映画あらすじ

映画【街の上で】あらすじキャスト見どころ!変わりゆく下北沢の町と共に描いた恋愛映画

今泉力哉監督のオリジナル脚本である「街の上で」が公開となります。

若葉竜也が映画単独初主演を務め、穂志もえからが共演しています。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!
この記事のURLをコピーする

映画【街の上で】作品概要

(C)「街の上で」フィルムパートナーズ

公開日(日本):未定

上映時間:130分

主題歌:ラッキーオールドサン

監督:今泉力哉

脚本:今泉力哉、大橋裕之

制作:遠藤日登思、K・K・リバース、坂本麻衣

作品概要

「愛がなんだ」で有名な今泉力哉監督が下北沢を舞台に描いた恋愛偶像劇です。

下北沢で働く1人の男性と4人の女性たちの出会いを描きました。

若葉竜也が主演を務める他、穂志もえか、古川琴音、萩原みのり、中田青渚が4人のヒロインを演じています。

予告動画

映画【街の上で】あらすじ(ネタバレなし)

(C)「街の上で」フィルムパートナーズ

下北沢の古着屋で働いている青年、荒川青。

彼は基本的にいつもひとりで行動をしていた。

たまにライブを観に行ったり、行きつけの古本屋や飲み屋に行ったり。

口数が特別多いわけでも、少ないわけでもない。

ただ彼の生活圏はとにかく異常に狭く、行動範囲も下北沢を出る事がない。

何故なら下北沢で全て事が足りてしまうから。

そんな彼の日常にふと「自主映画への出演依頼」という非日常の話が訪れる。

いざ出演することまでの流れと、出てはみたもののそれで何か日常が変わったとも思えない数日間。

そしてその過程で彼が出会う4人の女性たちを描いた映画。

映画【街の上で】作品解説

(C)「街の上で」フィルムパートナーズ

この映画は「愛がなんだ」「アイネクライネナハトムジーク」など作品で話題となっている今泉力哉監督のオリジナル脚本の映画です。

共同脚本に漫画家である大橋裕之を迎え、また映画のロケをオール下北沢で臨んだ作品です。

下北沢は時代によって変容する文化の街であり、下北沢映画祭からの依頼がきっかけで本作が作成されたようです。

今泉監督といえば。名古屋市立大学芸術工学部在学中から自主映画の制作を開始し、一度は大阪NSCに入学するもののお笑い芸人としての道を選ぶことなく上京して自主映画製作を再開させたという変わった経歴を持つ監督です。

2008年に映画「微温」で水戸短編映像祭のグランプリを獲得し、翌年「最低」でTAMA CINEMA FORUMのTAMA NEW WAVEを受賞します。

その後「たまの映画」で商業映画監督デビューを果たし、以降2019年「愛がなんだ」「アイネクライネナハトムジーク」、2020年「mellow」など話題作を次々と生み出しました。

近年は商業映画を多く作成している今泉監督ですが、本作は原点に立ち返りインディペンデント映画を完成させました。

監督の中では自由度の高い映画を作成したいという思いから本作の制作に取り掛かったようです。

また、本作の主題歌はラッキーオールドサンが手掛けています。

キャスト紹介

キャスト

若葉竜也(荒川青)

穂志もえか(川瀬雪)

古川琴音(田辺冬子)

萩原みのり(高橋町子)

中田青渚(城定イハ)

解説

主演を務めるのは若葉竜也です。

わずか1歳3か月の時に大衆演劇の「若葉劇団」で初舞台を踏み、1998年のNHK大河ドラマ「徳川慶喜」で慶喜の幼少期を演じ以降映像作品にも出演するようになります。

幅広い演技力で多くの作品に出演しており、ドラマでは2003年「菊次郎とさき」や2004年「4TEEN フォーティーン」、映画では2006年の「恋する日曜日」や2007年の「Mayu ココロの星」などに参加しています。

2016年の映画「葛城事件」で第8回TAMA映画賞 最優秀新進男優賞を受賞しており、また今泉監督作品の「愛がなんだ」にも出演しています。

川瀬雪を演じるのは穂志もえかです。

2016年に講談社主催の「ミスiD2016」に応募し約4000人の応募者からグランプリを受賞します。

翌年、ドラマ「100万円の女たち」で連続ドラマ初出演を果たし、ドラマ「ラジエ―ションハウス」、映画「放課後ソーダ日和 特別編」などに出演しています。

田辺冬子は古川琴音が演じます。

沖縄市のPR動画「チムドンドンゴザ」の主演オーディションに合格したことから芸能界入りしています。

出演作にドラマ「部活、好きじゃなきゃダメですか?」や「凪のお暇」や映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」や「チワワちゃん」などがあります。

また、短編映画「春」にて第2回 渋谷TANPEN映画祭CLIMAXat佐世保2018-19(2019年)主演女優賞を受賞しています。

萩原みのりは高橋町子を演じます。

芸能界入りしたきっかけは名古屋でスカウトされたことであり、2013年TVドラマ「放課後グルーヴ」で女優としての活動をスタートさせます。

2015年のTVドラマ「表参道高校合唱部!」で注目を集め、2016年の「ハローグッバイ」では久保田紗友とダブル主演を務めました。

城定イハは中田青渚が演じています。

2014年に「 第5回Sho-comiプリンセスオーディション2014」においてグランプリを受賞したことがきっかけで芸能事務所にスカウトされたことだそうです。

2016年「ラーメン大好き小泉さん2016新春SP」でドラマ初主演を果たし、2017年には「写真甲子園0.5秒の夏」にメインキャストとして出演しました。

見どころ紹介&こんな人におすすめ

(C)「街の上で」フィルムパートナーズ

この映画は、恋愛映画を作成することに定評のある今泉監督が、インディペンデント映画として自由度の高い状態で作成した恋愛映画というところです。

また、下北沢というサブカルチャーの発祥地でありかつ時代とともに変容を遂げている町に溶け込むように撮影された映像がどうマッチしているのかも気になるポイントです。

移り変わる街を舞台にして、監督自身が映画を通じて残したかった風景や人の想いをどのように表現したのか、是非劇場でチェックしてみてください。

この映画は恋愛映画が好きな方、また映画を通じて街の風景や在り方を感じたい方にお勧めの1本です。

まとめ

以上が「街の上で」のあらすじと見どころになります。

残念ながら公開は一度延期となってしまいましがた、続報に期待しながら公開日を待ちたいですね。

素敵なオフィシャルグッズも販売されているようなので、気になる方はチェックしてみてください。