映画あらすじ

映画【ぐらんぶる】あらすじキャスト見どころ!異色の青春コメディ漫画、禁断の実写化

スキューバダイビングクラブを舞台にしたコメディ漫画を実写映画化した「ぐらんぶる」が2020年8月7日に公開となります。

若手注目俳優の竜星涼と犬飼貴丈がダブル主演を務めました。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!

映画【ぐらんぶる】作品概要

(C)井上堅二・吉岡公威/講談社 (C)2020映画「ぐらんぶる」製作委員会

公開日(日本):2020年8月7日

上映時間:107分

原作:井上堅二、吉岡公威

監督:英勉

脚本:英勉、宇田学

主題歌:sumika

作品概要

スキューバダイビングクラブが舞台でありながらもほとんどダイビングをしないという破天荒な人気漫画「ぐらんぶる」の実写映画バージョンです。

「キラキラの大学生活」を夢見る男学生2人の青春の様子を描きます。

人気若手として注目を集めている竜星涼と犬飼貴丈が主演を務め、「映像研には手を出すな!」の英勉がメガホンを取りました。

予告動画

映画【ぐらんぶる】あらすじ(ネタバレなし)

(C)井上堅二・吉岡公威/講談社 (C)2020映画「ぐらんぶる」製作委員会

日本国内でもあまり存在しない、離島にある大学に入学した伊織。

彼の目標はただ1つ、灰色だった男子高生時代を忘れ、気の合う仲間や可愛い女子たちと「キラキラな大学生活」を送ること。

しかし、オリエンテーションの朝、「何かがおかしい」と異変を感じる。

伊織はなぜか服も記憶もない状態で大学の講堂で目が覚めてしまったのだ。

大慌てで走りまわった彼は同じ境遇に陥っているイケメンなオタク成年耕平と出会う。

やがて2人は常識が通用しない「無法地帯」であるぶっ飛んだダイビングサークルに辿り着く。

伊織と耕平のキラキラキャンパスライフはどうなってしまうのか?

映画【ぐらんぶる】作品解説

(C)井上堅二・吉岡公威/講談社 (C)2020映画「ぐらんぶる」製作委員会

この映画は、井上堅二・原作、吉岡公威・作画による2014年から講談社のgood!アフタヌーン誌連載されている漫画が原作です。

スキューバダイビングを題材としたコメディ漫画でありながら、ほとんどダイビングをしないという型破りなストーリー展開でキャンパスライフを描いています。

既刊15巻、累計発行部数は500万部を突破する人気作です。

「みんなが選ぶTSUTAYAコミック大賞2018」ネクストブレイク部門7位ランクインも果たしており、2918年7月から9月にかけてテレビアニメ放送もされています。

そんな本作の監督を務めるのは英勉です。

2008年に「ハンサム★スーツ」で映画監督デビューを果たし、以降人気漫画を原作とした実写映画を中心にヒット映画作を多く手掛けています。

有名作品に「高校デビュー」「ヒロイン失格」「あさひなぐ」などがあり、特に2015年の「ヒロイン失格」は興行収入 24 憶円越えを記録、その年の実写邦画ランキングTOP5に入りました。

今年も本作品の他、「映像研には手を出すな!」や「東京リベンジャーズ」などの公開が控えています。

また、主題歌はsumikaが担当し、本作の為に書き下ろしたという新作「絶叫セレナーデ」に決定しています。

sumikaは初の実写映画の主題歌を担当するとのことで、アップテンポな「絶叫セレナーデ」はこの映画の雰囲気と非常にマッチした1曲となっています。

キャスト紹介

キャスト

竜星涼(北原伊織)

犬飼貴丈(今村耕平)

与田祐希(古手川千紗)

朝比奈彩(古手川奈々華)

解説

主演を務めるのは、竜星涼です。

芸能界入りしたきっかけはスカウトであったといい、2010年に連続ドラマの「素直になれなくて」で俳優デビューを果たします。

以降同年のドラマ「ハンマーセッション!」や「秘密」に出演、2011年の「桜蘭高校ホスト部」ではドラマ版と劇場版それぞれに出演を果たします。

2013年、「獣電戦隊キョウリュウジャー」の主人公役に大抜擢されブレイク、その後話題のドラマ「GTO」「ごめんね青春!」や映画「マジックナイト」や「orange オレンジ」にも出演しました。

近年は人気ドラマ「アンナチュラル」への出演や、「トイ・ストーリー4」で声優にもチャレンジしたりしています。

竜星涼とダブル主演を務めるのは犬飼貴丈です。

2012年、、第25回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」において総応募数13,816人の中からグランプリを受賞、2014年にドラマ「碧の海〜LONG SUMMER〜」で俳優デビューを果たします。

2017年「仮面ライダービルド」で主役に抜擢され知名度をあげ、その後話題のドラマ「獣になれない私たち」やNHK連続テレビ小説「なつぞら」にも出演しました。

元々漫画やアニメが好きであったようで、本作に携われることを嬉しく思っていると語っています。

ヒロインの古手川千紗は乃木坂46としても活躍している与田祐希です。

2016年、3期生オーディションに合格してグループに加入、翌年のシングルで初選抜にて大園桃子とダブルセンターを務め注目を集めます。

2018年、テレビドラマ「モブサイコ100」への出演で女優デビューし、2019年には乃木坂メンバーが出演するドラマ「ザンビ」にも出演しました。

本作が映画初出演作であり、他「MAQUIA」や「bis」などのファッション誌でもモデルとして活躍しています。

見どころ紹介&こんな人におすすめ

(C)井上堅二・吉岡公威/講談社 (C)2020映画「ぐらんぶる」製作委員会

本作は、登場人物たちの服の脱ぎっぷりが強烈であり、衣装の観点から「実写映画不可能」と言われてきました。

そんな本作が英勉監督と俳優たちの体当たりの演技のもと実写化することとなり、そのチャレンジが見どころと言えそうです。

また、沖縄の離島で撮影されたという本作の美しいサンゴ礁の映像にも注目です。

夏の公開がぴったりのこの映画、暑い夏にたくさん笑いたい方に是非お勧めしたい作品です。

まとめ

以上が「ぐらんぶる」のあらすじと見どころになります。

原作からのファンのかた、衝撃映像がどのように実写映像化されているのか、是非劇場に確認しにいってみてください。

アニメ作品のBlu-ray BOXも発売になっているようなので、映画を観る前に予習して観ることもお勧めです。