映画あらすじ

映画【ブリット=マリーの幸せなひとりだち】あらすじキャスト見どころ!63歳から見つける自分のための人生

フレドリック・バックマンの小説を映画化した、「ブリット=マリーの幸せなひとりだち」が2020年7月17日に公開となります。

ペルニラ・アウグストが主演を務め、ツバ・ノボトニーがメガホンを取りました。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!

映画【ブリット=マリーの幸せなひとりだち】作品概要

(C)AB Svensk Filmindustri, All rights reserved

le-box8″>

公開日(日本):2020年7月17日

上映時間:97分

原作:フレドリック・バックマン

監督:ツバ・ノボトニー

脚本:ツバ・ノボトニー、アンダース・アウグスツ

制作:ニクラス・ビークストレム・ニカストロ

作品概要

フレドリック・バックマンの「ブリット=マリーはここにいた⌋という小説を実写化した映画です。

スウェーデンで初登場No.1を記録した大ヒット作品がついに日本で公開となります。

結婚して40年、ずっと旦那に尽くしてきた専業主婦が新たに第2の人生を踏み出す様子を描いています。

予告動画

映画【ブリット=マリーの幸せなひとりだち】あらすじ(ネタバレなし)

(C)AB Svensk Filmindustri, All rights reserved

スウェーデンに住む専業主婦のブリット=マリー。

結婚して40年間、仕事が忙しい夫のために食事を作り、家を綺麗に保ち、そうすることが自分の役割であると信じていた。

しかしある日、夫が出張先で倒れたとの連絡を受けて病院に向かうと、そこには夫に付きそう愛人の姿があった。

ブリット=マリーはこれまでの生活を変えるため、スーツケース1つで家を出る。

しかし、これまでまともに働いた経験もない彼女が職業安定所で見つけられた仕事は、小さな村のユースセンターの管理人兼地域の子どもたちの弱小サッカーチームのコーチであった。

センターにたどり着いた彼女はセンターの掃除はできたものの、子どももおらずサッカーも知らないためにサッカーチームからナメられてばかり。

しかし優しい地元の人々に助けられ徐々に村に馴染んでいき、少しずつ笑顔を取り戻していく。

「夫のために生きる安泰の人生」と「自分のための波乱万丈な人生」どちらが彼女にとっての幸せなのか。

映画【ブリット=マリーの幸せなひとりだち】作品解説

(C)AB Svensk Filmindustri, All rights reserved

この映画は、スウェーデンで製作された、ヒューマンコメディドラマ映画です。

2016年にトム・ハンクス主演で公開された大ヒットした、「幸せなひとりぼっち」の原作者である、フレドリック・バックマンの小説「ブリット=マリーはここにいた」が原作となっています。

原作は全世界で累計売上部数1,000万部を突破し、46か国以上で出版されているという大ベストセラーです。

家庭に尽くして40年間、笑顔を忘れた主婦が、新天地で新たな自分だめの人生を見つける姿を描きました。

本作の監督は、女優としても活躍しているツヴァ・ノヴォトニーです。

1996年より女優としてのキャリアをスタートさせ、2005年の「ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男」や2015年「ある戦争」、2017年の「ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男」などの出演歴があります。

2018年に初の監督・脚本を務めた「Blindsone」は全編ワンカットでの制作に挑み、2018年のトロント国際映画祭でプレミア上映やサン・セバスチャン国際映画祭でコンペティション部門に出品されるなど高い評価を得ています。

キャスト紹介

キャスト

ペルニラ・アウグスト(ブリット=マリー)

ペーテル・ハーベル(ケント)

アンデシュ・モッスリング(スヴェン)

マーリン・レバノン(バンク)

解説

本作の主演はペルニラ・アウグストが演じています。

スウェーデン出身の女優で、1982年に「ファニーとアレクサンデル」の演技で注目され、1992年「愛の風景」でカンヌ国際映画祭の女優賞を受賞しています。

大人気シリーズ、スターウォーズの「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」と「スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃」にてアナキンの母親として出演、スウェーデンのみならず世界に名を知られるようになりました。

また、本作でも第55回ゴールデン・ビートル賞主演女優賞にノミネートされています。

夫のケント役を演じるのはペーテル・ハーベルです。

ストックホルム市立劇場に8年所属後、テレビドラマを中心に活躍します。

1993年、映画「Sunes Summe」にて 第29回ゴールデン・ビートル賞主演男優賞にノミネートされ注目されます。

他、1996年から2016年まで続いたTVシリーズ「刑事マルティン・ベック」で主役を演じたことから国内で広く有名となりました。

見どころ紹介&こんな人におすすめ

(C)AB Svensk Filmindustri, All rights reserved

本作の見どころは、63歳であるブリット=マリーが自らの人生を再スタートさせていく姿です。

40年間、ずっとパターン化された毎日を送り、笑顔を失っていた彼女が、これまでの人生とは全く異なる出来事に巻き込まれ戸惑いながらも変化していく姿はきっと多くの人に勇気を与えてくれます。

物語のなかで彼女はかつて自分が思い描いていたかつての自分の姿を思い出します。

何歳になっても、昔と自分が変わってしまったと思っていても、人生はやり直しができるということを教えてくれる映画です。

この映画は、自分の選んだ道に迷っている方、これから先の進路に悩んでいる方などにお勧めしたい作品です。

まとめ

以上が「ブリット=マリーの幸せなひとりだち」のあらすじと見どころになります。

彼女が自分を取り戻していくまでの様子や、最後にこれからの人生をどう選択するのか、是非劇場に確認しにいってみてください。

前売り券も発売されているみたいなので、観に行く方は是非事前にチェックしてみてください。