映画あらすじ

映画【青くて痛くて脆い】あらすじキャスト見どころ!住野よるによる「最高傑作」実写映画化

「君の膵臓をたべたい」の住野よるの小説の実写映画「青くて痛くて脆い」が2020年8月28日に公開となります。

吉沢亮と杉咲花がダブル主演を務め、狩山俊輔がメガホンを取りました。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!

映画【青くて痛くて脆い】作品概要

(C)2020「青くて痛くて脆い」製作委員会

公開日(日本):2020年8月28日

原作:住野よる

監督:狩山俊輔

脚本:杉原憲明

制作:沢桂一、菊川雄士、弓矢政法、下田淳行、郡司聡

作品概要

(C)2020「青くて痛くて脆い」製作委員会

実写映画、アニメ映画とメディア化された人気作「君の膵臓をたべたい」の作者、住野よるによる青春サスペンス小説が映画化されます。

秘密結社サークル「モアイ」を立ち上げた大学生2人の物語を描きます。

今注目の俳優吉沢亮と杉咲花という豪華な2人が主演しており、岡山天音や松本穂香などが共演しています。

予告動画

映画【青くて痛くて脆い】あらすじ(ネタバレなし)

人付き合いをすることが苦手な大学生の田端楓、そして空気の読めない発言ばかりし周囲から浮いた存在となっている秋好寿乃。

ひとりぼっちという共通点を持つ2人は、「世界を変える」という大きな目標を掲げる秘密結社サークル「モアイ」を立ち上げる。

しかし、秋好は「この世界」からいなくなってしまった。

秋好がいなくなったあと、モアイは社会人とのコネづくりや企業へ媚を売るためのいわゆる「意識の高い」就活サークルへと成り下がってしまう。

1人取り残された楓は怒り、憎しみ、彼の全ての歪んだ感情が膨らみ暴走していく。

どんな手を使ってもモアイを壊し、あいつらを潰し、秋好が叶えたかった夢を取り戻すため楓は親友や後輩と手を組み、「モアイ奪還計画」をたてる。

青春最後の革命が今始まろとしていた。

映画【青くて痛くて脆い】作品解説

この映画は大ヒットした映画「君の膵臓をたべたい」の作者、住野よるの5作目の同名小説が原作となっています。

作者自身が発売当初のインタビューの中で、「最高傑作」であると語った作品がついに実写映画化されました。

原作は2018年3月12日付オリコン週間BOOKランキング文芸書の部門で第1位を獲得、2019年1月、hontoが集計した「2018年二十歳が一番読んだ小説ランキング」でも1位を獲得するなど若い世代を中心に人気を呼んだ作品です。

作者によると、「君の膵臓をたべたい」で感動してくれた全ての人の心をこの作品で塗り替えたいという思いがあるようで、全く異なる青春サスペンス作品に仕上がっています。

また、原作のテーマソングはBLUE ENCOUNTの「もっと光を」だそうで、作者の住野よるがBLUE ENCOUNTのファンであったことから依頼して実現したそうです。

そういった経緯からも本映画の主題歌はBLUE ENCOUNTが歌う「ユメミグサ」に決定しているということです。

青春の儚さや、後悔、そして希望などの感情を歌った1曲はこの映画にピッタリの主題歌となっています。

キャスト紹介

キャスト

吉沢亮(田端楓)

杉咲花(秋好寿乃)

岡山天音(岡山天音)

松本穂香(本田朝美)

解説

主演を務めるのは旬の俳優吉沢亮です。

2009年、アミューズ全国オーディションの「THE PUSH!マン」で賞を受賞したことから芸能界入りします。

2011年特撮ドラマ「仮面ライダーフォーゼ」に出演したことから注目を浴び、2013年に「ぶっせん」のドラマ版、舞台版で主演に抜擢されました。

その後、2013年「男子高校生の日常」、2014年「カノジョは嘘を愛しすぎてる」「アオハライド」など話題作に出演、2017年の実写映画「銀魂」での役が話題となります。

2019年、大ヒットコミックの実写化「キングダム」で第43回日本アカデミー賞で最優秀助演男優賞を受賞、2021年のNHK大河ドラマ「青天を衝け」で主演に抜擢されるなどの活躍が相次いでいます。

もう1人の主演キャストは杉咲花です。

元々子役で活躍していましたが、2011年に事務所変え、芸名を改名します。

それを機に、2011年のドラマ「ドン★キホーテ」「桜蘭高校ホスト部」「妖怪人間ベム」などに次々を出演します。

味の素のCMで注目を集め、2013年ドラマ「夜行観覧車」で好演し「こうのとりのゆりかご」や「MOZU」などの話題作にも出演しました。

2016年「湯を沸かすほどの熱い愛」で第41回報知映画賞・助演女優賞、第59回ブルーリボン賞・助演女優賞、そして第40回日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞を受賞しその後も多くのドラマ、映画に出演しています。

見どころ紹介&こんな人におすすめ


この映画の原作は小説ならではのトリック技法が使われている作品でした。

その点がどう映像化されているかというのが本作の見どころの1つです。

また、主人公の楓が物語前半の穏やかな様子から一転、ダーク・サイドに身を投じ憎しみや怒りなどに染まっていく演技も注目して観ていただきたいです。

本作は「君の膵臓をたべたい」の作品を読んだり、映像化作品を観たりして感動を覚えた方に、もう1つの住野よる作品として是非覚えていただきたい映画となっています。

「君の膵臓をたべたい」とは全く異なる作成、構成そして想像できないラストの展開に驚かされる作品となっています。

まとめ

以上が「青くて痛くて脆い」のあらすじと見どころになります。

居場所を奪われたと感じた大学生の復讐劇と、そして迎える結末を見逃さないようにしてください。

原作本も手に取りやすい文庫版が発売されているみたいなので、公開前にチェックしてみるのもお勧めです。