映画あらすじ

映画【ホテルローヤル】あらすじキャスト見どころ!直木賞受賞作、待望の映画化

直木賞を受賞した桜木紫乃の小説を実写映画化した「ホテルローヤル」が2020年11月13日に公開となります。

「全裸監督」の武正晴監督がメガホンを取り、波留が主演を務めています。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!

映画【ホテルローヤル】作品概要

(C)桜木紫乃/集英社 (C)2020映画「ホテルローヤル」製作委員会

公開日(日本):2020年11月13日

上映時間:104分

原作:桜木紫乃

監督:武正晴

脚本:清水友佳子

主題歌:Leola

作品概要

桜木紫乃の自伝的小説で直木賞受賞作でもある小説を「百円の恋」「全裸監督」の武正晴が手掛けて映画化した作品です。

北海道にあるとあるラブホテルを舞台に、ホテルを訪れる顧客とホテル経営を手伝う女性の日常を描きます。

波留が主演を務めており、松山ケンイチや安田顕、余貴美子らが共演しています。

予告動画

映画【ホテルローヤル】あらすじ(ネタバレなし)

(C)桜木紫乃/集英社 (C)2020映画「ホテルローヤル」製作委員会

北海道の釧路湿原を望む、高台に位置するラブホテル。

雅代は美大の受験に失敗し、望まない道ながらも家業であるホテルを手伝うこととなる。

アダルトグッズ会社の営業である宮川に淡い恋心を秘めつつ、日々黙々と仕事をこなす。

甲斐性のない父の大吉に代わり、どこか自分の人生を諦める気持ちで継いだホテルには、「非日常」を求めて様々な人が訪れる。

投稿ヌードの写真の撮影をするカップルや、子育てと親の介護に追われている夫婦、行き場を失った女子高生と妻に裏切られた高校教師など・・・。

そんな中、なんと一室で心中事件が起きてしまいホテルはマスコミの標的となってしまう。

さらに、父の大吉が病に倒れてしまったことから雅代はホテルと、そして自分の人生とに向き合うこととなる。

映画【ホテルローヤル】作品解説

(C)桜木紫乃/集英社 (C)2020映画「ホテルローヤル」製作委員会

この作品は第149回直木賞受賞でもある桜木紫乃の小説短編集を映画化した作品です。

原作は2013年に集英社から刊行され、その人気から2015年に文庫化もされました。

累計発行部数は90万部を超えており、発売元の集英社で「ここ5年で発売した中で最も売れた」単行本・電子書籍としても知られています。

原作では湿原に建つラブホテルを舞台に、経営者家族とそして訪れる問題を抱えた顧客たちの話を7話の短編で描いています。

そのオムニバス式の短編を1つの物語としてまとめ、大胆に映像化させたのは「全裸監督」でも近日話題となった武正晴です。

2007年に「ボーイ・ミーツ・プサン」で映画監督デビューを果たし、助監督として多くの作品を手掛けながら2014年の「イン・ザ・ヒーロー」や2014年の「百円の恋」などの作品を監督し同作品で日本アカデミー賞も受賞しています。

小説はあまり読まないという武監督ですが、本作はとても面白かったといい、また石川啄木が「さいはて」と呼んだ釧路の地で撮影することに強い拘りがあったといいます。

また、脚本を担当したのは2020年のNHK連続テレビ小説「エール」を手掛けている清水友佳子です。

過去作に2006年の「手紙」や2008年の「イエスタデイズ」などを手掛けており、人間が抱えている欲望や優しさを丁寧に描きあげました。

また、実力派女優の波留が主演を務める他、松山ケンイチや安田顕、また夏川結衣に伊藤沙莉などの個性的派で確かな実力を持つキャストが集結しています。

キャスト紹介

キャスト

波留(田中雅代)…ホテルローヤルの一人娘。美大受験の失敗を気に家業を手伝っている。

松山ケンイチ(宮川聡史)…アダルトグッズの製造販売業、豪島商会の営業。

安田顕(田中大吉)…ホテルローヤルの創立者であり経営者。

解説

この映画の主演は波留が務めています。

2006年のドラマ「対岸の彼女」で女優デビュー、その後2015年にNHK連続テレビ小説「あさが来た」でヒロインを務めたことで一躍有名となります。

その後も2017年の「あなたのことはそれほど」や2018年「サバイバル・ウェディング」、2019年「G線上のあなたと私」など多くのドラマで主演を務めています。

他の映画出演作に2015年「流れ星が消えないうちに」、2018年「オズランド 笑顔の魔法おしえます。」、2020年「弥生、三月-君を愛した30年-」などがあります。

宮川聡史を演じるのは松山ケンイチです。

2002年に俳優としてデビューし、2005年に映画「男たちの大和/YAMATO」に出演したことで注目を集めます。

続く「デスノート」でメインキャラクターを演じたことで大ブレイク、2016年に「聖の青春」で第40回日本アカデミー賞優秀主演男優賞、第59回ブルーリボン賞主演男優賞を受賞しました。

他の出演作に2016年「怒り」、2017年「関ヶ原」また2019年「宮本から君へ」などがあります。

ホテルのオーナ田中大吉を演じているのは安田顕です。

大泉洋らとともに演劇ユニット「TEAM NACS」の結成しており、舞台や映画、ドラマなど幅広い活躍をしています。

ドラマ出演作は2015年「下町ロケット」、2016年「重版出来!」、2018年「正義のセ」などがあり、映画は2015年の「俳優亀岡拓次」た2018年「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」などに出演しています。

見どころ紹介&こんな人におすすめ

(C)桜木紫乃/集英社 (C)2020映画「ホテルローヤル」製作委員会

この映画の見どころは、ラブホテルという非日常を舞台に繰り広げられる人間ドラマです。

主人公の雅代のみならず、雅代の家族、そして顧客などそれぞれ抱えているストーリーがありそれらが丁寧に描かれている作品です。

ラブホテルが舞台というと少し敬遠してしまう方もいるかもしれませんが、人間ドラマを大事に取り扱った作品です。

原作ファンの方はもちろん、人間関係に悩む方など多くの人に観に行っていただきたい作品です。

まとめ

以上が「ホテルローヤル」のあらすじと見どころになります。

果たして彼らはの人間模様はどうなるのか、そして気の進まないままホテル経営を手伝う雅代はどういった決断を下すのか、是非劇場に確認しに行ってみてください。

この映画の原作者である桜木紫乃さんが第15回中央公論文芸賞を受賞した作品は「ホテルローヤル」のその後を書いたと言われている作品なので、是非気になる方はチェックしてみてください。