映画あらすじ

映画【ドクター・デスの遺産 BLACK FILE】あらすじキャスト見どころ!「安楽死問題」に正面から向き合うサスペンス映画

人気作家中山七里の小説を実写映画化した「ドクター・デスの遺産 BLACK FILE」が2020年11月13日に公開となります。

綾野剛と北川景子が共演し、深川栄洋監督がメガホンをとりました。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!

映画【ドクター・デスの遺産 BLACK FILE】作品概要

(C)2020「ドクター・デスの遺産 BLACK FILE」製作委員会

公開日(日本):2020年11月13日

原作:中山七里

監督:深川栄洋

脚本:川崎いづみ

制作:沢桂一、池田宏之、森田圭、菊川雄士、 藤本鈴子、安部順一

作品概要

中山七里による人気推理小説「ドクター・デスの遺産」がファン待望の映画化を果たしました。

安楽死を理由に連続殺人を犯す殺人犯に綾野剛と北川景子が刑事として挑みます。

岡田健史、前野朋哉らが共演することが決まっており、「神様のカルテ」などの深川栄洋が監督を務めています。

映画【ドクター・デスの遺産 BLACK FILE】あらすじ(ネタバレなし)

(C)2020「ドクター・デスの遺産 BLACK FILE」製作委員会

終末期の患者が次々と不審な死を遂げる事件が起き、事件の可能性が浮上したため犬養と高千穂の2人の刑事が操作に乗り出した。

捜査の結果2人は依頼を元に患者を安楽死させているという謎の医師「ドクター・デス」という存在がいることを知る。

「ドクター・デス」の存在を追う最中、あろうことか犬養の1人娘で重度の腎臓病に苦しんでいる沙耶香がドクター・デスに安楽死を依頼してしまう。

「安楽死」という方法で被害者を苦しませることなく、安らかな死を提供する「ドクター・デス」の正体、そしてその目的とは?

映画【ドクター・デスの遺産 BLACK FILE】作品解説

本映画は人気の推理作家である中山七里の「刑事犬養隼人」推理小説シリーズの1作、「ドクター・デスの遺産」が原作となっています。

綾野剛が主人公、そしてそのバディを北川景子が務めており、更に岡田健史が初の刑事役にチャレンジするということで注目を集めています。

「刑事犬養隼人」推理小説シリーズは当初執筆された際にはシリーズ化を見込んでいなかったようですが、好評だったために出版社から続編のオファーをうけシリーズ化が決定した経緯があるようです。

2016年に1度テレビドラマ化されており、本作は同シリーズの2度目の映画化となっています。

シリーズは過去の有名なダークヒーローを使うことが決められているようで、「命」をメインテーマとして扱っているようです。

この原作とモデルとなっているのは実際に130人を安楽死させたことで「死の医師」と呼ばれた、アメリカの病理学者で医者でもあったジャック・ケヴォーキアンです。

日本では合法ではありませんが世界では実際に安楽死を導入している国もあり、また昨今事件として取り上げられたことも記憶に新しく非常に難しい問題をどう取り扱ったのでしょうか。

監督は2009年の「60歳のラブレター」や2011年「神様のカルテ」、2014年の「トワイライト ささらさや」などを手掛けてきた深川栄洋です。

これまで様々な人間ドラマを取り扱ってきた深川監督と、「どんでん返しの帝王」の異名をもつ原作者の中山七里がタッグを組むことでこれまでにないサスペンス映画となっています。

キャスト紹介

キャスト

綾野剛(犬養隼人)

北川景子(高千穂明日香)

岡田健史(沢田)

解説

主演を務めるのは綾野剛です。

2003年に「仮面ライダー555」で俳優デビューし、翌年「Darts till Dawn」で映画デビューを果たします。

2011年にNHK連続テレビ小説「カーネーション」に出演したことで話題を呼び、2013年「最高の離婚」や「空飛ぶ広報室」などの出演で人気が高まります。

2013年に映画「横道世之介」で第37回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞、2016年「日本で一番悪い奴ら」で第40回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞しました。

その他の出演作に2016年の映画「怒り」、「64 ロクヨン」前・後編、2019年「楽園」などがあります。

高千穂明日香を演じるのは北川景子です。

2003年よりモデル・女優として芸能活動を始め、2006年に「間宮兄弟」で映画デビューを果たします。

その後「Cherry pie チェリーパイ」で映画初主演、ハリウッドのカーアクション大作第3作「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」にも出演しています。

2011年映画「パラダイス・キス」の主演や、2014年「抱きしめたい 真実の物語」、2017年「探偵はBARにいる3」や2016年からのドラマ「家売るオンナ」などで活躍しています。

見どころ紹介&こんな人におすすめ

この映画の見どころは、「安楽死」という難しいテーマにどう向き合い、どういう結末に持っていくかという点です。

日本では安楽死は違法となりますが、実際にスイスやオランダ、ベルギーなどでは条件付きではありますが安楽死は合法化されており安楽死を認めるか、認めないかは大きな問題として今日も議論されています。

安楽死の是非や、命を守るということについて深く考えさせられる1本に仕上がっています。

サスペンス映画ではありますが、単に犯人を捜し求めるというだけでなく様々なことを考えさせてくれる映画であり、サスペンス好きな方のみならず多くの人への問題提起として広く観ていただきたい映画です。

まとめ

以上が「ドクター・デスの遺産 BLACK FILE」のあらすじと見どころになります。

果たして犯人は誰なのか、そして安楽死に対する考えは何が正しいのか、劇場に答えを見つけに行ってみてください。

公開まで時間がありますので、公開前に原作の「刑事犬養隼人」シリーズも是非お手に取ってみてください。