映画あらすじ

映画【いつくしみふかき】あらすじキャスト見どころ!複雑な人間ドラマを描いた渡辺いっけいの初主演作

渡辺いっけいの映画初主演作となる「いつくしみふかき」が公開となります。

大山晃一郎監督がメガホンを取り、企画者でもある遠山雄のW主演も決まっています。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!

映画【いつくしみふかき】作品概要

(C) 映画「いつくしみふかき」製作委員会

公開日(日本):未定

上映時間:107分

企画:遠山雄

監督:大山晃一郎

脚本:安本史哉、大山晃一郎

主題歌:タテタカコ

作品概要

「劇団チキンハート」主宰の俳優でもある遠山雄が、自身の知人をモデルに実話を基に描いた物語です。

様々な悪事を働く父親を持ち、父を知らぬまま母に甘やかされて育った息子と、その父親の共同生活を描きます。

ベテラン俳優の渡辺いっけい初の主演作でもあり、遠山雄や平栗あつみ、金田明夫らが共演します。

予告動画

映画【いつくしみふかき】あらすじ(ネタバレなし)

(C) 映画「いつくしみふかき」製作委員会

30年目、母の加代子の進一を出産中にあろうことか母の実家に盗みを働こうと押し入った父広志。

叔父が「最初から騙すつもりだったんだろ?」と銃を突きつけるも、牧師である源一郎が何とか止め、父の広志は村から追い出される。

父のいない家庭で進一は、母が知らないものを自分が持っているだけで母から「取ったの?この悪い血が!」と狂ってしまうのを見て、父は触れてはいけない存在と認識しながら育つ。

そして30年後、進一は大人になっていたが、母に甘やかされて育ち、母が見つけてくる仕事も続かない男になっていた。

その頃父の広志は舎弟を連れて人を騙しお金を巻き上げて暮らす生活をしていた。

ある日村で連続空き巣事件が発生し、進一は村人やなんと母からも「悪魔の子である進一の犯行に違いない、警察に突き出す前に出ていけ」と言われてしまう。

牧師のいる教会に駆け込んだ進一のもとに母が向かおうとするが、牧師から「来たら進一は変わらない」母を諭し追い返す。

一方父広志はまた事件を起こし、ある日牧師にお金を借りに来る。

牧師は広志に「しばらくうちに来たらどうだ?」と誘い、進一のことを「金持ちの息子」であるという嘘を吹き込む。

こうして進一と広志はお互いに実の親子であると知らないまま共同生活を送ることとなる。

映画【いつくしみふかき】作品解説

(C) 映画「いつくしみふかき」製作委員会

本作は「劇団チキンハート」主宰の遠山雄の親しい友人とその父親をモデルにして書いたという実話を基にした作品です。

本作を作成するきっかけとなったのは知人が葬儀で、父親をかばいながら謝罪していた姿が印象的であったことによるそうです。

実際に知人が住んでいたという、長野県の飯田市に劇団員が交代で住み込み、今回の映画化にこぎ着けたそうです。

2019年のゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019で観客賞である「ゆうばりファンタランド大賞」の作品賞を受賞し、カナダのファンタジア国際映画祭の長編初監督コンペティション部門にも出演した作品です。

監督である大山晃一郎にとっては2011年「ほるもん」、2013年「真夜中の昼下がり」などに続く3作目の作品であり、長編初監督作品となります。

大学卒業後映画の世界に進み、助監督として数多くの映画の製作現場で実践を積んできたそうです。

2011年に初監督として作成した短編映画「ほるもん」は2011年度ショートショートフィルムフェスティバルのNEOJAPAN部門に選出され、同団体が運営する「日本人若手監督育成プログラム」にも選ばれてるなど注目を集めました。

これまで携わってきた作品には「溺れるナイフ」「夜明けの街で」やテレビドラマ「ROOKIES」「刑事7人」などがあります。

キャスト紹介

キャスト

渡辺いっけい(広志)

遠山雄(進一)

金田明夫(源一郎)

平栗あつみ(加代子)

解説

この映画の主演を務めるのは渡辺いっけいです。

大阪芸術大学在学中に学生劇団だった「劇団☆新感線」に参加し、上京後は「状況劇場」に入団して俳優としてのキャリアをスタートさせます。

1992年にNHK連続テレビ小説「ひらり」に出演したことがきっかけとなり、TVドラマや映画などに活躍を広げ、名脇役として様々な役で活躍します。

人気シリーズ「ガリレオ」では主人公の個性的な助手を演じ、2008年の劇場版「容疑者Xの献身」にも出演し、他話題映画作に多く出演する一方で声優や舞台、ナレーションなど幅広い活躍をみせています。

これまで多くの映画やドラマで名バイプレイヤーとして活躍し、その名を広く知られていますが、意外にも本作が映画初主演作といいます。

W主演を務めるのは遠山雄です。

韓国のソウル志出身であり、日韓のハーフとして育ちます。

本作の監督でもある大山晃一郎らとともに「劇団チキンハート」を立ち上げ、4年半で一回の公演で3000人の動員に成功するなどの活躍をみせています。

見どころ紹介&こんな人におすすめ

(C) 映画「いつくしみふかき」製作委員会

この映画の見どころは、実話をベースにした人間ドラマが描かれているところではないでしょうか。

「悪魔」と呼ばれた父親と、父親を知らない息子の、フィクションでは描くことのできないリアルな感情や行動が伝わってきます。

親子をテーマにした作品は数多く存在しますが、これまでの映画作品では見られなかった親子の在り方を投げかけてくる作品ではないかと思います。

この映画は、人間ドラマが好きな方や親子の関係に悩んでいる方などにお勧めしたい作品です。

まとめ

以上が「いつくしみふかき」のあらすじと見どころになります。

この「親子」の迎える結末は果たして喜劇なのでしょうか、悲劇となるのでしょうか。

是非公開を楽しみに待っていただければと思います。