映画あらすじ

映画【コンフィデンスマンJP プリンセス編】あらすじキャスト見どころ!史上最大額の財産を巡ったコンゲームが始まる

大人気ドラマシリーズの映画第2弾、「コンフィデンスマンJP プリンセス編」が公開となります。

長澤まさみらお馴染みのドラマからのキャスト、第1弾の映画のキャスト他、ビビアン・スーや関水渚らが新たに参加します。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!

映画【コンフィデンスマンJP プリンセス編】作品概要

(C)2020「コンフィデンスマンJP」製作委員会

公開日(日本):未定

上映時間:124分

監督:田中亮

脚本:古沢良太

制作:石原隆、市川南

作品概要

長澤まさみ、東出昌大、小日向文世が共演し人気を博したTVドラマのスクリーンバージョンです。

大富豪の持つ莫大な遺産を巡り、コンゲームを繰り広げます。

前作に続き田中亮が監督を務め、TV版ドラマ版の豪華キャストが集結します。

予告動画

映画【コンフィデンスマンJP プリンセス編】あらすじ(ネタバレなし)

(C)2020「コンフィデンスマンJP」製作委員会

世界有数の大富豪、フウ家の当主であるレイモンド・フウが亡くなった。

彼の遺産を巡り火花を散らしていたブリジット、クリストファー、アンドリューの3姉弟の前で執事であるトニーが相続人を発表する。

それは誰もその存在を知らない、隠し子である「ミシェル・フウ」であった。

ミシェルはどこにいるのか、捜索が続く中、10兆円とも言われる遺産を狙いに、世界中から「我こそがミシェルである」と名乗る詐欺師たちが伝説の島ランカウイ島に集結する。

もちろん、ダー子、ボクちゃん、リチャードの3人もフウ家に入り込み、華麗かつ超絶壮大なコンゲームを仕掛けることとなる。

しかし、百戦錬磨のコンフィデンスマン、ダー子たちに最大の危機が訪れる。

果たして誰がフウ家の当主の座を射止めるのか?

世界を巻き込んだかつてない最大規模の騙し合いが始まろうとしていた。

映画【コンフィデンスマンJP プリンセス編】作品解説

(C)2020「コンフィデンスマンJP」製作委員会

この映画は、フジテレビの「月9」枠で放映された「コンフィデンスマンJP」の映画バージョンとなります。

「コンフィデンスマン」とは信用詐欺祖の事を現しており、「JP]とついているのは本作とは別に古沢良太原作の中国バージョン(CN)と韓国バージョン(KR)の同時製作が決定しているためといいます。

ドラマ版ではコンフィデンスマンであるダー子、ボクちゃん、リチャードの3人が悪徳企業のボスやマフィアのボスなどの金の亡者を騙し、お金を騙し取るという1話完結型のストーリーでした。

ドラマが好評だったことを受け、最終回にて映画化が発表され「コンフィデンスマンJPロマンス編」が2019年5月17日に公開されました。

結果観客動員数200万人、興行収入29億3000万円を突破するなど大ヒットを記録し、また主演の長澤まさみが第44回報知映画賞の主演女優賞、第62回ブルーリボン賞 主演女優賞を受賞しています。

そして同年6月に映画第2弾である本作が作成されることが発表されました。

前作の映画は香港を舞台にお馴染みの3人やTV版キャストの他三浦春馬、竹内結子などの豪華ゲストを加え、コンゲームを繰り広げました。

本作はシンガポールとマレーシアのランカウイ島を舞台に史上最大の金額をターゲットとしたコンゲームをどう繰り広げてくれるのでしょうか。

キャスト紹介

キャスト

長澤まさみ(ダー子)

東出昌大(ボクちゃん)

小日向文世(リチャード)

小手伸也(五十嵐)

白濱亜嵐(アンドリュウ・フウ)

関水渚(コックリ)

古川雄大(クリストファー・フウ)

ビビアン・スー(ブリジット・フウ)

解説

主人公のダー子を演じるのは長澤まさみです。

2000年に第5回「東宝シンデレラ」グランプリを受賞したことで芸能界入りを果たし、同年映画「クロスファイア」で女優デビューを果たします。

2004年に出演した「世界の中心で、愛をさけぶ」のヒットと同時に大きく知名度をあげ、第28回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞・話題賞を受賞しました。

その他にも2005年「タッチ」、2011年「モテキ」、2015年「海街diary」などの人気作に数多く出演しています。

また、去年出演した「キングダム」では、第43回日本アカデミー賞で自身2度目の最優秀助演女優賞を受賞しました。

今回の映画からの出演で「コックリ」を演じるのは関水渚です。

2015年の「第40回ホリプロタレントスカウトキャラバン」のファイナリストに選ばれたことをきっかけに芸能界入りし、2017年に「アクエリアス」のCMでデビューします。

2019年「町田くんの世界」で1000人を超えるオーディションを勝ち抜き、映画初主演を果たすなど今後が期待されている女優の1人です。

ブリジット・フウを演じるのはビビアン・スーです。

台湾出身の女優で、台湾のみならず日本、中国、香港などアジアで広く活躍しています。

日本での活動は1995年から始め、1996年にバラエティー番組「ウッチャンナンチャンのウリナリ!!」内にて結成した「ブラックビスケッツ」として活躍し大きな人気を呼びました。

一時期は日本での活躍を控えていたようですが、2010年に活動を再開しています。

見どころ紹介&こんな人におすすめ

(C)2020「コンフィデンスマンJP」製作委員会

この映画の見どころはなんといってもコンゲームがどのように繰り広げられるのかというところです。

今までドラマ版、映画版第1弾でも見せてきたダー子たちの鮮やかな「コンゲーム」は、観客をも騙し、予想のつかない結末はいつも大きな反響を呼びました。

本作もダー子たちのみならず、世界中の詐欺グループが集結しコンゲームを繰り広げるということで、どのような展開になるのかとても期待が高まります。

また、TV版、映画版と登場している豪華キャストの再集結からも目が離せないですね。

本作は同シリーズのファンの方はもちろん、基本的に独立型の話となっているため、前作を観た事がない方でも楽しめる作品となっています。

予想もつかない結末に驚かされたい方などは是非観に行ってみてください。

まとめ

以上が「コンフィデンスマンJP プリンセス編」のあらすじと見どころになります。

なんと前作の「ロマンス編」では97%の人が騙されたという数字もでているようで、本作でも思いっきり騙されて楽しみたいですね。

残念ながら公開はいったん延期となってしまいましたが、「コンフィデンスマンJP おうち編」などがTwitterなどであげられており、そういった情報を観ながら公開を待ちたいですね。