映画あらすじ

映画【ジオラマボーイ・パノラマガール】あらすじキャスト見どころ!現在の東京を舞台にした若者2人のストーリー

人気漫画家、岡崎京子原作の漫画の実写映画版、「ジオラマボーイ・パノラマガール」が2020年11月6日に公開になります。

「PARKS パークス」などの瀬田なつきが監督をつとめ、山田杏奈が主演を務めました。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!

映画【ジオラマボーイ・パノラマガール】作品概要

(C)2020岡崎京子/「ジオラマボーイ・パノラマガール」製作委員会

公開日(日本):2020年11月6日

上映時間:105分

原作:岡崎京子

監督:瀬田なつき

脚本:瀬田なつき

エグゼクティブプロデューサー:遠藤日登思

作品概要

「リバーズ・エッジ」などで知られる人気漫画家、岡崎京子の1989年に刊行されたコミックを実写映画化した作品です。

現代の東京を舞台とし、未来への不安を抱えながら「今」を生きる若者たちを描きました。

「小さな恋のうた」などで注目されている山田杏奈が主演、鈴木仁が共演しています。

予告動画

映画【ジオラマボーイ・パノラマガール】あらすじ(ネタバレなし)

(C)2020岡崎京子/「ジオラマボーイ・パノラマガール」製作委員会

東京に住んでいる女子高生のハルコ。

16歳の彼女は平坦で平凡な毎日をおくっていた。

ある日、橋の上で倒れていた神奈川ケンイチという男の子に一目ぼれする。

「世紀の恋」だとはしゃぐハルコに対して、おとなしく真面目なケンイチは受験の目前に衝動的に学校をやめてしまっていたため、それどころではない。

さらに彼は勢いでナンパした危険な香りのする女の子のマユミに夢中になっていく。

2人の平行線の恋はいったいどこへ向かうのか。

友だち、家族、そして自分について悩みもがく少年少女の刹那的な視線を切り取った物語。

映画【ジオラマボーイ・パノラマガール】作品解説

(C)2020岡崎京子/「ジオラマボーイ・パノラマガール」製作委員会

この映画は、岡崎京子による漫画を実写映画化したものです。

岡崎京子といえば、代表作「pink」や「リバース・エッジ」や「ヘルタースケルター」などの映像化作品で知られる人気漫画家です。

1980年から1990年にかけて多くの作品を執筆し、時代を代表する漫画家とまで言われていましたが、事故により現在は執筆活動はされていないようです。

しかし休筆後20年以上を経ても、過去作品が復刊され、映画化されるなど現在も熱狂的に人気があります。

本作は彼女の長編映画第2作にあたるもので、1988年から「平凡パンチ」で連載されていました。

作者本人より「たぶん少女漫画」として位置付けられている本作は、1980年代の日本の都市空間を舞台として、その時代の若者の空虚な原時間を描いています。

刊行当初はバブル崩壊を目前とした平成元年を舞台としていますが、映画では現代の東京を舞台とするというアレンジが加えられています。

脚本・監督を務めるのは瀬田なつきです。

2011年に「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」で商業長編映画デビューを果たし、第23回東京国際映画祭の日本映画ある視点部門にて上映されました。

その後2011年「5windows」シリーズや2017年「PARKS パークス」、2017年のドラマ「東京アリス」や「セトウツミやCM・MV を手がけてきています。

主人公のハルコを演じるのは2019年の映画「小さな恋のうた」で注目を集めた山田杏奈、もう1人の主人公である神奈川ケンイチは本作が映画初主演となる鈴木仁が演じるなど、次世代を担う若手俳優が出演しています。

その一方、成海璃子や大塚寧々という個性派・実力俳優たちも共演しています。

キャスト紹介

キャスト

山田杏奈(渋谷ハルコ)

鈴木仁(神奈川ケンイチ)

滝澤エリカ(カエデ)

森田望智(マユミ)

成海璃子(神奈川サカエ)

大塚寧々(渋谷フユミ)

解説

主演を務めるのは山田杏奈です。

2011年に「ちゃおガール☆ 2011 オーディション」でグランプリを受賞して芸能界入り、以降「ちゃお」の紙面モデル「ちゃおガール」として活動します。

2013年「刑事のまなざし」でドラマ初出演、2016年に「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」で映画初出演を果たします。

以降2018年「ミスミソウ」、2019年「屍人荘の殺人」、「小さな恋のうた」などに出演し、「小さな恋のうた」では第41回ヨコハマ映画祭 最優秀新人賞受賞するなど次世代を担う期待の若手女優として注目されています。

神奈川ケンイチを演じるのは鈴木仁です。

2016年に「第31回メンズノンノモデルオーディション」で準グランプリを受賞してデビューを果たし、2017年にドラマ「リバース」で俳優としてデビューします。

それ以降2018年のドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」や2019年「3年A組-今から皆さんは、人質です-」などの話題作に出演し、2021年公開予定の映画「ブレイブ 群青戦記」への出演も決定しています。

見どころ紹介&こんな人におすすめ

(C)2020岡崎京子/「ジオラマボーイ・パノラマガール」製作委員会

この映画の見どころは、現在の東京を舞台として蘇る岡崎京子の世界観です。

スクラップアンドビルドを繰り返す現代の東京において、無気力ながらも将来への不安を抱え、そして恋に悩む若者の姿が描かれています。

どこか独特な岡崎京子の世界で、さらに原作が描かれた時代は30年ほど前の話ではありますが、彼らの行動や台詞は今を生きる私達の心にも響いてて来ます。

岡崎京子作品のファンのかただけでなく、「現代」を生きる若者にも是非観ていただきたい作品です。

まとめ

以上が「ジオラマボーイ パノラマガール」のあらすじと見どころになります。

時代を超えて届く名作をいくつも世に送り出してきた岡崎京子原作の注目の本作、是非映画館に足を運んでみてください。

試写会イベントも開催されるみたいなので、気になる方は是非チェックしてみてください。