映画あらすじ

映画【赤い闇 スターリンの冷たい大地で】あらすじキャスト見どころ!ソビエト連邦に1人で立ち向かったあるジャーナリストの実話

スターリン体制のソ連に立ち向かったジャーナリストの実話を映画化した「赤い闇 スターリンの冷たい大地で」が2020年8月14日に公開となります。

ジェームズ・ノートンが主演を務めており、アグニェシュカ・ホランド監督がメガホンを取りました。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!

映画【赤い闇 スターリンの冷たい大地で】作品概要

(C)FILM PRODUKCJA – PARKHURST – KINOROB – JONES BOY FILM – KRAKOW FESTIVAL OFFICE – STUDIO PRODUKCYJNE ORKA – KINO ŚWIAT – SILESIA FILM INSTITUTE IN KATOWICE

公開日(日本):2020年8月14日

上映時間:118分

原題:Mr. Jones

監督:アグニエシュカ・ホランド

脚本:アンドレア・チャルーパ

制作:アンドレア・チャルーパ、クラウディア・シュミエヤ

作品概要

「太陽と月に背いて」などで知られるアグニェシュカ・ホランドの最新作はソ連という大国へ立ち向かうジャーナリストを描いています。

英国人記者ガレス・ジョーンズは単身でソ連を訪れ、ソビエト連邦の謎を解明しようと試みます。

「グランチェスター 牧師探偵シドニー・チェンバース」のジェームズ・ノートンが主演を務め、バネッサ・カービーやピーター・サースガードが共演しています。

予告動画

映画【赤い闇 スターリンの冷たい大地で】あらすじ(ネタバレなし)

(C)FILM PRODUKCJA – PARKHURST – KINOROB – JONES BOY FILM – KRAKOW FESTIVAL OFFICE – STUDIO PRODUKCYJNE ORKA – KINO ŚWIAT – SILESIA FILM INSTITUTE IN KATOWICE

時は1933年、あのヒトラーにも取材をしたという経歴を持つイギリスの記者ガレス・ジョーンズは大きな疑問を抱えていた。

世界恐慌が吹き荒れ世界中が不況のなか、何故スターリンが統治するソビエト連邦だけが繁栄を続けているのか。

その疑問を解くために彼は単身モスクワを訪れる。

外国人記者を監視する当局の目をかいくぐり、その答えを得るためにウクライナ行きの汽車へと乗り込む。

やがて、凍り付いたウクライナの地で彼が目の当たりにしたものは、想像を超えた悪魔のような光景であった。

果たしてジョーンズはどのような苦難の末にスターリンの「偽りの繁栄」という実態を暴いたのか。

そしてソ連からの執拗な妨害工作に邪魔されるなか、その一大スクープを明るみにすることはできるのか。

映画【赤い闇 スターリンの冷たい大地で】作品解説

(C)FILM PRODUKCJA – PARKHURST – KINOROB – JONES BOY FILM – KRAKOW FESTIVAL OFFICE – STUDIO PRODUKCYJNE ORKA – KINO ŚWIAT – SILESIA FILM INSTITUTE IN KATOWICE

この映画は、2019年のポーランド・ウクライナ・イギリス製作の、とあるジャーナリストを描いた伝記映画です。

スターリン体制下のソ連に命懸けで立ち向かった、実在のイギリス人ジャーリスト、ガレス・ジョーンズの姿を描いています。

単身で、自らの命も顧みずに真っすぐに真実を追い求めた彼を突き動かしたものとはなんだったのでしょうか。

また、インターネットの発展の乏しい1930年代、情報を得るツールとしてジャーナリストという存在や使命が今の何倍も大きかったことが作品を通じて感じさせられます。

そんな本作を手掛けているのは「太陽と月に背いて」や「ソハの地下水道」などを手掛けてきたポーランドを代表する映画監督アグニェシュカ・ホランドです。

現代においても、国民の知る権利や、報操作・隠蔽などは問題として度々提議されますが、真実を追い求めるということ、そして知るということの大切さを訴えかけてくる作品です。

キャスト紹介

キャスト

ジェームズ・ノートン(ガレス・ジョーンズ)

ヴァネッサ・カービー(エイダ)

ピーター・サースガード(ウォルター・デュランティ)

解説

主人公を演じるのはジェームズ・ノートンです。

ロンドン出身であり、王立演劇学校で学んだ後に2009年に「17歳の肖像」にて映画デビューを果たします。

その後2014年のTVシリーズ「グランチェスター 牧師探偵シドニー・チェンバース」で主演を務めたことで知名度をあげました。

その他の出演作に2013年「ベルーある伯爵令嬢の恋ー」や2017年「ロンドン、人生はじめます」などがあり、NHK総合でも放映された英BBC制作の超大作「戦争と平和」にも出演しています。

エイダを演じるのはヴァネッサ・カービーです。

舞台出身の女優であり、英BBCの「THE HOUR 裏切りのニュース」でTVドラマ初出演を果たし、以降2011年「大いなる遺産」や2015年「フランケンシュタイン・クロニクル」などに出演しています。

英国王室をテーマとした2016年の「ザ・クラウン」で王女役を演じて英国アカデミー賞で助演女優賞を受賞しています。

映画では2013年「アバウト・タイム 愛おしい時間について」や2015年「ジュピター」、2017年「ミッション:インポッシブル フォール・アウト」などの出演歴があります。

ウォルター・デュランティはピーター・サースガードが演じました。

大学在学時代に即興劇集団「Mama’s Pot Roast」の旗揚げに参加し、その後ニューヨークで演技を学びオフブロードウェイの舞台に立ちます。

1996年「デッドマン・ウォーキング」でスクリーンデビューし、その後1998年「仮面の男」や1999年「ボーイズ・ドント・クライ」2005年「ジャーヘッド」などに出演します。

2003年の「ニュースの天才」と2004年の「愛についてのキンゼイ・レポート」でインディペンデント・スピリット・アワードの助演男優賞にノミネートされるなど個性的バイブレイヤーとして活躍しています。

見どころ紹介&こんな人におすすめ

(C)FILM PRODUKCJA – PARKHURST – KINOROB – JONES BOY FILM – KRAKOW FESTIVAL OFFICE – STUDIO PRODUKCYJNE ORKA – KINO ŚWIAT – SILESIA FILM INSTITUTE IN KATOWICE

この映画の見どころは、実話ベースであること、ソビエト連邦という巨大勢力に勇気をもって戦う1人のジャーナリストの在り方です。

現代は情報がありふれており、フェイクニュースやマスコミの偏った報道が問題になることも多くあります。

ガレス・ジョーンズのような真実を求め立ち向かう姿に多くのことを学ぶことができ、まさに今この時代に観るべき映画と言えます。

史実をもとにした映画が好きな方、ジャーナリストとはなんたるかを知りたい方にお勧めしたい映画です。

まとめ

以上が「赤い闇 スターリンの冷たい大地で」のあらすじと見どころになります。

多くの著名人もコメントを寄せる本作、是非真実を見極めるために劇場に足を運んでみてください。

オリジナルポストカード付の前売り券も好評発売中のようなので、観に行かれる方は事前にチェックしてみてください。