映画あらすじ

映画【アドリフト 41日間の漂流】あらすじキャスト見どころ!実話をベースとした圧倒的リアルな作品

婚約者カップルが体験したヨットによる漂流の実体験を映画化した「アドリフト 41日間の漂流」が公開となります。

「エベレスト 3D」で知られるバルタザール・コルマウクルが監督を務め、シャイリーン・ウッドリーとサム・クラフリンが共演しました。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!

映画【アドリフト 41日間の漂流】作品概要

(C)2018 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

公開日(日本):未定

上映時間:96分

原作:タミー・オールダム・アシュクラフト、スージー・マクギアハート

監督:バルタザール・コルマウクル

脚本:アーロン・カンデル、ジョーダン・カンデル、デビッド・ブロンソン・スミス

撮影:ロバート・リチャードソン

作品概要

「エベレスト 3D」にて集団遭難事故をリアルに描いたことで知られるルタザール・コルマウクル監督の最新作です。

巨大なハリケーンによりヨットが大破し、太平洋を漂流したカップルの実話が基になっています。

「ダイバージェント」シリーズのシャイリーン・ウッドリーと「あと1センチの恋」のサム・クラフリンが主演2人を演じました。

予告動画

映画【アドリフト 41日間の漂流】あらすじ(ネタバレなし)

(C)2018 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

時は1983年の10月。

セービングの経験が豊富なリチャードは知人からヨットの回航を依頼され、婚約したばかりのタミーと共に贅沢なヨットに乗り込み太平洋へと漕ぎ出した。

タヒチの港を出発し6,400キロ先のサンディエゴを目指しての航海の始まりであった。

旅の期間は1か月と長期間となるが、無事にたどり着くことができればその謝礼を持って1年は働くことなく世界の海を回って暮らせるようになる。

海と自由を愛する2人は危険を承知しつつも成功と未来に期待して出航する。

しかし、出発から2週間後にカテゴリー4という記録的ハリケーンに遭遇し、最悪の事態を避け手を尽くすが最終的に巨大な津波に飲み込まれてしまう。

しばらくして気が付いたタミーの目に入ってきたのは折れたマスト、穴が開き壊滅状態の船体、壊れた無線機、そして海に投げ出され波をさまよう婚約者リチャードの姿であった。

なんとか救助しリチャードは一命はとりとめたものの、重傷を負ってしまう結果となる。

太平洋の真ん中、食糧も水も数日しか持たないという最悪の状況のなかタミーはセービングの知識を総動員し3,200キロ先の陸を目指す。

映画【アドリフト 41日間の漂流】作品解説

(C)2018 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

この映画は1998年に出版されたノンフィクション小説「Red Sky in Mourning: A True Story of Love, Loss, and Survival at Sea」を原作としています。

タミー・オールダムという女性が実際に41日間漂流した体験記が原作になっているだけあり、映画自体も非常にリアルに作成されています。

監督を務めるのはバルタザール・コルマウクルです。

元々は俳優として活躍していたようですが、キャリアの中でプロデュースや演出の方にシフトチェンジしていったようです。

2000年に映画監督として「101 Reykjavik」でデビューし製作や脚本、出演も務めトロント国際映画祭のディスカバリー賞を受賞するなど話題となります。

2012年には「ザ・ディープ」でアカデミー賞外国語映画賞のアイスランド代表作に選出され、同年米ユニバーサルのもとで「ハード・ラッシュ」を監督します。

2015年の「エベレスト 3D」は第72回ベネチア国際映画祭のオープニングを飾っており、またこの作品も実際に起こったエベレストの集団遭難事件を取り扱ったものです。

その表現の圧倒的リアリティで大きく評価されており、本作においても大迫力の映像や「吐き気すらする」と評価されているハリケーンのシーンなど彼のリアリティに対するこだわりが全面に出た作品であると言えそうです。

キャスト紹介

キャスト

シャイリーン・ウッドリー(タミー・オールダム)

サム・クランフリン(リチャード・シャープ)

解説

タミーを演じるのはシャイリーン・ウッドリーです。

4歳の時にCMに出演し、1999年に「Replacing Dad」というTV映画で子役として初出演します。

2003年~2004年の人気番組「The OC」にも出演、TV映画「アメリカン・ガール フェリシティの冒険」では主演を務めました。

2007年「The Secret Life of the American Teenager」でスクリーンデビューを果たし、2011年の「ファミリー・ツリー」ではジョージ・クルーニーの娘役を演じ好意的に評価されています。

本作でも最悪な状況のなか生還するため必死に闘うタミーを体当たりで演じており、批評家からもその演技が絶賛されています。

リチャード役はサム・クランフリンが演じました。

2009年、ロンドン・アカデミー・オブ・ミュージック・アンド・ドラマティック・アートを卒業後TVシリーズやTV映画で活躍します。

2011年、映画デビュー作で人気シリーズである「パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉」にて新キャラに抜擢され話題を呼びました。

2014年「あと1センチの恋」や2016年「世界一キライなあなたに」などの恋愛映画でも活躍を見せています。

見どころ紹介&こんな人におすすめ

(C)2018 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

この映画の見どころはなんといっても圧倒的リアルに作りこまれた映像です。

過酷な太平洋でのサバイバルドラマを妥協せずに描いており、またそれが実話を基にしているというところが更にリアリティを増しています。

果たして2人は無事に生還することができるのか、その結末までも目が離せない展開となるでしょう。

ストーリーは終始ノンフィクションならではの緊張感に溢れており、そういった作品が好きな方には是非お勧めしたい1本となっています。

まとめ

以上が「アドリフト 41日間の漂流」のあらすじと見どころになります。

太平洋で遭難し、3,200キロも離れた陸地を目指す旅は果たしてどういう結末を迎えるのでしょうか。

公開日が待ち遠しい作品であり、公開前にバルタザール・コルマウクル監督の「エベレスト3D」などをみることもお勧めです。