く「下衆の愛」でも東京国際映画祭、ロッテルダム国際映画祭など30以上の海外主要映画祭にて上演され、海外映画祭サイトTaste of Cinema2016では日本映画祭部門の5位にランクインするなど国外で高い評価を受けています。

去年Netflix配信のドラマ「全裸監督」を手掛けたことでも大きく話題となっており、本作も内田英治のオリジナル脚本作品ということで注目が高まっています。

また、ヒロインの一果役には、バレエ経験を前提としたオーディションの末、服部樹咲が抜擢されています。

本作が女優デビューとなり、演技も初めてだという彼女がどのように一果を表現するのでしょうか。

キャスト紹介

キャスト

草なぎ剛(凪沙)

服部樹咲(桜田一果)

水川あさみ(桜田早織)

田口トモロヲ(洋子ママ)

真飛聖(片平実花)

解説

主演は草なぎ剛です。

かつてジャニーズ事務所に所属しており、1991年のデビュー以来アイドルグループとして長年第一線で活躍してきました。

多くのヒット曲を持ち国民的アイドルとして活躍する一方、1997年のドラマ「いいひと」、2003年「僕の生きる道」や映画界では2002年「黄泉がえり」、2006年「日本沈没」、2010年「僕と妻の1778の物語」などに出演しています。

2017年にオフィシャルファンサイト「新しい地図」を立上げ、その後自身の主演映画を含むオムニバス映画「クソ野郎と美しき世界」は2週間の限定公開にも関わらず28万人以上を動員する大ヒットを記録しています。

近年の出演作に2019年「まく子」や「台風家族」などがあります。

一果役を演じるのは服部樹咲です。

4歳の頃からバレエを習い始め、第76回NAMUEバレエコンクール名古屋 第1位、平成29年・30年ユースアメリカグランプリ日本ファイナル進出、NBAジュニアバレエコンクール東京2018 第1位などの成績を収めています。

演技の経験は未経験ということですが、一果役には数百人のオーディションの中から選ばれており、彼女がどのようにヒロインを演じるのかも注目が高まっています。

見どころ紹介&こんな人におすすめ

(C)2020「MIDNIGHT SWAN」FILM PARTNERS

本作の見どころは、草なぎ剛が難しい役どころに新たなにチャレンジしている点、そして多様化する現代社会における様々な愛の形が描かれている点です。

トランスジェンダーであることで心身ともに悩みを抱えていた主人公ですが、一果と出会い守るべき人ができたことで変わっていきます。

また主人公とヒロインを取り巻く個性あふれるキャラクター達にも注目して観ていただきたいです。

多様化し変わっていく現代の社会を捉えている本作品、凝り固まった価値観にとらわれたくない方にお勧めしたい1作です。

まとめ

以上が「ミッドナイトスワン」のあらすじと見どころになります。

疑似親子の2人は常識を超え、愛を知り、どのような結末に辿り着くのか、是非劇場に確認しにいってみてください。

監督による書き下ろし原作小説も刊行されており、映画では描かれていない登場人物達のバックグラウンドなどが描かれているみたいなので、一足早く映画の世界に浸ることもお勧めです。