映画ネタバレ

映画【グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~】ネタバレあらすじ!感想レビューも

映画「グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~」が2020年2月14日に公開されました。

ここでは映画のネタバレあらすじと感想を記載しています。

【映画名】あらすじ(ネタバレ)

それはまだ戦後の焼け野原からの昭和の時代の生きることがまだ不安定な日本。

だらしない性格の田島周二演じる大泉洋も必死で裏稼業にまで手を出して小金を稼ぐことをして生きていた。

雑誌の編集の仕事をしているが今や裏稼業の方が真剣で田島は東京での暮らしをしており、疎開中の妻役の田島静江演じる木村多江と真剣に幸せになることを思っていた。

でも田島周二には何と沢山の人数の愛人なるものが10人もあった。

そこでこの愛人たちのことをどうしようかと悩んでいた。

田島は大胆に沢山の愛人がいながら声は小さい男であった。

愛人に別れを言えないで悩んだ。

そこで自分はどうかしていたのだと狂っていたと話す田島は作家と編集という仲の漆山連行役の松重豊に相談してみた所、それはこれがいいのではと言い出す。

その方法というのが、すごい美しい人を連れて行き、偽夫婦を演じて愛人にあきらめさすというのはどうだろうと言うことだった。

それはいいと思った田島は別れることを目標に動きだす。

そこで相手役の偽妻役の相手をどうしようかと考えて、白羽の矢はお金にえげつないほどの執着心がありそれにお金に困っていた担ぎ屋・永井キヌ子演じる小池栄子に決まる。

でもキヌ子の性格はとっても女性とは思えないほどのおおざっぱな性格で、近寄りがたい雰囲気を兼ね備えていて、話し方も普通の感じではないし、何しろ口が悪いときている。

そこでお願いをしにキヌ子の所へ行くと沢山の荷物を背負っていて頭には布をまきつけているようなみすぼらしい格好だが、泥の覆った顏を取るとなんとも美しい顏だったのだ。

田島は愛人たちと別れるためにそれにお金のこともあり、この不思議な偽の夫婦での愛人たちとのお別れ大作戦を決行していくのだった。

そこから作戦は偽の夫婦を演じるために用意されたモダンな洋服と帽子に身を包んだキヌ子は不敵な笑みは隠しておいておすましな顏つきで、田島の妻で家内ということを言う。

初めに花屋の青木保子演じる緒川たまきの所へ行くのだった。

そして挿絵画家の水原ケイ子演じる橋本愛の元へそして冷静な女医大櫛加代演じる水川あさみへと続く。

すごく偽夫婦が繰り広げる愛人とのドタバタ劇が凄まじく面白い。

キヌ子の振舞いや話し方がまるで田島とあたかも漫才をしているような錯覚になってしまう。

愛人たちとのやり取りでやはり死ぬと言ったりとお決まりのセリフもある。

でもでも愛人の中の一人に妻から電報がくるのだった。

その内容は田島を頼みますという内容。

胃痙攣で助けを求める田島。

そこで自分は嫌だと言って女医さんからもグッド・バイ。

そして水原ケイ子からもグッド・バイ。

愛人から言われてしまうのだ。

それに水原ケイ子と編集部の清川伸彦演じる浜田岳は結ばれていたのだ。

田島に別れを言った妻も作家の漆山からばれていて離婚を決めた模様だった。

田島は占いしてもらった後に死んでしまいます。

1年の後に田島故人を忍ぶ会があり愛人が集まる。

そこでキヌ子も来るのでした。

喪服で女性たちが踊りまくっている。

キヌ子は田島を好きだった。

でも田島は死んではいなかったのだが、記憶がなくなっていたのだ。

前妻のはからいで田島はキヌ子とめでたく結ばれたのだった。

【映画名】感想とレビュー

映画「グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~ははじめ舞台でとても面白く思っていたら、映画になりとても楽しみにしていました。

この作品はとにかく面白いです。

それは大泉洋さんの演じる田島周二の何故かモテるということがこの物語の原点みたいな所があります。

大泉洋さんはいつも大きな声ですが、この田島は小さな声で話します。

こういう所が色気があると感じてしまいました。

そして沢山の愛人がいるのも編集者の仕事よりも裏稼業で稼ぐようになってしまったことがこの愛人を沢山作ることができる資金が出来たともいえます。

そこで愛人を何で10人も作ってしまったのかはモテるだけではなさそうで、優しいところがあるのかと思いました。

疎開している妻と真剣にと考えてから愛人と手を切ろうとしますが、そこで作家の先生に知恵を入れられてしまう所も面白いです。

その人の考えを採用してしまった所も田島の素直な所でもあります。

そして、嘘の夫婦の妻役のキヌ子の存在感というか初めの風貌はすごいものがあります。

その茶色い顏で薄汚れていてお金にもすごいがめつさがある。

それなのに、綺麗に顏を洗ってみると何と綺麗な顏つきが凄いです。

そこから綺麗に返信したキヌ子と愛人を訪ねる時に、キヌ子のしゃべり方は腹をかかえて笑いました。

小池栄子さん演じるキヌ子の強烈な個性がいまでもまざまざ目に焼き付いています。

そして妻から手紙が来てからは田島は逆に愛人たちにグッド・バイと言われる始末。

そこから田島の落ちていく様子が分かります。

田島が死んでしまうところで愛人たちが一緒に喪服でのダンスがすごく女性として理解できました。

その様子が心に残ります。

同じ男性を好きになったけどざまーみろ的な要素で女性同士で共感したのだと思いました。

最後に田島は色々あったがキヌ子だけでも田島についてくれて本当にほっとしました。

どんでん返しみたいな所もあり、女性は敵に回したら怖いということを男の人は肝にめいじて欲しいです。