映画あらすじ

映画【HOKUSAI】あらすじキャスト見どころ!日本を代表する浮世絵師の知られざる人生とは

江戸時代の浮世絵師、葛飾北斎の人生を描いた映画「HOKUSAI」が2020年5月29日に公開となります。

柳楽優弥と田中泯がそれぞれ青年期と老年期の北斎を演じ、橋本一監督がメガホンを取りました。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!

映画【HOKUSAI】作品概要

(C)2020 HOKUSAI MOVIE

公開日(日本):2020年5月29日

上映時間:129分

企画:河原れん

監督:橋本一

脚本:河原れん

エグゼクティブプロデューサー:細野義朗

作品概要

「富獄三十六景」などを描いた日本を代表する画家、葛飾北斎の知られざる生涯を描いたドキュメンタリー映画です。

貧乏絵師の北斎が才能を見いだされ、才能を開花していく様子を描きます。

柳楽優弥・田中泯が主演を務め、阿部寛、永山瑛太、玉木宏など実力派俳優が集いました。

予告動画

映画【HOKUSAI】あらすじ(ネタバレなし)

(C)2020 HOKUSAI MOVIE

物語の舞台は町人文化の華やぐ江戸の町。

その片隅で日の目を見ることのない貧乏画家、勝川春樹(後の葛飾北斎)は暮らしていた。

彼の傍若無人なふるまいが災いし、師匠からは破門を受け、食う事すらもままならない日々を送っている。

そんなある日、北斎の人生を変える転機が訪れようとしていた。

喜多川歌麿、東洲斎写楽を世に出した奇代の版元、蔦屋重三郎が北斎の秘めた才能を見出そうとしていたのだ。

重三郎の強力な後押しによって「絵の本質」に気づくことができた北斎はその才能を開花し、誰にも真似できない革新的な絵を次々を打ち出す。

一躍時の人気絵師となった北斎はその奇想天外な世界観をもって瞬く間に江戸を席巻し、町人文化を押し上げる。

しかし一方で次第に幕府の反感を招く結果となってしまい・・。

映画【HOKUSAI】作品解説

(C)2020 HOKUSAI MOVIE

葛飾北斎は誰もが知っている、江戸時代に活躍した浮世絵師です。

有名な「富獄三十六景」など彼が生涯を通して残した作品は約3万点を超えていると言われており、私達も歴史の事業などで彼の作品を必ず1度以上は見たことがあると思います。

日本のみならず、世界からも注目された存在であり、世界で最もその名を知られた日本人であるとも言われています。

北斎が亡くなったあともその名は遠くヨーロッパに知られ、その斬新な作品はゴッホやモネなどの印象派の画家に大きなインパクトを与えました。

彼が与えた影響は西洋の美術家や建築、音楽や文学などの創作活動にヒントを与え、影響を受けた作品は「ジャポニズム」と呼ばれています。

アメリカの「LIFE」誌がこの1000年で最も偉大な業績を残した世界の100人という特集を組んだ際に日本人で唯一選出されたのもこの葛飾北斎です。

また、2020年の日本のパスポートのデザインにも彼の描いた「富獄三十六景」が選ばれることが決定しており、2024年発行予定の新紙幣のデザインにも採用される予定です。

彼の作品はこのように大変有名であり、大きな影響を与えているにも関わらずその人生に関する資料は少なく、謎の多い人物と言われてきました。

今回はそんな彼の人生に焦点をあてた物語ということで、注目が集まっています。

キャスト紹介

キャスト

柳楽優弥(葛飾北斎/青年期)

田中泯(葛飾北斎/老年期)

阿部寛(蔦屋重三郎)

永山瑛太(柳亭種彦)

玉木宏(喜多川歌麿)

解説

葛飾北斎の青年期を演じるのは柳楽優弥です。

デビューは是枝裕和監督のオーディション「誰も知らない」にて演技の経験が無かったにも関わらず主役に抜擢されたことがきっかけです。

上記作品は2004年に第57回カンヌ国際映画祭のコンペ部門に出品され、同映画祭で日本人初となる男優賞を史上最年少で受賞し大きな話題となりました。

それ以降も2005年の「星になった少年 Shining Boy and Little Randy」や2006年の「シュガー&スパイス 風味絶佳」など話題作に多く出演します。

近年も2016年に出演した「ディストラクション・ベイビーズ」で第90回キネマ旬報ベスト・テン主演男優賞などを受賞し、2017年にはNHKの「おんな城主 直虎」にて大河ドラマ初出演を果たしています。

北斎の老年期を演じるのは世界的な前衛舞踏家の田中泯です。

クラシックバレエとモダンダンスを学び、1960年にモダンダンサーとして活動を始めますが、従来のダンス界に反発して独自の活動を展開し始めます。

1978年にフランスのパリの芸術祭にて海外デビューを果たし、以降世界各地で公演を行ってきました。

舞台やオペラ、演劇、美術展などで演出や振付をこなし、多岐にわたる表現力で芸術・学術ともに影響を与えていると言われています。

俳優としても活躍しており2002年に「たそがれ清平衛」にて初めて映像作品に出演、日本アカデミー賞の最優秀助演男優賞と新人俳優賞を受賞しました。

その他も2011年「八日目の蝉」、2012年「永遠の0」、2013年「47 RONIN」など話題作に多く出演しています。

見どころ紹介&こんな人におすすめ

(C)2020 HOKUSAI MOVIE

この映画の見どころは、葛飾北斎の知られざる生涯を知ることができることです。

彼が生きていた江戸時代、平均寿命は40年と言われる中、北斎は享年90歳とその長寿を全うしました。

彼の代表作である「富嶽三十六景」も彼が72歳の時に描いた作品であり、人生を通して画家であることに拘り、自分自身の絵に情熱を注ぎ続けました。

彼がどのように成功し、そしてあの名作はどのように生まれたのでしょうか?

この映画を観ることで知ることができ、より強い親しみをもって彼の作品を楽しむことができるようになるでしょう。

新パスポートや新札など、今後ますます注目を集める彼の作品を知るため、日本人として、多くの人に観ていただきたい映画となっています。

まとめ

以上が「HOKUSAI」のあらすじと見どころになります。

日本が誇る、偉大なる画家の生涯を知るため是非この作品を観てみてください。

北斎の人物像に迫ることができる書籍も発売されているみたいなので、映画を観る前に予習のため読んでみるのも面白いかもしれません。