映画あらすじ

映画【十二単衣を着た悪魔】あらすじキャスト見どころ!「源氏物語」の最強ヒロインと、現代を生きるフリータが出会うタイムスリップ映画

女優として活躍している黒木瞳の監督第2作、「十二単衣を着た悪魔」が2020年11月6日に公開となります。

内館牧子の長編小説が原作となっており、伊藤健太郎が主演を務めています。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!

映画【十二単衣を着た悪魔】作品概要

(C)2019「十二単衣を着た悪魔」フィルムパートナー

公開日(日本):2020年11月6日

上映時間:112分

原作:内館牧子

監督:黒木瞳

脚本:多和田久美

製作総指揮:木下直哉

作品概要

女優として第一線で活躍し続けている黒木瞳が監督としてメガホンをとった作品です。

内館牧子の長編小説「十二単衣を着た悪魔 源氏物語異聞」の実写映画化作品であり、源氏物語の世界に紛れ込んだ現代の青年の物語を描きます。

「今日から俺は!!」の伊藤健太郎が主演を務め、「ダンスウィズミー」の三吉彩花が共演しています。

予告動画

映画【十二単衣を着た悪魔】あらすじ(ネタバレなし)

(C)2019「十二単衣を着た悪魔」フィルムパートナー

日雇いのバイトとして、「源氏物語と疾患展」の設営に参加した伊藤雷。

彼はイベント会場に流れる「源氏物語」の登場人物紹介で「デキた弟・二宮」と「後塵を拝した長男・一宮」の関係を知り、シンパシーを感じる。

というのも彼の弟は頭脳明晰・眉目秀麗であり、かたや自分は就職試験59連敗中のフリータ、兼ねてからのコンプレックスを一層こじらせる日であったからだ。

更にそのバイトのあと恋人に振られてしまい、帰宅途中に近所の知り合いから弟が京大医学部に合格したことを教えてもらい彼の卑屈さは一層高まっていく。

祝賀会が開かれているであろう実家に帰ることもできず、家の周辺をあてもなくうろついているとき、空に雷鳴が轟き激しい雨に見舞われ、光に吸い込まれ気を失ってしまう。

目覚めたとき、彼はどういうわけか1000年以上前の平安時代、紫式部によって書かれた「源氏物語」の世界にいた。

タイムスリップしてしまった彼は当初不審者とみなされて牢屋に閉じ込められてしまうが、たまたま持っていた「源氏物語」のあらすじ本のおかけで世界観を把握することに成功する。

口からでまかせで陰陽師・伊藤雷鳴を名乗り、更に持っていた頭痛薬が皇妃に効いたことから後宮で重宝されることとなる。

皇妃は名を弘徽殿女御とい、逞しいハートと分析力で「一宮」である息子を帝にすべく野心に燃えていた。

皇位を争っているのは一流の男と呼ばれる「二宮」こと異母弟の光源氏。

雷は自分の境遇を「一宮」に重ねつつ、弘徽殿に翻弄されながらも運命を共にしようと決心する。

映画【十二単衣を着た悪魔】作品解説

(C)2019「十二単衣を着た悪魔」フィルムパートナー

この映画は内館牧子による長編小説「十二単衣を着た悪魔 源氏物語異聞」が原作となっています。

原作小説は2012年に幻冬舎から刊行され、その人気から2014年に文庫化もされています。

作者の内館牧子はこれまで小説家、そして脚本家として多くの名作を生み出してきており、本作のヒントとなったのは2006年のヒット映画「プラダを着た悪魔」に出演するファッション誌の敏腕女性編集長だといいます。

「源氏物語」のヒールキャラとして有名でヒステリックな悪女の代名詞とも言われる弘徽殿女御は実は現代でいうところのキャリアウーマンではないか、という新しい見立てでこの物語は描かれています。

本作の監督を務めるのは女優として長年第一線で活躍し続けている黒木瞳です。

長編映画監督は2016年「嫌な女」以降4年ぶり・2作目となり、原作は2012年に刊行された当時以来の長年の愛読書であるといいます。

キャスト紹介

キャスト

伊藤健太郎(伊藤雷)

三吉彩花(弘徽殿女御)

伊藤沙莉(倫子)

田中偉登(春宮)

沖門和玖(光源氏)

解説

主演を務めるのは伊藤健太郎です。

14歳でモデルとして活躍を始め、2014年にドラマ「昼顔 平日午後3時の恋人たち」で俳優デビューします。

翌年、「俺物語!!」でスクリーンデビューを果たし、以降2016年「ミュージアム」「14の夜」や2017年「チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」などの出演を得て「デメキン」で映画初出演を果たします。

2019年には第42回日本アカデミー賞新人俳優賞・話題賞 俳優部門を受賞し、2020年は映画だけでも6本の出演を果たしています。

弘徽殿女御は三吉彩花が演じています。

2010年にティーン向け雑誌「Seventeen」でミスセブンティーン2010に選ばれ、同志のトップモデルとして人気を誇ります。

女優業としては2012年に映画「グッモーエビアン!」、2013年「 旅立ちの島唄~十五の春~」に出演し第35回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞しました。

他の出演作に2019年「ダンスウィズミー」、2020年「犬鳴村」などがあります。

見どころ紹介&こんな人におすすめ

(C)2019「十二単衣を着た悪魔」フィルムパートナー

この映画の見どころは、「悪魔」との呼び声高い弘徽殿女御が「デキる女」として新しい見解で描かれていること、そして現代の知恵を持った雷が平安時代を生き抜いていく点です。

最初は生き残ることに必死な雷ですが、弘徽殿女御に出逢い彼女の強い志を知ることで自分を見つめなおし、少しずつ成長していきます。

歴史ものの映画が好きな方はもちろん、原作のヒントとなった名作映画「プラダを着た悪魔」のストーリーが好きな方に是非おすすめしたい作品です。

まとめ

以上が「十二単衣を着た悪魔」のあらすじと見どころになります。

歴史的名所「源氏物語」の内容を知ることができる面白さや、時空を超え自分の生き方を見つめなおし前に進んでいく主人公の姿、そして強くあり続ける女性弘徽殿女御の生き様など見どころたくさんの映画です。

原作となっている小説も長編で読み応えたっぷりの、読書の秋にぴったりの1冊です。

是非この機会に手に取ってみてください。