映画あらすじ

映画【mid90s ミッドナインティーズ】あらすじキャスト見どころ!ノスタルジックに鮮やかに90年代を描いた青春映画

ジョナ・ヒルが初監督を務めた作品、「mid90s ミッドナインティーズ」が2020年9月4日に公開となります。

サニー・スリッチが主演を務め、キャサリン・ウォーターストンやルーカス・ヘッジズがその家族を演じました。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!

映画【mid90s ミッドナインティーズ】作品概要

(C)A24 Distribution, LLC. All Rights Reserved.

公開日(日本):2020年9月4日

上映時間:85分

原題:Mid90s

監督:ジョナ・ヒル

脚本:ジョナ・ヒル

制作:ジョナ・ヒル、イーライ・ブッシュ、ケン・カオ、スコット・ルーディン、リラ・ヤコブ

作品概要

オスカーノミネート俳優でもあるジョナ・ヒルが初の監督、脚本を手掛けた青春ドラマ作品です。

監督自身が少年時代を過ごした1990年代のロサンゼルスを舞台に13歳の少年の成長を描きました。

「ルイスと不思議の時計」のサニー・スリッチが主演を務めています。

予告動画

映画【mid90s ミッドナインティーズ】あらすじ(ネタバレなし)

(C)A24 Distribution, LLC. All Rights Reserved.

物語の舞台は1990年代半ばのアメリカ、ロサンゼルス。

音楽やファッションなど、「クール」なものに憧れる13歳のスティーヴィーは兄であるイアン、そして母のダブニーと暮らしている。

年齢の割に小駄良のスティーヴィーは力の強い兄に全く歯が立たず、大きくなって兄を見返すことを夢見ていた。

ある日、街のスケートボード・ショップを訪れたスティーヴィーは店に出入りしている少し年上の少年たちと知り合うこととなる。

驚くほど自由でかっこいい彼らにスティーヴィーは憧れを抱き、近づこうとするが・・・・。

映画【mid90s ミッドナインティーズ】作品解説

(C)A24 Distribution, LLC. All Rights Reserved.

本作は過去に2度オスカーにノミネートされたことでも有名な実力派俳優ジョナ・ヒルが映画初監督・脚本を務めた作品です。

ジョナ・ヒルと言えば、2004年に、「ハッカビーズ」でスクリーンデビューし、その後複数作品を経て2007年の「スーパーバッド 童貞ウォーズ」でコメディ俳優として有名となります。

その後は演技の幅を広げるため、2011年の「マネーボール」、2013年の「ウルフ・オブ・ウォールストリート」でアカデミー助演男優賞にノミネートされました。

また、2012年の「21ジャンプストリート」、2014年の「22 Jump Street」では主演を務めながら脚本を手掛けるなど製作サイドでも活躍、今回の映画で初監督を務めることに至っています。

監督自身の半自伝的な意味合いも含む本作品は1990年代のロサンゼルスが舞台となっており、タッグを組んだのは今話題の映画スタジオ「A24」です。

近年話題となった「ミッドサマー」や、「レディ・バード」「ムーンライト」などのアカデミー候補作を世に送り出しているスタジオが手掛けた作品ということでも注目の集まっている1本となっています。

本国アメリカではナショナル・ボード・オブ・レビューのトップ10インディペンデント映画にも選出され、当初わずか全米4館でスタートしましたが最終的に1200館を超えるスクリーンで上映されたヒット作となっています。

また、主人公スティーヴィーのスケボー仲間たちは役者ではなく本物のスケーターを起用するなど、映画としてのリアリティにもこだわっています。

キャスト紹介

キャスト

サニー・スリッチ(スティーヴィー)

ルーカス・ヘッジズ(イアン)

キャサリン・ウォーターストン(ダブニー)

解説

主演を務めるのは、サニー・スリッチです。

俳優でもありプロのスケートボーダーとしても活躍しています。

映画では2015年「The Unsporken」、2017年「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」や2018年「ドントウォーリー」への出演歴があります。

また、ドラマでは2014年の「クリミナル・マインド」に出演しており、イーライ・ロス監督の「The House with a Clock in Its Walls」が今後の公開を控えています。

兄であるイアンを演じるのはルーカス・ヘッジズです。

10歳の時に「40オトコの恋愛事情」にエキストラ出演、その後2012年に「ムーンライズ・キングダム」で本格的な俳優デビューを果たします。

その後2013年の「とらわれて夏」「ゼロの未来」、2014年の「グランド・ブダペスト・ホテル」などの出演し、2016年に「マンチェスター・バイ・ザ・シー」に出演したことで脚光を浴びアカデミー助演男優賞にノミネートされます。

他2012年の「ムーンライズ・キングダム」や2014年の「グランド・ブダペスト・ホテル」に出演、今後の公開作に「WAVES/ウェイブス」があります。

見どころ紹介&こんな人におすすめ

(C)A24 Distribution, LLC. All Rights Reserved.

本作の見どころは、1人の少年の青春と成長していく姿、そしてその時代となっている90年代の雰囲気が映画全体に醸し出されている点です。

90年代の雰囲気をだすために全編16mmフィルムにこだわって撮影されており、また時代を象徴する懐かしのアイテム「スーパー・ファミコン」「カセットテープ」「ストリート・ファイター」など私達日本人にも懐かしいアイテムが登場します。

また、音楽はナイン・インチ・ネイルズのフロントマン、トレント・レズナーが手掛け、ニルヴァーナ、ピクシーズ、モリッシーなどの懐かしい曲たちが映画の雰囲気を盛り上げてくれます。

ノスタルジックな作品が好きな方、1990年代に青春時代を過ごした世代の方に是非お勧めしたい作品です。

まとめ

以上が「mid90s ミッドナインティーズ」のあらすじと見どころになります。

かつて青春時代を過ごした誰もがきっとどこか懐かしいと感じる映画であり、美しい映像と共に届けられる作品を是非劇場に観に行ってみてください。

クールなステッカー付のムビチケも発売中のようなので、是非チェックしてみてください。