映画あらすじ

映画【騙し絵の牙】あらすじキャスト見どころ!大泉洋を「あてがき」した騙し合い小説が映画化

作家の塩田武士が大泉洋をイメージして書いた小説「騙し絵の牙」が2020年6月19日に公開となります。

主演はもちろん大泉洋が務め、吉田大八監督がメガホンを取り、佐藤浩市や松岡茉優などの実力俳優が揃いました。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!

映画【騙し絵の牙】作品概要

(C)2020「騙し絵の牙」製作委員会

公開日(日本):2020年6月19日

原作:塩田武士

監督:吉田大八

脚本:楠野一郎、吉田大八

音楽:LITE

作品概要

「罪の声」などの名作で知られている作家の塩田武士が大泉洋をイメージした主人公を「あてがき」した小説が原作の作品です。

出版業界を舞台に廃刊の危機にある雑誌の編集長が起死回生のために策を打つ姿を描きます。

「紙の月」「桐島、部活やめるってよ」などの名映画を手掛けてきた吉田大八が監督を務めます。

予告動画

映画【騙し絵の牙】あらすじ(ネタバレなし)

(C)2020「騙し絵の牙」製作委員会

出版業界全体に不況の波が押し寄せる中、大手出版社の「薫風社」では創業一族の社長が急逝、次期社長の座を巡り権力争いが勃発する。

そんな中専務の東松が強行に進める大改革により売れない雑誌は次々と廃刊のピンチに陥ってしまう。

会社のお荷物雑誌と呼ばれるカルチャー誌「トリニティ」の変わり者編集長を務める速水も、波にあらがえず無理難題を押し付けられ窮地に立たされる。

しかし、一見頼りないように見える速水は実は笑顔の裏にとんでもない「牙」を秘めていた。

嘘や裏切り、リークや告発など曲者揃いの上層部や作家たちの陰謀が渦巻く中、新人編集者高野を巻き込み速水の生き残りをかけた大客店の秘策が始まろうとしていた。

映画【騙し絵の牙】作品解説

(C)2020「騙し絵の牙」製作委員会

この作品は作家の塩田武士が大泉洋を「あてがき」した小説が原作となっています。

塩田は幼い頃から「人を楽しませたい」という思いが強く、劇団に所属したり学生時代に漫才コンビを組んだりしていた経歴があるそうです。

大学1年の時に作家を志し、新聞社に入社した経験を活かして執筆した2010年の「盤上のアルファ」で第5回小説現代長編新人賞を受賞し、2011年に小説家デビューします。

その後も2016年にグリコ・森永事件をモチーフにした小説「罪の声」が第7回山田風太郎賞を受賞、同年の「週刊文集ミステリーベスト10」でも1位を獲得しました。

また、2018年の「歪んだ波紋」では第40回吉川英治文学新人賞受賞するなど、今とても期待されている作家の1人です。

本作品は大泉洋と親しい関係にある編集者が持ち込んだ企画のようで、塩田は出版社と大泉洋を4年間徹底取材したうえで書き上げたそうです。

また、大泉のマネージャーの話を聞きながら「どんな大泉洋が観たいか」について話し合った上に出来上がった作品で、大泉洋の意見も反映されており、映像化の話も当初から持ち上がっていたそうです。

そんな本作の監督を務めるのは吉田大八です。

もともとCM製作の会社に所属しており、20年間CMディレクターとして数百本ものテレビCMを手掛けてきたといいます。

2007年に彼が監督した初の長編劇場用映画「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」が同年の第60回カンヌ国際映画祭の批評家週間部門に招待され話題となりました。

その後2013年に「桐島、部活やめるってよ」を手掛け、第36回日本アカデミー賞最優秀監督賞、最優秀作品賞を始め各賞を受賞します。

同作は口コミにて人気が広がり、6か月以上のロングランを記録しました。

キャスト紹介

キャスト

大泉洋(速水輝也)

松岡茉優(高野恵)

宮沢氷魚(矢代聖)

佐藤浩市(東松)

解説

本作の映画は大泉洋をあてがきして書かれたものであり、主演ももちろん大泉洋が務めます。

北海道学園大学在学時代よりローカル番組「水曜どうでしょう」に出演、道内のみならず全国にその人気を広げます。

平行して大学の演劇研究会のメンバー5人で結成した演劇ユニット「TEAM NACS」で舞台の公演も行い、こちらも人気となります。

東京での活動を本格かさせたのは2005年のTVドラマ「救命病棟24時」であり、その後も2007年の「ハケンの品格」や2009年「赤鼻のセンセイ」、2010年NHK大河ドラマ「龍馬伝」などの話題作に次々と出演します。

スクリーン舞台でも活躍しており、2008年の「アフタースクール」や2011年の「探偵はBARにいる」、2012年「しあわせのパン」などの主演作があり、「探偵はBARにいる」では、第35回日本アカデミー賞 優秀主演男優賞を受賞しています。

新人編集者を務めるのは松岡茉優です。

デビューしたきっかけは妹がスカウトされた面接に同行した際に面接官に声をかけてもらったことであり、2007年のTVドラマ「受験の神様」で子役として出演します。

2008年よりおはガールとして「おはスタ」に出演、卒業後はバラエティ番組にはあまり出演せずに女優業にシフトします。

2013年、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」に出演したことがきかっけで知名度が上がり、2016年の「ちはやふる」や同年の「真田丸」にも出演します。

2017年に映画月主演の「勝手にふるえてろ」が第30回 東京国際映画祭」のコンペティション部門に出品され、「観客賞」を受賞、2018年にメインキャストを務めたの「万引き家族」は第71回カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞する快挙を成し遂げました。

見どころ紹介&こんな人におすすめ

(C)2020「騙し絵の牙」製作委員会

この映画は大泉洋をイメージしてあてがきされたものですが、映画キャストの彼は本来の大泉洋そのままなのか、それとも彼にしかできない演技をやってのけるのでしょうか。

そういった点からこの作品を観てみるのも面白く、見どころの1つといえそうです。

また、様々な人が抱える陰謀や告発、騙し合いなどどのような結末を迎えるのか最後まで目が離せない展開となりそうです。

「登場人物全員が嘘をついている」という本作、騙し合いのストーリーが好きな方、驚く結末の映画を観たい方には是非おすすめしたい作品です

もちろん、大泉洋ファンのかたにとっては見逃せない映画となっているに違いありません。

まとめ

以上が「騙し絵の牙」のあらすじと見どころです。

この映画に隠された嘘が見破れるか、ぜひあなたもチャレンジしてみてください。

原作の文庫本も発売されているみたいなので、原作も是非併せてチェックしてみてください。