映画あらすじ

映画【浅田家!】あらすじキャスト見どころ!実話を基にした、家族と写真の物語

写真家、浅田政志の実話をもとに描かれた映画「浅田家!」が2020年10月2日に公開となります。

二宮和也が主演を務め、妻夫木聡が共演、中野量太が監督を務めました。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!

映画【浅田家!】作品概要

©2020「浅田家!」製作委員会

公開日(日本):2020年10月2日

上映時間:127分

原案:浅田政志

監督:中野量太

脚本:中野量太、菅野友恵

制作:市川南

作品概要

コスプレして撮影するというユニークな家族写真で話題となった写真家、浅田政志の実話が原作となっている映画です。

家族の愛の絆や、過去と今を描き、また東北大震災についても取り上げている映画です。

二宮和也と妻夫木聡が兄弟役として出演しており、黒木華や菅田将暉も顔を揃えています。

予告動画

映画【浅田家!】あらすじ(ネタバレなし)

©2020「浅田家!」製作委員会

幼い頃、写真が好きな父親からカメラを譲ってもらった政志は写真を撮るのが大好きな青年へと成長し写真の専門学校に進学する。

その後1度は写真から離れるが、再度写真と向き合った彼が被写体に選んだのは家族の姿であった。

家族全員を巻き込んで、消防士・レーサー・ヒーロー・大食い選手権など、それぞれが憧れていた職業ややってみたかったことをテーマにコスプレするという「家族写真」を撮影した。

そのユニークな「家族写真」はなんと写真界の芥川賞と言われている木村伊兵衛写真賞を受賞するという快挙を成し遂げる。

受賞をきっかけに政志は日本中の家族から撮影依頼を受けることとなり、写真家としての軌道に乗り出す。

しかしその時東日本大震災が日本を襲い、かつて撮影した家族の安否を確かめに向かった被災地で、彼は家族や家を失った人々の姿を目の当たりにする。

「家族とはなんだろう」「写真家の自分にできることは何だろう」

疑問が渦巻き、シャッターを切ることができなくなってしまった政志だが、ある時津波で泥だらけになった写真を洗い、家族の元に返すというボランティア活動に励む人々と出会う。

政志は彼らと写真洗浄を行い、そこで写真を見つけ笑顔で帰っていく人々をみて写真が持つチカラを信じられるようになっていく。

そんな時津波で父親を失った少女から、「私も家族写真を撮ってほしい」と頼まれる。

映画【浅田家!】作品解説

この話は実在する写真家・浅田政志を原案として作られた人間ドラマ映画です。

原案となっているのは彼による2冊の写真集です。

1冊は写真界の芥川賞とも呼ばれる第34回木村伊兵衛写真賞を受賞した「浅田家」であり、もう1冊は東日本大震災の津波で泥だらけになった写真を洗浄し元の持ち主に返すというボランティア活動に携わる人々を2年にわたり撮影したという「アルバムのチカラ」です。

二宮和也と妻夫木聡が初共演することでも話題を呼んでいます。

本作の監督を務めているのは、中野量太です。

日本映画学校出身であり2008年に文化庁若手映画作家育成プロジェクトに選出、短編映画「琥珀色のキラキラ」で高い評価を得ました。

また2012年に初の長編映画「チチを撮りに」でSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2012で国際長編コンペティション部門にて監督賞受賞、第63回ベルリン国際映画祭ジェネレーション部門に正式招待されています。

商業映画デビュー「湯を沸かすほどの熱い愛」は2016年と最近ですが、高い評価を受け国内の主要な映画賞を多く受賞しています。

キャスト紹介

キャスト

二宮和也(浅田政志)

妻夫木聡(浅田幸宏)

黒木華(若菜)

菅田将暉(小野)

風吹ジュン(浅田順子)

平田満(浅田章)

解説

主演を務めるのは二宮和也です。

ジャニーズ事務所に所属、人気グループ「嵐」のメンバーです。

1999年にシングルデビューし、アイドルとして活躍する一方「優しい時間」「拝啓、父上様」「流星の絆」など多くのドラマに主演してきました。

また、2002年に「ピカ☆ンチ LIFE IS HARD だけど HAPPY」で映画デビューし、その後2003年に「青の炎」で主演、2006年に「硫黄島からの手紙」にも出演しています。

近年の出演作に2015年「母と暮らせば」や2017年「ラストレシピ 麒麟の舌の記憶」、2018年「検察側の罪人」などがあります。

政志の兄を演じるのは、妻夫木聡です。

ファッション誌の読者モデルとして活躍し、1998年にTVドラマ「すばらしい日々」でデビューします。

2001年に映画初主演作「ウォーターボーイズ」で注目を集め、大ヒットドラマ「オレンジデイズ」などで有名俳優の地位を確立させました。

2009年のNHK大河ドラマ「天地人」で主人公を演じ、2010年の「悪人」では主人公の殺人犯を熱演し、第34回日本アカデミー賞をはじめ、数々の映画賞で主演男優賞を受賞しています。

その後の出演作に2013年「東京家族」、2016年「怒り」、2017年「愚行録」などがあります。

見どころ紹介&こんな人におすすめ

この映画は「写真」を通じて「家族」をテーマにしています。

自分にとっての家族の存在、そして他人にとっての家族の存在、そして家族と向き合うことなど大切なものが描かれている作品です。

また私たちにとって忘れてはいけない出来事である東日本大震災についても触れている作品です。

昨今の状態のなか、家族で過ごす時間が増えている方も多いのではないでしょうか。

そういった時間で家族について向き合う必要がある方などに是非おすすめしたい1作です。

まとめ

以上が「浅田家!」のあらすじと見どころになります。

家族と写真という誰にとっても身近なものをテーマにした映画であるからこそ、大事なことがわかる、そんな1作となっています。

9月6日まで、自慢の家族写真をエピソードとともに募集するキャンペーンが行われているみたいです。

選ばれた写真は2人のコメントとともに公式サイトで紹介されるほか、本作の特別プロモーション映像に使用される可能性があるため、ぜひこのキャンペーンに応募し映画に参加してみてください。